« 「伊藤博文」と「安重根」 | トップページ | 龍馬と黒船 »

惹きつける「おりょう」さん

Ryouma803

<30才頃の新たに発見された写真、井桜直美氏所有>

2001年新たな「おりょう」写真が発見と言う衝撃的な新聞記事が発表され話題を呼んだ。「そんな写真が今頃と?」半信半疑の感想がよせられたが、京都国立博物館で特別展示した時には1カ月で3万人弱という、入場者を迎え、その反響は大きかった。

写真の出所は京都国立博物館の宮川楨一氏が従来の「おりょう」写真を調べていたところ京都河原町の大型書店で井桜直美著「セピア色の肖像」の中にこの新たな写真が見つかり、仰天した。井桜氏に確認したが、出所は不明であった。しかし、従来有る井口家アルバムの写真と、新たな発見写真は着物の柄、髪形から、同日、内田九一撮影と同じ日に撮られていることが明白である。更に写真の裏面に「たつ」と記されている。

撮影背景を以下のように推定している。
慶応3年(1867)「竜馬」の死を下関で聞き、土佐、そして京都で暮らし、「龍馬」の墓を守った。明治5年(1872)弟を連れて東京に出た時に「内田九一」写真館で撮影した。

唯一、「おりょう」の容姿を中条仲子が以下のように伝えた。
「明治元年頃、「おりょう」は28才の女盛り、どちらからと言えば小形の身体に渋好みの衣服がぴったり似合って、細面、瓜実(うりざね)顔、色はあくまで白く、典型的な京美人であった。
正に左の写真とそっくりである。しかし、出所不明で研究者やファンの間でひろく議論を呼んだが、この写真を否定することもあっても肯定することは難しかった 。

2008年5月に警察庁の科学警察研究所が信楽寺にある、おりょう本人と確認されている晩年の写真とこの写真を比較し科学的な面からメスが入れられ。 「同一人物の可能性が高い」との鑑定結果を発表した。

Ryouma806

 

<;信楽寺にある、おりょう本人と確認されている晩年の写真>

;

鑑定を依頼した高知県立坂本龍馬記念館では、森健志郎館長が「科学的な鑑定で、あいまいな推測から一歩進んだ。おりょうの可能性が高まった貴重な結果だ」と喜んでいる.。
以上のことから、ようやっと新しい写真も市民権を得た。

先日、横須賀に行き信楽寺に御参りに行ってみた。信楽寺の案内板にも.人を惹きつける、新しい写真が飾られてあった。

「おりょう」さん自身が、どう感じられたであろうか?、両方の写真を比較し、素人目にも、二重まぶた、耳、あごの部分がそっくりに見える。

|

« 「伊藤博文」と「安重根」 | トップページ | 龍馬と黒船 »

19、坂本竜馬」カテゴリの記事

コメント

若い時のおりょうさんの写真を見て、晩年のおりょうさんの生き様はとても想像できないでしょうねえ。
 新人物往来社から出ている「目撃者が語る日本史の決定的瞬間」に、隣に住む鈴木老人の回顧談が載っています。
 
 この本、お持ちですか。日本史全体の、さまざまな事件の目撃談が載っていますので、持っていて損のない本です。
 
 鈴木老人によれば、「大酒飲みでやたらにいばりちらす、いやどうも、とんでもない鉄火婆さんだったよ。」
 後に、この老人がおりょうさんの墓を建てたらしいですね。
 また、龍馬がよみがえり、一躍国民的英雄
になるのは、坂崎紫瀾の「汗血千里駒」がベストセラ-になってから。明治17年の事。
 と、思いがけない情報も書かれていました。

投稿: 鳴門舟 | 2010年1月29日 (金) 05時51分

早々のコメントありがとうございます
短かった竜馬との蜜月時代。でもそれを支えにおりょうさんは、頑張り通したのでしょうね

「目撃者が語る日本史の決定的瞬間」
未だ呼んでいません。
大変、そそられる本ですね~
特に晩年のおりょうさんの世界に
もやもやしたものが、さ~と開けるようで

横須賀、大津の信楽寺へ行ってきましたが、おりょうさんの墓
大変、大きなお墓でした。
お墓も建てられない、質素な晩年だったようですね

投稿: 隠れ新八 | 2010年1月29日 (金) 21時50分

坂本龍馬がアップされていましたので、さっと見させていただきました。
 龍馬の隣の県に住みながら、龍馬には関心の薄かった自分ですが、この機会に学ばせていただきます。
 大河ともども楽しみに、知識も増やしたい、と。
 有難うございました。

投稿: 鳴門舟 | 2010年2月 3日 (水) 05時45分

鳴門舟さん
何時もありがとうございます
お近くだったのですね
幕末時期にまさに東奔西走する姿がドラマですね
篤姫の時に登場した小松帯刀が、竜馬を支援する一人。余り表舞台に出て来なかった帯刀の大きさを改めて学びました。
勝海舟とも、深く繋がり、篤姫ドラマの連続番を見るようで、わくわくしてます。

投稿: 隠れ新八 | 2010年2月 3日 (水) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惹きつける「おりょう」さん:

« 「伊藤博文」と「安重根」 | トップページ | 龍馬と黒船 »