« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

四谷の寺町に幕末を追う

Img_6932111

<四谷、左門町付近>

JR中央線信濃町から、外苑東通りを北の方向に向かうと左門町交差点に出る。進行方向右側に、車が1台やっと通れる路地にお寺がぎっしりと詰まり、並んで居るのには驚かされる。
正覚寺、顕性寺、本性寺、報恩寺、松巌寺、西應寺・・・勝興寺、ETC未だ未だこの通りに面している。
この夥しい寺群は江戸城西北に外堀が設置され、立ち退きを余儀なくされた麹町地区の寺社群が四谷地区に一斉に集団移転した幕府の江戸城構築の名残である。
左門町、須賀町・若葉二丁目(かつての寺町・南寺町)一帯に寺院が多く見られるのはそんな理由による。
寺院の移転と見附の設置により、四谷地区の様相は一変した。寺院の周辺には門前町屋が軒を並べ、商人職人の活動が栄えた。
そんな奥まった寺町に、都会の喧騒を離れ、幕末の面影が追うのも楽しい。路地の一番奥まったところに勝興寺があり、向かい合わせに西應寺がある。

Img_69401 

<勝興寺>

勝興寺は山田浅右衛門の墓がある。浅右衛門は徳川の御様御用(おためしごよう)と言う、刀剣試し斬り役で俗に"首切り浅右衛門"を代々続けてきた。形式的な世襲ではなく、技術を伴い、当主が役目を果たすかたわら、弟子を育て跡継ぎを選び、継いでゆくもので、その役割から気の重い役回りを明治の始め迄、何と八代まで続いた。

Img_69331   

<西應寺>

西應寺には 幕末から明治にかけて活躍した、「最後の剣客」といわれた榊原鍵吉の墓がある。鍵吉は、幕府講武所剣師範役直心影流の男谷下総守信友門下となり、免許皆伝、更に師範に昇進、元治元年(1864)下谷車坂に道場を開いている。男谷下総守信友は勝海舟と従兄弟にあたり、海舟も男谷の直心影流の門弟の一人である。
鍵吉は、旧幕府軍として上野戦争にも参加している。明治維新では徳川に従い静岡に移ったが上京、撃剣会を発足、衰退した剣術の再興普及に努めた。

Img_69481 

<習成館道場>

左門町の交差点に戻り、外苑東通りを渡ると、ビルになった鞍馬流剣術の「習成間道場」がある。道場には柴田章雄(しばたあきお)氏がお住まいになり、鞍馬流十八代宗家を伝承している。
習成館道場は昭和二十年の戦災で焼失しが、十七代宗家鐵雄が平成元年に同地に再興し、近代的施設設備のもとで歴史ある武芸、鞍馬流の形稽古、研究が盛んに行われ、現代に繋いでいる。
明治時代の初期に習成館道場を開き多くの門人を育てたがその名前は勝海舟が命名したと言われており、此処にも海舟の姿が色濃く残しているのも、意外な発見であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晩秋の大内宿へ

ちょっぴり寒くなったが、四季を通じて、今や観光の最高のシーズン。那須塩原でのんびりと温泉でもと、友人6人で出かけたが、宿泊の翌日がネイチャーツアでホテルから1時間半大内宿へバスで運んでくれた。国道289に約4.3㎞の甲子トンネルが出来、気軽に大内宿へ行けるようになった。単なる呑み助の集まりに、歴史史跡を見えるなんて予想しなかっただけにラッキイであった。

Img_1851 <大内宿全貌、宿の外れから宿全体が俯瞰出来る>

会津から下野の今市(現在の日光市今市)に至る道を会津西街道と呼ぶ。大内宿はこの会津西街道の宿場の一つであり、江戸-会津間の物流を賄う問屋場が置かれ、更に本陣・脇本陣を備え会津藩の参勤交代の宿所として利用され、一般の旅人の往来とも併せ重要な役割を担い、賑わいを見せていた。
大内宿は戊辰戦争における激戦地でもあった。戦いの場を関東から東北へ進軍する官軍に敗走する会津軍は、後からやってくる官軍の助けにならぬよう、街道沿いの集落を焼き払っていった。大内宿もまた焼かれそうになったものの、村の名士たちが会津軍と掛け合い何とか事なきを得たという。
明治17年、日光街道( いまの国道118と121号)が開通すると、日光街道は道幅も広く、関東と会津の最短距離で結ばれ、人、物の流れが新しい道路に移っていった。
大内宿は山間の僻村として徐々に淘汰され近代化の影に取り残されていった。
しかし、大内宿は日光街道から遠く隔たったところに位置し、時代の波に取り残されたことが、幸いし開発の手から守られ、奇跡的に茅葺きの家並みが残され、街ぐるみ貴重な文化遺産として、観光面から今日、光を浴びるようになり、観光客で賑わいを見せている。
今では殆ど見る事の出来ない江戸時代の宿場風景がそのままタイムスリップ出来る。

Img_1835 <大内宿本陣は燃えてしまい復元されたもの。図面、記録も無いため、別本陣を参考に造られた>

大内宿は450mほどの緩やか坂道になっている街道に沿い、村の人々は半農半宿で生計を立て40戸あまりの寄棟造りの茅葺家屋が等間隔で整然と立ち並んでいる姿はまるで、博物館のミニチュアセットを見るようである。未舗装の道といい道脇に流れる生活用水がのどかな雰囲気を作っている。

Img_1852 <正法寺>

宿場町の突き当たりの小高い山の斜面に、正法寺という寺があり、ここの墓域の一角、よく陽のあたる場所に会津藩士「笹沼金吾の墓」がある。
「笹沼金吾」は元々砲兵隊頭取として日光口を守備していた。大内峠の戦いで会津軍は敗れ退却したが、一人とどまり、西軍に立ち向かい敵兵数人を斬り伏せ、壮絶な戦死を遂げた。
遺体は村はずれに晒されたが、これを哀れんだ大内の村人が密に葬ったといわれる。
そんな墓石が戊辰戦争の傷跡が未だ残される。

今では珍しい茅葺きの屋根、たっぷり、歴史を感じ、楽しめる大内宿であった。取り囲まれる山々を越えると、すぐ向こうには会津の城が、旅人を迎えてくれるだろう。そんな東北路であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »