« 八王子城を目指せ | トップページ | 将軍家定の足跡 »

甲州古道を行く

Img000081 江戸日本橋から下諏訪に至る「甲州街道」は昨今のウオーキングブームもあって、八王子観光協会や国土交通省が支援している。

「甲州街道」と言っても車用として開発された国道よりも、その原点たる昔の道である所謂「甲州古道」を自らの足で歩き、往時の世界を確かめたくなる。
その甲州古道はJR中央線や国道、更に中央自動車道などの建設でずたずたに寸断され廃道になったり、現在の国道に重なったり、一言に「甲州古道」と言っても、地図にフォローされているわけではないので、それを見付けながら辿るのは中々難しい。
そんな甲州古道は慶応4年、鳥羽伏見の戦いで破れ、既に敗色濃い新選組の生き残りを掛けて再編成した「甲陽鎮撫隊」が急ぎ足で駆け抜けている。
当時の記録から、府中で宿泊した後、朝発ち、日野宿で休憩。八王子宿で昼食、駒木野宿を通過し、小仏峠を越え、小原宿を通過、与瀬宿で泊まっている。
大久保大和こと近藤勇や内藤隼人こと土方歳三ら幹部は馬上で、荷役方は大砲2門、武器弾薬の長持ちを抱え、この甲州古道を下っている。
彼等の通った姿を思い浮かべながら、取り敢えず高尾から同じ道を辿り、与瀬宿まで、更に日にちを変えて、上野原まで歩いて見た。
ゴロゴロとした足場の悪く、急峻で厳しい小仏峠は予想通りきつかった。息を切らして登切り、小仏峠から色々分岐されているが、景信山や高尾へ向かうハイカーの群れから離れ甲州古道の小原宿へ向かうのは己一人であった。
熊、いのしし、へびの出会いはなかったが、何時現れてもおかしくない、淋しい山道であった。
一方では、どうしても国道を通らねばならぬ所があり、西へ下るに連れて道幅が狭く、歩道と車道の殆ど区別のない脇を大型のダンプが轟音を立て、爆風に煽られ、走り抜ける危険な場所も、克服するなど結構厳しい古道歩きでもあった。
そんな中で小原宿での古い建物に、囲まれた甲州古道をじっくり味わいながら与瀬の町で引き返した。結局、「甲陽鎮撫隊」の宿泊地の本陣まで辿り着けず、最初の1日は終わった。荷物を背負いながら、彼等の急ぎ足には追いつけなかった。

その旅巡りは以下でアップした

甲州古道を行く(八王子宿~小原宿)

|

« 八王子城を目指せ | トップページ | 将軍家定の足跡 »

12、甲州街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/21930023

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州古道を行く:

« 八王子城を目指せ | トップページ | 将軍家定の足跡 »