« 薩摩・紀州 ・多摩郡の剣士集結 | トップページ | 惹きつける「おりょう」さん »

「伊藤博文」と「安重根」

Koreaa31

<韓国独立運動家「安重根」>

「坂の上の雲」で俄に旅順がクローズアップされる。
明治42年(1909)10月26日現中国東北部のハルピン駅頭で訪れた明治の元勲で初代韓国統監であった「伊藤博文」が射殺された。犯人は北朝鮮・海州(へじゅう)生まれの韓国独立運動家「安重根」(アン・ジュングン)であった。
「安」は捕まり、旅順監獄に収監され、1910年3月1日に絞首刑にされた。「安」が処刑される直前に獄中で書いたと見られる「独立」の遺墨が有名でこれまで、韓国始め、日本にも複数見付けられている。
「独立」の遺墨は「安」の思想の中核を表したもので朝鮮半島の民族的英雄とも言われている。

Koreaa32 <「独立」の遺墨>

「安」の遺墨は「独立」と横に書かれ、その左側に「甲戌(こうじゅつ)二月 於旅順獄中 大韓国人安重根」とある。「甲戌」は安が処刑された年の1910年を指す。
「安」の遺墨の特徴は署名の下に押されている墨の手形である。
左薬指は抗日を誓って同志と「断指同盟」を結成した際に第一関節で切断されたため、小指と同じ位の長さになっている。血判書は見るが、「断指」の生生しい姿は、その思い入れの強さの現れである。

ン十年前のことであるが、私が初めて韓国に行ったおり、たまたま起きた事件がきっかけにこの遺墨の思わぬ出会いがあった。

忙しい仕事の中、休みはしっかり取れた休日に言葉もままならない無謀な鉄道の一人旅で、不覚にも不正乗車で取ッ捕まってしまった。当初は居丈高の犯罪者扱いであったが、どうも購入した切符が、謝って購入したことで、特に他意のないことが判明し、無事嫌疑が晴れた。そればかりか、駅長室では茶のサービスまでの持てなしに甘んじ、一外国人として丁重に扱ってくれた。

その、長くて拘留された駅長室に掲げてあったのが「安重根の遺墨」であることを駅長から教えてもらった。
当時、歴史に無頓着であったので、「安重根」も全く判らなかったが、後で気心の知れた韓国人スタッフにこの話を伝えた。スタッフからこのような遺墨を掲げる、駅長は安重根を民族的英雄として讃える代表的な抗日家の一人であること、教わり、思わず身震いさせられた。
安重根が絞首刑された 三月一日はサムイル節として、抗日独立運動に命を捧げた記念日として祭日になっている。
当時、我々日本人スタッフも一緒に仕事を休み思わぬ韓国の祭日を甘受した。しかし国民感情が悪い中、安重根を讃えるこの民族的祭日は、日本人が悪感情のターゲットになっていた。外の食堂もトラブル回避ともあって「日本人お断り」の張り紙さえ貼られるなど、外部、取り分け繁華街は出られず、宿舎でおとなしく、固まっていた。

この日に限って、サムイル節は日本人とって、居心地の悪い一日でもあった。韓流に沸き返る今日、日韓を往復する交遊は深まるが、忘れられない一日であった。

当時のことを此処で紹介してます韓国プラント建設回想記

|

« 薩摩・紀州 ・多摩郡の剣士集結 | トップページ | 惹きつける「おりょう」さん »

20、坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

だいぶ、遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
 維新史跡訪問のサイトでお名前お見かけしました。
 さて、私もン十年前に韓国に所用で出かけたときに、殺されていてもおかしくないというトラブルに会った事があります。
 「断指同盟」とは、すごいですね。

 昨年末にNHKの教育テレビで「日本と朝鮮半島2000年」という、10回シリ-ズが、3夜にわたって放送されていました。
 以前、何回かは見ていたのですが、見逃したのがあったので、すべて録画して見ました。
 ご覧になったかも知れませんが、日韓からも学者が出演して、感想を述べ合う、とても
興味深い番組でした。
 朝鮮の三国時代あたりから、明治位までの
両国の交流の歴史。朝鮮半島からも、日本は
たくさんの有意義な文化、技術を享受しています。
 韓流ブ-ム。私はバカにしていた方ですが、この番組を見て、どんな形にしろ、交流は大事なんだ、と思った次第でした。

投稿: 鳴門舟 | 2010年1月21日 (木) 06時05分

鳴門舟さん
ご無沙汰しておりました。
今年も宜しくお願いします。
某所で鳴門舟さんの書き込み
拝見しておりました
長いお休みに淋しい想いもありましたが
再びの到来に大変嬉しく思っております。
悪質な書き込みがあるために
番号の入力、管理者の承認など
色々、煩わしい処理が必要ですが
そんな事情からご容赦下さい。

やはり、韓国に行かれているようですね
色々共通点が生れ、これもご縁かも
知れず、嬉しく思っております。
>「日本と朝鮮半島2000年」
それは知りませんでした。
色々交流は深まって居るようですが
ともかく燐国なんですよね
まあ、色々情報を流してください

投稿: 隠れ新八 | 2010年1月21日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/33066280

この記事へのトラックバック一覧です: 「伊藤博文」と「安重根」:

« 薩摩・紀州 ・多摩郡の剣士集結 | トップページ | 惹きつける「おりょう」さん »