« 和宮の婚約者、有栖川宮 | トップページ | 勝海舟の座右の銘、最終版 »

幕末海軍史を飾る三浦半島

Img_21471 三浦半島は日本の海軍の街として、幕末史を飾る船や人物が登場し、半島全体がワクワクするような大好きな場所である。整理すると以下に代表される。
1)ペリー来航
日本を震撼させた黒船来航 「ペリー上陸記念碑」の建つ久里浜港。
好奇心旺盛な象山、松陰が黒船見学で宿泊した「徳田屋跡」
2)中島三郎助
勝海舟、榎本武揚らと共に、長崎の海軍伝習所で、海軍士官として身につけ、江戸の海軍操練所教授方として後身の指導した中島三郎助。
その三郎助親子は戊辰戦争で函館で戦死する。その墓は「東林寺」遺品は「浦賀文化センタ」にある。地元で慕われ、浦賀の有志で建てられた「中島三郎助招魂碑」のある「愛宕山公園」
3)咸臨丸
最新式蒸気船で華々しくデビュウした咸臨丸は太平洋横断へ、その出航を記念した碑のある「愛宕山公園」
決死の覚悟の太平洋横断に安全祈願を唱え勝海舟が断食をした「東東叶神社」
榎本武揚とともに、咸臨丸副長の職で函館へ向かったが、台風に遭い、清水港で遭難し官軍に惨殺された一人の春山弁蔵の墓がある「顕正寺」
その咸臨丸も末期は忘れ去られるように函館港外で座礁全壊してしまう。
4)海軍の遺構
明治初期水兵養成の「屯営跡」や明治時代の歴史を誇る乾式ドックとして残される「浦賀ドック」などなど
その半島の根っこに位置する横須賀に足を運び、軍艦奉行小栗上野介の残した横須賀製鉄所とその遺志から生まれた海軍基地の姿を見てきた。写真はヴェルニー公園にある小栗の胸像である。
その小栗も大政奉還後の江戸開城の折に抗戦を唱えた一人あったが、職を奪われ斬首される。
その小栗の遺志が近年評価され、小栗ご子孫が作った「オグリン」のイメージキャラクターが生まれるなど横須賀では大事な人物として慕われている。
その姿を捉えてきた。お勧めしたい場所の一つである。
小栗上野介

|

« 和宮の婚約者、有栖川宮 | トップページ | 勝海舟の座右の銘、最終版 »

14、横須賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/23348165

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末海軍史を飾る三浦半島:

« 和宮の婚約者、有栖川宮 | トップページ | 勝海舟の座右の銘、最終版 »