« 篤姫の旅立ち | トップページ | 島津の家紋入のれんは? »

八王子から篤姫に

Img00002 多摩地域の名主の娘は行儀見習いに花嫁修行を兼ね、江戸城大奥や大名・旗本家に奉公に出るものが多く居た。その一人、八王子の宮下村の旗本川村家知行地名主の娘「まさ」は嘉永5年(1852)薩摩藩島津家の江戸藩邸に奉公に出た。

多摩地域ではほとんどが幕府領・旗本領で外様大名に奉公に出ることは稀だといわれている。そんな中で何故生まれたからと言うと当時13代将軍家定の御台所として、成彬の養女「篤姫」の入奥をひかえていた薩摩藩が大奥の関係を重視し、経験のある優秀な女中を求めていたと言われ、それが「まさ」であったのである。

まさは薩摩藩で「喜尾(きお)」という名を貰い、手紙や記録など文書を書く係でである右筆として奉公したと言われており、当ブログで書いた「吾輩は猫である」で登場した右筆に一致するのである。

後に「瀧尾(たきお)」に名を改め、維新まで奥女中を勤め、明治6年(1873)に亡くなっている。

喜尾と篤姫とはどんな出会いがあったのか、そんな身近な所に接点があったとは思えなかった。喜尾は大名家奥の実態などの記録を残しており、奥から見た幕末の薩摩の姿などメスが入れられのではとその中身の研究が期待されているようである。

喜尾の功労に対しての島津家から拝領したものの一つがこの長持ちで、現在八王子郷土資料館に保存されている。

|

« 篤姫の旅立ち | トップページ | 島津の家紋入のれんは? »

21、篤姫」カテゴリの記事

コメント

 山田洋次監督の時代劇、たそがれ清兵衛
の主人公が、ご祐筆だったと記憶しています。
 大奥の祐筆は女性なんですね。

 さて、他の掲示板で、「大奥は外からの情報もまったく入ってこない閉鎖された世界だ」という書き込みがありました。
 調べてみると「海舟座談」の中に、勝が「天璋院のお供で所々に行ったよ」と言う箇所があったので、その事を書いたところ、「それは瓦解の後だろう、そんなことをしたら厳罰にされる」と返答されましたが、実際はどうなんでしょうか。
 瓦解前には、勝も堂々と大奥に出入りして
一緒に食事をした、という記述も見られます。
 大奥もいろいろな商人が出入りしていたようですから、情報がまったく入ってこないと言うのは当たらないと思いますがね。

投稿: 鳴門舟 | 2008年4月 3日 (木) 05時27分

多摩地域の名主の娘とは言え
喜尾(きお)は八王子宮下村の お百姓さんの出。
大奥のトップに通じる秘書として、隠れた
ヒーロの存在が居たことに驚きを感じます。
大河ドラマがあったからこそ、うずもれてた存在が今日、光が当てられた。

>勝が天璋院のお供で
天璋院は大奥に居たのはどのぐらいか、解らないが、江戸在中は薩摩屋敷、徳川屋敷にあちこち転在しており、勝との接点は生まれたとも、思えるが、専門家でもないので、それ以上は判りません。
篤姫展は4月6日までやっているので、足を運ぶのも、一つとも思えるが・・・。

投稿: 隠れ新八 | 2008年4月 4日 (金) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/11909555

この記事へのトラックバック一覧です: 八王子から篤姫に:

« 篤姫の旅立ち | トップページ | 島津の家紋入のれんは? »