« 篤姫追って寛永寺 | トップページ | 伊豆下田に吉田松陰を追う »

海に消えた千人隊「新藤左右助」

0512006021「根は武田信玄の末裔達」
天正10年(1582)甲州武田家が織田信長に滅ぼされ、八王子城も墜ちた。
徳川家康は信長の命に背き武田家遺臣を多数召し抱えた。
家康が武田信玄の領土経営や軍法に注目し、利用したと言われている。小人頭及その配下240人を元八王子び其の他に移駐 八王子城落城後の治安警備に当たる。
慶長4年(1599)奉行大久保長安により 500人を増員し、八王子千人同心と組織される。
召し抱えられた武田家遺臣は武蔵と甲州との国境警備、治安維持や江戸防衛の任にあたり、後には将軍の日光社参始め、蝦夷地開拓の先駆まで行い、幕府への忠誠世に名高い「八王子千人同心」となる。
彼等は平時は農耕に従事しながら、軍事訓練し、幕末には将軍上洛の供奉長州征伐 への出兵にあたる。
江戸幕府が安定すると,八王子千人同心の中から 医師,文人,思想家などの多くの学識者を輩出し 地域に文化的な影響を与えてきた。
新選組副長、土方歳三と同時期に天然理心流に入門した剣術の同期生、"土方勇太郎"が八王子千人同心として日光勤番であり、勇太郎と歳三と最後の面会するなど関わり深い。

0511014311111  江戸城無血開城がされる中、血気に流行る一部の千人同心は彰義隊などに呼応して江戸に集結するが、「新藤左右助」もその一人であった。
千人隊士と旧幕府歩兵など臥竜隊員ついて間もなく、激しい雨の中、上野戦争の火蓋が切られた。
大村益次郎の命令で大砲が威力を発揮し、黒門が破れ、彰義隊は崩れ、間宮金八朗は戦死、左右助らは飯能に逃れて、新政府軍を迎え撃った。
やがて榎本武揚から指令が伝えられると、左右助は密かに家に立ち寄り、品川へ行くと23歳、3カ月の身重の妻コトに伝え、立ち去った。
榎本武揚は開陽丸など軍艦4隻、咸臨丸など運送船4隻の合計8隻と伝習所以来の優秀な仲間、荒井郁之助など集め、全艦隊の総師となり脱走軍を組織化した。
政府軍の監視の目を潜り、脱走兵を各所に集め、総勢約2000余名を集合し乗船させ品川沖を脱出、新天地蝦夷へ向かった。
しかし、江戸湾を出た後、台風に遭遇し、艦隊の一つ、「咸臨丸」は相模湾に漂い、清水港で停泊中に無抵抗の乗組員が36名が官軍に惨殺され、遺体は清水港に投げ捨てられ放置される。
一方では運送船「美賀保丸」は房総沖で暴風雨に遭遇、銚子で難破沈没し、溺死する者、捕縛され処刑されるなど犠牲者が生れた。
「新藤左右助」も品川で、美賀保艦に乗船し、左右助27歳は消息を絶った。
両艦共、勇躍奥州から蝦夷へ着かんとする過程での大惨事で各地に死者を祭る顕彰碑や墓石が残されている。
八王子元横山町の大義寺の弔魂碑もその一つである。伊庭八郎も乗船した一人であり、その記事を以下でアップした。

美嘉保丸の悲劇

|

« 篤姫追って寛永寺 | トップページ | 伊豆下田に吉田松陰を追う »

11、千人同心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/28373287

この記事へのトラックバック一覧です: 海に消えた千人隊「新藤左右助」:

« 篤姫追って寛永寺 | トップページ | 伊豆下田に吉田松陰を追う »