« 将軍慶喜公の江戸逃亡 | トップページ | 篤姫江戸城を去る »

急げ、江戸城平川御門へ

Kosiire702恵比寿駅から篤姫輿入れの出発点に当たる渋谷の松平薩摩屋敷のあった「常磐松の碑」から六本木、飯倉、虎ノ門、内幸町、日比谷、そして大奥の通路に当たる皇居の平川門の終着点まで歩いてみた。
恵比寿駅大凡9時半出発、総延長8.7㎞と言われるが、冬の短い日差しではあるが、日没前には時間的には充分余裕の有る平川門入りを狙い、切絵図・現代図を何度も読み返し、周到な準備を進めていた。
所が、今や最開発が進み、六本木ヒルズなど近代的な顔を持つビルの林立などのビルの谷間に埋設した道に、想定した切絵図コースの道や分岐点が見つからないなど、予想以上の迷走があった。

そこを持って、天璋院が江戸城を追われ、夫だった13代将軍家定の生母・本寿院、14代将軍家茂の生母・実成院(じつじょういん)も一緒に暮らした赤坂福吉町・旧相良邸など普段来られない所だけに、ドラマの進展とも併せどうしても見ておきたかった場所など、あそこもここもと、際限なく寄り道したため、皇居の堀についた時は既に、うす暗くなってしまい、思わず、皇居の周回ランナーと並走してしまった。
殆ど歩き詰め、昼飯時間も惜しむ程で、途中で一番時間の掛からない吉野屋牛丼で、早食いで収め、再び走路についた。
最後の奥女中の通用門であった「御局門」の名の「平川門」では、春日局が閉門時間に遅れて締め出されたと同様に、既にあたりはうす暗く、城門を厳重に、大番所の警備する、徒士・足軽に行く手を阻まれ入城は出来なかった。御門への強行突破は堀に投げ込まれる恐れあり、ここは引き下がるしかなかった。(笑い)

高層ビルの渦の中での一方、日赤医療センター脇から広尾北公園や広尾ガーデンヒルズの敷地脇をこんもりしたケヤキ並木の樹林帯に、薄暗い姿は自然の真っ只中、石垣の姿は堀田家下屋敷跡をたっぷり連想出来る。

また日比谷見附から始まる外堀の世界から、内堀に接する馬場先門、和田倉門、大手門などと幾つかの門と橋を眺め、近づく、篤姫輿入れの世界をたっぷり味わうことが出来、念願の旧相良邸跡など確認でき収穫のある旅巡りであった。
既に薄くらい行幸通りを足を引きずる様に東京駅を目指し、17時頃の始発電車の座席に倒れるように座り、温もりの世界にようやっと安堵の休息につき、我が家に運んでくれた。

構想から始まって、約半月余りようやっと当サイト 篤姫輿入れを追って(渋谷から江戸城まで をアップすることが出来た。

|

« 将軍慶喜公の江戸逃亡 | トップページ | 篤姫江戸城を去る »

08、江戸城とその周辺」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
篤姫の高視聴率には驚くばかりですが、昨日放送分には上様(堺くん)が出ていたのでそのせいだったかな~とも思いました。

ブログを読みまして・・・

>篤姫、本寿院、実成院が江戸城を追われ、赤坂福吉町・旧相良邸に暮らした・・・

とあり、驚いています。
なんたって私が毎日仕事をしているところは
その旧赤坂福吉町、現在の赤坂2丁目なのです。
切絵図を見ますと、ちょうど相良邸跡にあたります。
赤坂福吉町の名前は「土佐藩」という割烹前の狭い階段に残っているのみですが
この辺もビルの建て替え工事が多く、壊したあとなぜか煉瓦造りの何かの遺構が数多くみられます。旧相良邸に関係ありか?などと思ってみております。

この土地で一時でも篤姫が暮らしたかと思うと、なんだかちょっと嬉しくなったりしてしまいます。

投稿: ねこ江戸 | 2008年12月 1日 (月) 17時13分

ねこ江戸さんこんばんは
ご無沙汰しております
>赤坂福吉町・旧相良邸に暮らした
へえ~其処で仕事を驚きました。
交番があって、坂を登ったところだった思うけど、切り絵図とカメラ下げて、ウロウロしました。オフイス街のど真ん中、サラリーマンがウロウロしている中、幕末オタクと言うより篤姫追っかけが、場違いなようでした。(笑い)
しかし、勝海舟邸と言い、周辺は幕末の宝物のようで、羨ましい限りです。

投稿: 隠れ新八 | 2008年12月 1日 (月) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/25595202

この記事へのトラックバック一覧です: 急げ、江戸城平川御門へ:

« 将軍慶喜公の江戸逃亡 | トップページ | 篤姫江戸城を去る »