« 惜しまれつつ徳川家定 | トップページ | いよいよ桜田門外の変 »

甲陽鎮撫隊を追う

Kousyuukodou407 Kousyuukodou407a 徳川慶喜が大政奉還し、慶応4年東海道を抵抗らしい抵抗もなく、一気に江戸城開城をせまる官軍に、まさに火ぶたを切ろうとしていた。陸軍総裁となった勝海舟に幕府と江戸市民の運命がかかっていた。海舟は旧知の西郷吉之助を訪れ、江戸城総攻撃は何とか免れた。

新選組はその勝海舟から密命を受け、甲州百万石は徳川の直轄領で甲府に少数の甲府勤番をする旧幕臣が甲府城を守っている。官軍が甲府に入る前にいち早く此処を抑えれば百万石の大名になれると口説いたと言われている。
近藤・土方に処遇を与え、甲府行きに格式を持たせ、鳥羽伏見の戦いで生き残った新選組隊士を中心に、浅草弾左衞門の協力で新たに募った兵を加え、甲陽鎮撫隊を編成した 。
作戦に賛成する 会津藩 から1200両、幕府 から3000両大砲2門 、小銃500挺を受領し、近藤は大久保剛、土方は内藤隼人と名乗り鍛冶橋の屋敷を出陣し、甲府へ目指した 。

彼等が行軍した甲州古道をバスツアーや 中央本線などを利用して、何度も往復し、歩んで見た。総てを廻りきれた訳ではないが、主たる拠点は大凡確かめる事が出来た。既に作成した甲陽鎮撫隊の記事に、自ら歩いた記録を重ね併せてみた。

甲州古道で最初に待ち受けていたのが難所の一つと言われる小仏峠が待ち受けていたが、装備もない身軽な己が厳しい山道に難渋したが、大砲や銃で装備する彼等がこの道を踏破することに甲府への道のりの遠さを改めて思い知らされた。

史実が徐々に明らかにされるが、従来言われた官軍に遅れを取り破れたと言われていあたが、自ら歩き、いやいや反対に、重い装備に山岳路を含めた甲州古道を歩いた彼等の足回りの速さを実感した。

結局、甲府城迄行けず、勝沼で戦ったが圧倒的な数の東征軍(官軍)の前に、折角持ち寄った大砲も使えず、破れてしまった。甲陽鎮撫隊は江戸へ敗走し、流山で近藤勇は捕まり板橋で処刑されてしまい、晴れて大名格はこの行軍だけで夢と消えてしまった。

その編成の生い立ちから勝沼まで破れ、官軍に追われる姿を以下で追ってみた。

甲陽鎮撫隊

|

« 惜しまれつつ徳川家定 | トップページ | いよいよ桜田門外の変 »

05、新選組」カテゴリの記事

12、甲州街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/22682526

この記事へのトラックバック一覧です: 甲陽鎮撫隊を追う:

« 惜しまれつつ徳川家定 | トップページ | いよいよ桜田門外の変 »