« 日野を駆けめぐる | トップページ | 八王子城落城と「お十夜」 »

天地人「八王子城落城」

Image1111                   

戦国武士の右側が鉄砲隊で左側が槍隊の装束、(八王子城址歴史資料館にて)

天地人も佳境に入り、北条氏攻め落としに舞台はいよいよ関東地区に戦場は移り、豊臣勢の八王子城の攻め落としに、ドラマの展開を期待したが、僅かな取り上げで、終わってしまった。
せめてもと「天地人紀行」でも紹介されるかなと思ったが、それもなかったので、此処で紀行してみたい。

八王子城址は戦国時代末期小田原城主北条氏康の子氏照が関東の西の守として八王子城を築いた。
城は山頂に本丸、ふもとで政務を行い、客を迎える御主殿、城山川を堀とした自然立地を活かした山城であった。
しかし天正18年(1590)豊臣秀吉の関東征伐で猛攻にあい、わずか1日で落城した。北条方3~4000に対し、豊臣側はその3倍の15、000と圧倒的な数で殲滅させたと言われている。
豊臣側の連合軍には上杉景勝と配下の武将達も城の攻め落としに参加している。
八王子城が落とされ、捕虜は小田原へ連行され、難攻不落であった、小田原城も戦いは無理と降伏し、開城、北条氏政、氏照兄弟は切腹する。
そのあちこちに遺構を残し、400年以上立った今、一部の復元が行われている。 その一部が御主殿に渡るため城山川にかけられた曳橋である。当時の橋の台部が残されているだけで、どのような橋であったか解らないが、戦国時代風にデザインし、復元されている。

血で染まったと言われる滝壺、八王子城で討ち死にした武士の供養塔と言い、戦場の痕跡が残されている。

Img_15681 本丸付近の稜線から、かっての北条の領地であった、南関東の一円を眺める

昨年の今頃、八王子城址を訪れ、400年前の戦国武将の落ち武者の化身か、山全体が湿気を帯び、蛇の巣窟のようで、"まむし"と二度も遭遇する不気味な戦跡歩きであったことは、本ブログでも書き留めた。
その草深く、恐ろしい"まむし"との出会いを覚悟して、登ってゆくと約1時間程でかっては北条が納めた南関東の一円を見渡せる。

|

« 日野を駆けめぐる | トップページ | 八王子城落城と「お十夜」 »

10、八王子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/30731442

この記事へのトラックバック一覧です: 天地人「八王子城落城」:

« 日野を駆けめぐる | トップページ | 八王子城落城と「お十夜」 »