« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

坂の上の雲に登場する乃木将軍

Roppongi606 乃木希典は、幕末の嘉永2年(1849年)11月に江戸の麻布日ガ窪の長府藩邸(現在の六本木ヒルズあたり)の長府藩士の子として生まれまれる。
9歳の時一家は江戸から故郷の長府に移ったが、この時京都までの長い道のりを父親と一緒に歩かされ父秀次に厳格に育てられた。幕末の遺児吉田松陰の叔父にあたる萩藩の玉木文之進の厳しい指導を受け更に慶応元年(1868)毛利萩藩校の明倫館に入学を許され文武両道を学ぶ。
翌慶応2年に幕府の長州征伐が始まるが、16歳で報国隊に入隊、砲一門の長として抜擢され戦闘に参加し、幕府軍を迎え撃つ。
明治2年(1869)には大村益次郎が陸軍創設のため下級幹部教育行う都伏見の御親兵兵営に入り、ここでフランス式軍事訓練を受け、職業軍人として歩み始める。明治10年、29歳のときには第14連隊長心得として西南の役に出陣するが、熊本城攻撃の最中に連隊旗を失うという失態をしている。
明治27年(1894)歩兵第1旅団長(陸軍少将)として日清戦争に参加。旅順を攻略する。
明治28年(1895)第2師団長(陸軍中将)として台湾征伐に参加。翌年台湾総督に就任。
明治37年(1904)第3軍司令官(陸軍大将)で日露戦争に参加。旅順港を陥落させたが、2児の勝典、保典戦死を含め多くのの戦死者をだす。
乃木は、1912年9月13日、明治天皇大葬の夕に、妻とともに自刃して亡くなった。

Roppongi607 まず静子が乃木の介添えで胸を突き、つづいて乃木が割腹し、再び衣服を整えたうえで、自ら頚動脈と気管を切断して絶命した。遺書には、明治天皇に対する殉死であり、西南戦争時に連隊旗を奪われたことを償うための死であるむねが記されていた。9月18日、青山墓地で葬られた。
その日について山のように人が群がり、市電の道を覆い、このため市電は六本木終点、豊川稲荷、青山4丁目で運転中止する騒ぎだったようで、静かな赤坂にこれだけ人が出たのは、大正元年までの間、この時だったとろうと言われている

その命日がもうやってきた。赤坂散歩にその乃木邸と殉死した生生しい部屋がそのまま残されている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂の上の雲

Mikasa1 本屋の店頭に行ったら司馬遼太郎の「坂の上の雲」の文庫本がずらりとならべられ派手に宣伝していた。おや今頃何だろうと思ったら、某国営放送でいよいよ取り上げる事になったようである。写真はその舞台となる軍艦「三笠」である。

早速ネットで調べたら、以下の案内があった。司馬遼太郎の代表的長編小説「坂の上の雲」を原作として、スペシャルドラマ「坂の上の雲」を平成21年(2009年)から3年にわたって放送します。
この作品はNHKが総力をあげて取り組み、国内各地・世界各国でのロケ・最新の特殊映像効果を駆使し、これまでにないスケールで制作します。

これまで何度かエントリーされたが、司馬の史観、旅順攻撃を担当した乃木希典およびその配下の参謀たちが能力的に劣っていたために多大な犠牲を強いることになったとする筆者の見解などについては、未だに賛否両論があり、生前司馬がTV放映を「よし」とはしなかった作品であるが、夫人の了解で、日の目をみる。
当初は2006年度の放送を予定していたが、制作費が高額となること、2004年6月に脚本担当の野沢尚が自殺したことなどにより、製作の継続が再検討された。

放映は1回1時間半の番組を13回(1170時間)にわたって放送するが、年に4~5回程度放送し、3年かけて完結するとのことで、時間と金をかけてじっくりと熟成させることのようである。第1回は09年秋を予定、既にロケは始まっているようである。果てさてどんな作品がうまれるのやら、楽しみでもある。軍艦 三笠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝海舟の座右の銘、最終版

昨夜から福田首相の突如の退任に大騒ぎ、当掲示板8月4日付けで書いた「 勝海舟の座右の銘、」の通り、見事に見本を見せてくれた。その銘を改めて思い出してみる。

「行蔵(ごうぞう)我に存す毀誉(きよ)は他人の主張」
意訳は「出処進退は他人に左右されずに自分で決める」と言われている。確かに誰が何を言おうと、国民にどう思われようとも、座右を拠り所に、色々問題を山積されるなか、内憂外患、福田下ろし、国民の指示も得られず、「あ~あにっちもさっちも行かなくなった、もう、どうしようもなくなった」と今度は見事に降りてしまった。

時代を遡り幕末の海防問題では、弱体化した幕府を背景に外様大名の意見も聞かざるを得ない状況にあり、安政4年6月17日(1857年)、老中在任のまま39歳で阿部正弘急死した。にっちもさっちも行かない状況で追い詰められるところが似ているが、決して投げ出す事はなかった。自民党内ではしゃいでいるが、政権のたらい回し、安倍 晋三政権の二の舞に国民はもう辟易している。もう騙されないぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »