« 華のお江戸を歩け歩け | トップページ | 将軍世継ぎ問題 »

赤坂周辺の坂道に歴史を見る

赤坂周辺にはまさに坂道が多数多く、木製の案内碑が立ち、独特の雰囲気を作っている。簡単な説明が書かれており、この坂道を目安に幕末の歴史を見るのも面白い。代表的なものを紹介してみる

Img_11631 檜坂
坂の向かい側に見えるのが檜町公園で松平大膳大夫、つまり長門藩毛利家中屋敷でもともとは下屋敷で「麻布屋敷」と呼ばれた。初代藩主秀就は秀吉五大老の一人輝元の子。幕末の藩主敬親は、薩摩藩と共に倒幕運動を推進した。中屋敷跡には戦前、歩兵第1連隊の営舎が建ち、通りを隔てて歩兵第3連隊の営舎が存在。昭和11年の2.26事件とき、この2つの部隊は叛乱軍の基幹部隊となり、倒幕のエネルギーがそのまま、引き継がれて いるようだ。

Img_117311 氷川坂
隣接する氷川神社の南側を北西へ下る坂道である
8代将軍徳川吉宗の命で建てられた氷川神社のもと正面に当たる坂である。この坂の降りた所に維新まで住んでいた勝海舟邸跡がある。
海舟は終生赤坂の地を愛し、三カ所に住んだが、当初居住中の十年間が咸臨丸で太平洋横断したり最も華々しく活躍した時期に当たる。
江戸城無血開城をなし終えた後、明治元年四十五歳で、引退の徳川慶喜に従って、悄然とここから静岡市に移っていった。
戊辰戦争は引き続き東へ移って行ったが、幕府は崩壊し、幕将は追われるように、この江戸を離れていく

Img_0954111南部坂
石垣と植え込みの壁に囲まれた坂、この石垣の上がベールに包まれたアメリカ大使館宿舎、一等地に広大な敷地の中、別天地のような世界が献上されている。
もとは江戸初期の盛岡藩の屋敷があったことから名付いた坂
江戸前期・中期から柳沢吉保(よしやす)松平美濃守の屋敷
赤穂浪士などドラマでも良く扱われる

Img_0975111 薬研坂
坂の上部から見下ろすとすり鉢状の薬研そっくりである。
この急さかを登り切ると国道246 青山通りに出る。通り越しの広大な敷地は現赤坂御用地で徳川御三家の一つ、紀伊和歌山藩徳川家の中屋敷。
恐らく篤姫でも登場するであろう14代将軍家茂も此処紀伊家の出身である。この坂を登り切ったところ青山通りに出て左折すると、先程の2.26の青年将校の凶弾に倒れた高橋是清邸に出る。

坂を中心に佐幕も倒幕も近隣に屋敷を持ち住みこの街を現代に伝えているのが、中々面白い、以下で詳しく紹介している。

赤坂散歩

|

« 華のお江戸を歩け歩け | トップページ | 将軍世継ぎ問題 »

08、江戸城とその周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/21264462

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂周辺の坂道に歴史を見る:

« 華のお江戸を歩け歩け | トップページ | 将軍世継ぎ問題 »