« もう一つの「江戸開城西郷・勝の会見の地」 | トップページ | 葵御紋を巡って »

幕末から維新へ消えた一薩摩浪士

Image1111_2

<大宮八幡>

大宮八幡から永福通り(都道427号線)を通り、井の頭線永福町駅方面に、途中で東側に左折し、実家のある和泉町に向かうのが、正月の定番コースである。
何時もなら山の神が一緒であるが、今年は身軽な一人の実家行きであった。
普段は大圓寺の門前をスルーしてしまうが、一人身の気軽さ、何の気なしに大圓寺の看板を覗き込んだら、 何処かで見覚えの有る名前に驚いた。薩摩藩の益満休之助であった。

慶応3年(1867)江戸市中を薩摩系浪士が江戸市中を荒し回り放火など「御用盗」騒動が起こり、その手が江戸城にも及び、怒りに燃えた庄内藩を中心にした幕府側から薩摩藩邸の焼き討ちに及んだ。
捕まった薩摩浪士の一人に益満休之助がおり、伝馬町の獄舎で仲間が処刑されるなか、益満は勝海舟に命乞いされ、助け出されたのも勝の力によるものであった。
東征軍が迫ってくる中で打開策が手詰まりにあり、後の幕府側工作要員の一人として使われた。
江戸開城を迫る東征軍が渦巻く東海道を西下し駿府に目指した、幕臣山岡鉄舟に帯同したのが益満であった。
山岡鉄舟は幕臣でありながら清川八郎と尊皇攘夷党を結成し、益満とは旧知の間柄、そんな人脈を知って居たのであろうか、勝海舟の見事な采配と思う。
こうして、総参謀西郷隆盛が居る駿府で江戸城開城の条件など、聞き出し後の江戸城無血開城に繋がる西郷・山岡会見が実現した。
益満が何処まで行ったか、謎に包まれるが、この会見に果たした彼の役割は大きい。
その後、江戸城の無血開城が行われるが、旧幕臣の一部は徳川家の忠誠、旧恩に報じることを旗印に彰義隊を結成、上野戦争が始まる。
益満はその後どう辿ったか、江戸に戻り、薩摩藩遊撃隊として上野戦争に参加する。益満は彰義隊の流れ弾に当たって亡くなる。

Img_38021 <大圓寺の総門の額>

大圓寺は延宝元年(1673)薩摩藩主島津光久の嫡子綱久が江戸で死去した際、当寺で葬儀を行って以来、島津家の江戸における菩提寺となり、寺内に薩摩家代々の位牌堂が設けられている。

かなり腐食し劣化した墓碑であるが、多数ある戦死者の中にあって、益満休之助の名前がはっきり読み取る事が出来る。
「明治元年戊辰5月 東京上野戦死」
組織名は「遊撃隊」の名前が上がっているが、「隊外 斥候役 益満休之助」とされている。
墓誌を読み取って、こんな身近なところに、益満が眠る事に思わず身震いした。
命乞いをして、掴んだ生きる道を1年も経たずして絶ってしまった、益満の生涯であった。

大圓寺とその墓碑はその後の益満休之助で詳細表記されている。

|

« もう一つの「江戸開城西郷・勝の会見の地」 | トップページ | 葵御紋を巡って »

02、幕末」カテゴリの記事

コメント

御無沙汰しております。

史跡めぐりの麻布三田を拝見しました。
以前東京タワーの麓にあった局に勤めて
おりましたので、このあたりは良く知って
いるのですが、飯倉公園が接遇所跡とは
気が付きませんでした。
写真にも写っていますが、公園そばにある
「讃岐」といううどん屋さんによく食べに行きました。

ブログに関係無い書き込みでスミマセン(^^;

投稿: ねこ江戸 | 2009年4月 7日 (火) 15時49分

江戸ねこさんこんにちは
ご無沙汰しています
何時も訪問、有り難う
桜の季節に浮かれ、あちこち徘徊しています。
飯倉公園は江戸ねこさんの縄張りですね(笑い)
お蕎麦やさん、記憶の中から外れてしまいました。
それにしても、古川周辺はテロ多発地帯ですね
ヒュウースケンの写真は下田開国博物館です
今年も2月、また行ってしまいました。

投稿: 隠れ新八 | 2009年4月 7日 (火) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/28890518

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末から維新へ消えた一薩摩浪士:

« もう一つの「江戸開城西郷・勝の会見の地」 | トップページ | 葵御紋を巡って »