« 三田の薩摩藩邸上屋敷 | トップページ | 念願の江戸城入り »

薩摩藩渋谷別邸

安政2年(1855)12月に決まり、婚礼準備も急ピッチに進められたが、その直前の10月に、江戸を襲った「安政の大地震」で、総てを失ってしまったのである。江戸城の石垣崩落し、本所、深川を中心に死者4300人、倒壊家屋10、000戸と言われる大きな地震で、徳川斉昭の懐刀藤田東湖もこの地震で亡くなる。この地震により、既報の通り更に輿入れは延期され、此処、三田薩摩藩上屋敷も大きな被害を受けてしまった。更に当時、江戸を恐怖に包んだ黒船来航により、海に近い上屋敷は黒船からの砲撃を受ける可能性もあると嫁ぐ前の篤姫を避難をかねて 渋谷別邸に移すのである。Img_093511111111

JR山手線、東横線、井の頭線、地下鉄と都心の交通要路渋谷は人ごみに溢れる一大拠点であるが、当時は、江戸の郊外に位置した渋谷周辺にあった大名屋敷はほとんどが下屋敷だったと言われるが今昔、彼我の違いに驚くばかりであろう。その喧騒の街渋谷から東に位置し、國學院・青山学院・実践等学舎が集中する閑静な場所に別邸跡となる「常磐松の碑」がある。嘉永5年(1852)に薩摩藩屋敷になり、その後拡張され、1万8千坪の広大な敷地となり、その碑の背後に 鬱蒼とした樹木に包まれた常陸宮邸もその広大な敷地の名残と充分想像出来る。

かっては此処に「常磐松」という大きな松があり、これが島津家ゆかりとの口伝から、斉彬の家来が建てた石碑が高層建物の庭の一角に残されているのは江戸を語る唯一残された歴史案内として、大変嬉しい。

ここから、念願叶い、篤姫はいよいよ江戸城入りを果たす。此処から、現代の「青山通り」を東に一路、江戸城に目指したのであろうか?。行列は先頭が江戸城に到着しても、最後尾は渋谷別邸にあり、と言われその壮大な行列にただただ驚くばかりで有る。

その華やかな輿入れの影に、徳川 家定を説得し、時期将軍後継ぎに徳川慶喜を勧める、島津成彬のしたたかな密命を背負う。大勢の見送り人に見守られながら、硬い表情で渋谷別邸を後に篤姫は将軍跡目争いの渦の中、江戸城に向かう。

|

« 三田の薩摩藩邸上屋敷 | トップページ | 念願の江戸城入り »

21、篤姫」カテゴリの記事

コメント

上屋敷あり下屋敷ありと中世ヨーロッパのお城を見ているようですね。そういう中で嫁いだ篤姫も少しずつその上流社会に溶け込んでいった様が浮び上ります。今日はいよいよ上流社会の上澄みの大奥です。このブログでそういう実態が目に浮かぶようです。
信じられない世界とその中に身を置き空蝉を感じて贅の限りを楽しむ。それこそが徳川幕府を蝕み、明治維新へと繋がった最大原因だったようです。
ドラマでも水戸斉昭が叫んでいました。
水野忠邦に至っては罪人としてうらびれた長屋で息を引取った訳ですから。

投稿: Hbar | 2008年5月11日 (日) 10時12分

拙宅へ訪問頂き、ありがとうございます。舞台が幸い江戸を中心に展開されドラマの進行に併せ、至近に寄って、確かめたいと、追っかけています。
感心の高さに甘んじて、日記に非ず、思いつくまま身の丈で書いています。

ドラマ当初
薩摩藩が財政逼迫に喘ぎ、年貢が農民に重くのしかかり、琉球密貿易、贋金造りと、色々表、裏を使いながら、御家存亡にかける。
その裏の部分が幕府に発覚し、島津家老「調所」が責任を負って、毒で自殺する。
栄華の裏側の世界は何処かで苦しむ・・・。
そんなシーンが重なります。

投稿: 隠れ新八 | 2008年5月12日 (月) 15時23分

カミタクこと神山卓也と申します。

鹿児島の観光と温泉とを紹介する拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の「NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/ATSUHIME.HTM#atsuhime_kengai
から貴記事にリンクを張りましたので、報告します。

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: カミタク(リンク先は「NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介」) | 2008年8月16日 (土) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/20779847

この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩藩渋谷別邸 :

» NHK大河ドラマ第18回「篤姫(斉彬の密命)」 [よく考えよう]
第17回はテレビは見たが、体調を崩し救急病院に行き1回休んでしまった。 [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 10時13分

« 三田の薩摩藩邸上屋敷 | トップページ | 念願の江戸城入り »