« 武道で生きた「千葉さな」と「中野竹子」 | トップページ | 信濃町から市ヶ谷へ「岩崎弥太郎」「鮫河橋」などを見る。 »

梅の花のように散った「近藤勇」と「千人同心」

Img_67301

       <高尾の紅梅>

厳しい寒さの中で冷たい雨が続いたが梅も終わり、そろそろ桜の時期になり、確実に春がやってきた。
この可憐な梅の木に、散っていった「近藤勇」と千人頭「石坂弥次右衛門」の二人が果たせなかった話が残される。
日野宿北原に住んでいた千人同心「井上松五郎」は、八王子千人町この「石坂弥次右衛門組」の世話役を勤めていた。
文久1年(1861)、2年のころの早春の一日この石坂家を、「井上松五郎」の案内で「近藤勇」が訪れた。「弥次右衛門」も快く迎え入れ、種々談笑したが、「近藤勇」は庭に咲く血梅に目をとめて、慎ましく咲く様を激賞した。「弥次右衛門」も、「それほどお気に入りならば」と後日接木(つぎき)か取木(とりき)をして贈ることを約束した。
しかし、この約束は、文久3年「勇」が浪士組に参加して上洛し、新選組局長として京都市中取締り、鳥羽伏見の戦いから戊辰戦争の渦に入っていく。
一方、「弥次右衛門」も、幕末期は、将軍上洛の先供(さきとも)、第一次・第二次長州征伐、甲州出張等席の温まる暇も無い程であった。
鳥羽伏見の戦いで勝利した東征軍が討幕で江戸に迫ってきた。
慶応4年(1868)3月、戊辰戦争で参謀「板垣退助」幕僚「谷千城」ら東征軍が東下するなかで、甲府で阻止するために「近藤勇」以下の甲陽鎮撫隊一行が甲州街道を西下した。しかし、勝沼で東征軍を迎え戦ったが僅か2時間余りで甲陽鎮撫隊が破れ、「勇」は江戸へ遁走し、流山で捕まり4月25日板橋で処刑された。「勇」の首は閏4月8日~10日三条河原で晒された。
一方、「板垣」ら東征軍は八王子へ進駐し、千人隊は恭順し、更に日光で進出した。八王子で東征軍を出迎え恭順を示した千人頭「弥次右衛門」が、日光勤番で急死した代番で急遽日光へ派遣される。日光で再び東征軍を出迎え、日光勤番も恭順する。
しかし、一旦恭順した筈の八王子の千人隊が抗戦になびき、八王子に帰った 「弥次右衛門」は責任を問われ、切腹したのが翌閏4月11日と「勇」の後を追うように亡くなった。この時、剣術に熟達した長男は留守で、80歳になる父が介錯(かいしゃく)したが、老齢のために首が落とせず、「弥次右衛門」は、明け方までうめき苦しんで息を引きとる凄惨な死であったと伝えられる。
結局、二人が取り交わした梅の木の譲り渡しが果たせぬまま、散ってしまった。

Img_25851

       <日野 宿本陣の梅>

この梅の木を新選組愛好家、故「谷春雄」さんが、譲り受け、自らの手で育て偲んだとことが「血梅」と言う記事で以下のように残されている。
明治維新という激動の中に、その姿を没していった「勇」「弥次右衛門」が愛し、また激賞したというこの血梅は、明治以後石坂家の新潟移住等で、行方がはっきりしなかったが、千人町の石坂家の隣家の庭にひっそり残っていた。しかし昭和20年の八王子空襲で黒焦げになってしまったが、やがて芽吹き、花を咲かせるようになった。この梅の接穂(つぎほ)を入手した友人の佐宗氏が何本か育て、その1本を、「谷君は新選組が好きだから」と進呈してくれたものである。
この血梅は、紅梅としては何となくつつましく、寂しいような花である。毎年この花の咲くころに、140年前、折角の約束を守れず、激動の時代に流されていった両士を偲んでいる。
この紅梅は早春になると薄紅色の花を咲かせるが、花はガクが大きく、花びらの小さい原種に近いような花で、現在の華やかなものが多い紅梅に比べると、少し寂しいような花である。この梅の枝を切ると、中は血がにじんだように真っ赤なので、血梅という名で呼ばれているという。

散っていった千人頭「石坂弥次右衛門」は以下で纏めてみた。

石坂弥次右衛門

|

« 武道で生きた「千葉さな」と「中野竹子」 | トップページ | 信濃町から市ヶ谷へ「岩崎弥太郎」「鮫河橋」などを見る。 »

11、千人同心」カテゴリの記事

コメント

 千人頭も「石坂弥次右衛門」も初めて目にする言葉や名前ですが、写真が残っているだけに、余計に切なくなりますね。
 この時期、日本中で数え切れない位の悲劇が起きていたんでしょうね。
 弥次右衛門の父が80才ですから、この写真は50才代位でしょうか。
 何を思って、死んでいったのか。
いや、切ないです。

投稿: 鳴門舟 | 2010年3月28日 (日) 06時13分

千人同心は隣接する八王子市にあり、武田信玄の流れを持つ末裔達で、徳川幕府の入府以来、幕府瓦解まで徳川を支えた人達です。
千人町という町まで残し、同心の末裔が沢山住んで居られます。
板垣退助率いる東征軍が江戸に攻め込み、恭順か、抗戦か揺れ動き、こんな悲劇が生れたんでしょうね。
介錯を損ない、一晩中苦しみながら亡くなった 「石坂弥次右衛門」の苦しみの悲劇を忍び、墓石に手をあわせてきました。
日光東照宮を戦火から守れたのも、同心が残した一つと言われています。

投稿: 隠れ新八 | 2010年3月30日 (火) 06時02分

管理人さま、はじめまして。

彰義隊から幕末の検索で辿りつきました。
幕末に関する資料や巡り、記述のボリュームに思わず見入ってしまいました。松崎家の世界へをはじめ、新撰組や大好きな北海道の記事を見させて頂きました。
とても1度では巡れないので、改めて再訪問を致します。

こちらの血梅のお話、新撰組との繋がりなど、初めて知りました。又、千人隊と彰義隊の関係の記述は深い想いで拝見致しました。

幕末は大好き、むしろ、魅かれるものがあるので、宜しくお願い致します。

投稿: ゼブラ | 2010年4月 8日 (木) 15時24分

ゼブラ様
ようこそいっらしゃいました。
拙速な記事ではありますが、色々、共感頂き、このような嬉しいコメント頂き、大変励みになります。
歳三の生れた日野宿に住んでいますが、新選組だけに止まらず、欲張って、幕末にまで拡げていますが、それもこれも、大河ドラマが追い風に、なっているようです。未だ、学ぶことも沢山ありますが、宜しくご指導下さい。
北海道は2家族で毎年出かけますが、幕末指向は私だけで、道央、道東、道北は征服しましたが、新選組縁の道南は未だ、行ってません。北海道全般、道の良さ、自然の広がり、食べ物に取りつかれ、中々止まりそうもありません。時間はたっぷりあるので、好奇心の赴くまま、走り続けたいと思います。
今後とも、宜しくお願いします。

投稿: 隠れ新八 | 2010年4月 8日 (木) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/33945491

この記事へのトラックバック一覧です: 梅の花のように散った「近藤勇」と「千人同心」:

« 武道で生きた「千葉さな」と「中野竹子」 | トップページ | 信濃町から市ヶ谷へ「岩崎弥太郎」「鮫河橋」などを見る。 »