コンタクト

アドレス(URL):

1行紹介

ひょっとしたら今日も何処かで、怪しげな、風袋で街中を彷徨っているかもしれず・・・。

自己紹介文

江戸で生を受け、三代続いて「江戸っ子」らしいが
今は流れ流れて郊外の南多摩郡(都下の地域)で生息。
暇と五体満足であれば、東西南北、先人の残した遺産との出会いを求め、倒れるまではともかく歩け歩けの行軍行脚が、何処までも果てしなく続いている。
自己満足かも知れないが、史実を読み、僅かで頼り無い資料から其処を探し求め、居合わせる感動が忘れられず、長続きさせているのかも知れない。
足跡が積み重なると、思わぬ所に歴史の繋がりが見え、無縁であった歴史が身近なものになってくる。

興味のあること

先祖の血の流れか、お祭と聞くと血が騒ぎ、自然と群れの中へ、吸い込まれる。