« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

函館戦役を巡る旅、4「五稜郭、奉行所、千代ケ岡台場」

Img_93371函館戦役を巡る旅もいよいよ五稜郭へ
函館で泊まったホテルが、ビル郡を押し退け市内を俯瞰する函館のシンボリックな五稜郭タワーが目の前であった。タワーの右側の緑は五稜郭の五稜郭公園である。あの星型の変わった城郭は近寄っても、何も判らない。高いところから全体を俯瞰し、始めてその美しさが伝わってくる。函館戦争の最後の総力戦も、新政府軍がどのように上陸し、両軍相まみえる姿はやはり此処からである。
タワーから五稜郭は繋がっており、新装復元した奉行所とも合わせ、観光のメッカか、一般客とも合わせ女子高校生の大量の群れ、タワーに上がると、何やら中国語、韓国語が飛び交い、国際化の真直中であった。
五稜郭はヨーロッパの城都市を参考に設計された西洋式土塁である。城堡と呼ばれる5つの突角が星形の五角形状に土塁がめぐっていることから五稜郭と言われている。郭内には最近(2010年)に復元された函館奉行所庁舎とその付属建物20数棟あったが、写真の通り僅か、3棟が復元されているのみである。写真の手前側の三角形状土塁は半月堡で郭内の出入り口を防御するためのものである。元々星形の五角形状に合わせて5箇所ある筈であるが、工事規模の縮小により、1箇所だけになっている。

             < 復元された函館奉行所>

Img_93721では、140年振りに姿を表したその奉行所に行って見る。
元々函館山麓にあった奉行所は元治元年(1864)五稜郭内に完成し業務が開始され、蝦夷地の統治や開拓、諸外国との交渉など幕府の北方政策の拠点でもあった。戊辰戦争の最後の戦いとなる函館戦争の舞台となり、屋根の太鼓櫓は新政府軍軍艦からの砲撃目標となり多数被弾した。旧幕府軍により約半年間占拠されたが、新政府軍の奪還により五稜郭は開城され、国内を内戦状態となった戊辰戦争も終焉を迎えた。明治4年(1871)に開拓使により奉行所庁舎は解体されてしまい目の前から消えてしまった。

140年経過した2010年、全国から集められた宮大工など、日本の伝統建築が受け継げられた匠の技が4年の歳月をかけて丹念に作られた美しい姿が再び表した。その一つの広間は精巧で繊細な欄間と言い、和室の奥の深い伝統技術に日本間のすばらしさをたっぷり堪能した。復元されたのは当時の1/3,1000㎡と言われるから当時の計り知れない大きさに蝦夷地を統括した奉行所の重さを感じさせられる。
奉行所の案内人に愚問とお思いつつ、「五稜郭内での歳三の亡骸はどの辺か」と聞いてしまったが、元より判るはずもなかった。
諸説紛々としている中で恐らく、この五稜郭内で埋葬されているとの発表が盛んにあるが、未だ判っていない。

再びタワーから目を転じると立待岬から函館山の姿手に取るように見える。函館山を挟んで弁天台場の反対側に立待岬が台場の死角となり上陸地点にしている。この函館山は市街地を俯瞰できる場所にあり、戦略上の重要な拠点となるであろう。
夜明けをもって新政府軍の艦砲射撃の音が鳴り響いた。
砲撃を合図のように新政府軍の奇襲部隊が函館山背後と弁天台場側の山瀬泊(現入船町)から上陸し戦闘になり、市中は分断され台場は孤立する。
敵兵を迎えた旧幕府軍は混乱し、函館山、寒川、弁天台場で多数戦死する
その立待岬はご覧の通り、切り立つ岸壁が海岸に取りつき人おも寄りつかない、自然の立地が要塞化している。敢えて険しい崖に取り付き山頂へ目指した。半島の突端に位置する事から、幕府が蝦夷地を直轄する時に警備のために台場が築かれたことがあった。第二次世界大戦中は要塞地帯法で市民の出入りは立ち入りを禁じられていた。近代においても、津軽海峡からの外来に対する防衛上の拠点でもあったのである。

                  <中島三郎之助父子最後の地碑;

Img_93121千代ケ岡台場の最後は悲壮だった。
千代ケ岡台場を守っていたのは、元浦賀奉行・中島三郎助率いる中島隊12名の他砲士20名と陸軍1小隊の50数名であった。
中島三郎助は浦賀奉行所の一与力の身分にありながら日本の直面した国際危機の中で国の将来を憂い、幕府のとるべき、重要な方策、先見性を評価され 国防上必要な軍艦の建造や砲台の築造を命じられ、幕府の枢要な国務に携わった。
大政奉還して幕府崩壊し与力・同心も解散するなか、幕臣として主家徳川に殉ぜんと決意し、長男恒太郎(22歳)と次男英次郎(19歳)および腹心の同心らと榎本武揚と行動を共にして江戸を脱出し、函館五稜郭に籠って、新政府軍を迎え討ち、二子と共に此処千代ケ岡に散下した。
「ほととぎす、われ地を吐く 思い哉」と言う辞世の句を残した。明治2年(1869)5月16日 49歳没。
大鳥圭介らに五稜郭へ退却するようにと勧告されても、中島は、「この郭は我が墳墓の地なり」と言って相手にしなかった。
新政府軍は、降伏した旧幕府軍兵士を先鋒とし、抜刀して攻め込んで来た。中島三郎助と2人の息子は大砲でこれを迎え撃つ。1時間の戦闘で半数以上が死に、中島父子も戦死した。
亡くなる前に2歳の与曽八に短刀と、家族への訣別の遺書を贈っている。中島父子を記念して千代ケ岡陣屋にあった縁の場所は「中島町」と名付けられた。幕臣として主家徳川に殉ぜんとする、最後まで武士魂を貫くところは歳三ともあい通じるが、親の後を追う二人の息子も、凄い中島町と命名される由縁で、末永く語り告げられるだろう。
この頃になると、旧幕府軍では一兵卒から士官クラスが次々と戦線を離脱し、五稜郭を抜け出し、その足で官軍に投降し降伏者の数は340余名にのぼった。
詳細はこちらで載せてます

 函館戦争を辿って 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館戦役を巡る旅、3「「松前城攻防戦、函館へ」

Image12

函館戦役を巡る旅は前回の江差から南北海道の航行ルートを鯨の尾っぽの一番南側の突端、松前(福山)城にきてしまった。

Hkdtd601福山城(松前城)は鎌倉時代から和人が移住し、戦国時代に和人政権の拠点となった北海道唯一の城郭である。
北辺警備の命令を受け安政元年(1854)に日本最後の旧式築城として完成し城内に砲台を備え、天守閣は強固な構造で既に西洋式の重火器を用いた近代戦に備えていた。幕末期にはロシアの南下、外国船の日本侵略に備え、松前城の北辺警備は重大な役割を担っていたのである。
明治維新の戦乱により廃墟になり明治8年(1875)天守(三重桶)、本丸御門、同東塀を残して取り壊された。本丸御門を残して焼失天守は昭和36年(1961)に鉄筋コンクリート作りで再建された。
松前藩が蝦夷地を統治する拠点として、古くから支え、維新を迎え、新政府に付くか旧幕府に付くか、もめ結局新政府側に付き、旧幕府軍を迎え撃ったことになった。
歳三率いる約750と言われる隊は五稜郭を出発したが、夜襲をかけた白兵戦など松前藩兵の激しい抵抗にあう。
性能が良い筑島砲台は軍艦幡龍に砲丸が命中するなど旧幕府軍の軍艦が沖合から近づくことを許さなかったが、砲台は土方軍に鎮圧されると、回天他軍艦が砲撃、松前藩は沖合からの回天の砲撃に浮足だし松前城に逃げ込んだ。

                                    <写真は松前の城下町>Img_9294111土方軍は城に殺到したが、門内に野砲を並べ肉薄してくる土方軍に砲火を浴びせるなど苦戦したが、城中に突入した。城内では各所で斬りあいが行われ、天守閣にも刀傷が残されていたと言われている。本丸御殿の玄関で割腹自刃するなど武士道に背かぬ働きをしたが町や寺社などに火を放し江差に向け後退した。この時、松前城下は全民家の7500戸のうち5000戸を焼失。寺院20箇所のうち15箇所を焼失した。
この御用火事によって、蝦夷地第一の城下町は四分の三を焼き尽くし、町民の非難した山奥へ飛び火し折からの降雪に晒され寒さと食料不足で悲惨を究めたと言われる。
旧幕府軍は意気軒昂で「松前リヤンコ(兵隊)はカラスのしょう(衆)だよ、鉄砲ドンと撃ちゃ皆逃げる」と歌いながら行進したと言われている。
松前城を占拠した旧幕府軍は遊撃隊長人見勝太郎が松前奉行になって6カ月間、占領行政を担当する。
歳三は川原町の済衆館と言う医学校を宿舎に白馬に跨がる颯爽とした姿で松前城へ登城したと言われているが、蝦夷地上陸後、激しい抵抗もあったが五稜郭に継いで松前城占領で一番輝いていた時期ではなかろうか。
しかし、それも長続きしなかった。半年後 4月9日新政府軍1200人が乙部に上陸、江差を奪回後、海岸線を松前城に向かう部隊が進軍した。
予知していた人見勝太郎の旧幕府軍は松前城を砲台で固め、台地上に胸壁銃座を縦横に設け、新政府側を待ち受ける。
新政府軍は甲鉄、朝陽、丁卯、陽春、飛龍の5艦が松前城と海岸砲台を砲撃し援護したが決着が付かなかった。松前藩は中の岳を経て立石野背後の山から城中に突撃し、旧幕府軍は一気に崩れ松前城は奪回され、函館に向かって逃れていった。松前城の攻防戦は両軍各々60余名に及ぶ多数の戦死者を出している。
このようにして、旧幕府軍、新政府軍が城をめぐって激しい戦いがあり、新政府軍の手に落ちた松前城を契機に一気に五稜郭包囲に繋がっていく。
高台の要地に建つ松前城、北海道で唯一の城郭は美しく絵になるが、建物は堅牢なコンクリート作りで機能本位。一新された建物に内部から戊辰の戦いの姿を求めるのは無理であった。
城に訪れる来館者も少なく、土産物屋も手持ち無沙汰のようであり、そこそこ駆け足で周り、函館へ向かう。

海岸線を走る過程で日も落ち、車のライトのみが浮かび上がる闇の世界に、遠目にイカ釣りの漁火が群れなしている姿が鮮やかに飛び込んできた。
湯川温泉で車と荷物を預け、タクシーで函館山へ向かったが、ロープウエイは何と休み、バス、タクシーが殺到する中、そのまま山頂へ目指す
詳細はこちらで載せてます 函館戦争を辿って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館戦役を巡る旅、2「官軍上陸地~開陽丸沈没の江差」

Image111 前回、南北海道の行程ルートを鯨の尾っぽに例えたが、その尾っぽを輪切りに東西に縦断する。かなり深い森林地帯を越え噴火湾側から日本海側に出るが、地図を見ると冬季閉鎖とされており、豪雪地帯から、この山越えは容易ならざるものであるようだ。
このルートは何時もの北海道のようで、車の姿は殆ど見受けられず、独り占めしてしまい、贅沢な気分で爆走した。
函館戦争では江差から函館へ新政府軍が向かうが、それを迎え討つ幕府軍の戦う山岳ルートはこの道より南側のルートである。
山道を越え乙部海岸に出る。写真の垂直に切り立つ白亜の絶壁はグランドキャニオンとも呼ばれ「舘の岬」である。
奪還の機会を狙っていた新政府軍は青森からこの乙部海岸に上陸し、旧幕府軍に奪われた函館を奪還の一歩を踏み出した。

乙部沖に「甲鉄」「春日」など黒船来襲を思わせる光景となり、村民は大挙して漁船を出し、軍艦に対して情報を伝えた。これが契機に当地の「津花の浜」および相泊(館浦)に兵士が上陸している。村民は新政府側に加担している。
旧幕府軍の手にあったが、無防備であった乙部から蝦夷地、奪回のため無血上陸した。

Img_91391<果て上陸地点は何処に>
広い海岸に果たして新政府軍の上陸地点は何処にあるかと、乙部町役場に飛び込み教えて頂いた。出来たばかりの上陸碑であったがそばに立てかけられた柱の防蝕用に帽子が被されてあったが、官軍が被る傘の拘りに思わず笑ってしまった。
東京からの珍しい歴史史跡の訪問客に、町上げての歴史通、乙部町の米田出納室長が、忙しい業務の傍ら、ご挨拶頂いた。
明治政府軍の乙部上陸を乙部観光の一つに尽力されておられことを伺った。上陸の碑もそのひとつで、更に乙部に残された言い伝えなど地元目線で、捉えた函館戦争を作った 「新北海道の夜明け」のマンガ紹介された。
未だ在庫されているよであり、地元だけしか手に入らぬ労作を早速購入した。元より歴史好き、米田室長はもっと語りたかったようであるが、別役の用事に悔しがっておられた。

Img_92751海岸線を乙部から江差へ移動する。この辺りは北海道の南西部に位置し、にしん漁場として栄え、道内でも早くから開けた場所の一つである。
一方では土方率いる旧幕府軍と最後の防衛戦として必死の抵抗を示した松前藩が戦った要衝江差港である。強固な敵陣に榎本の乗船する「開陽丸」が海上支援で江差沖に到着、江差弁天や愛宕山の台場に砲撃し、陸兵を上陸させたが、松前藩は敗走し無血上陸であった。
しかしこれが「開陽丸」の最後の勤めで、暴風激浪の自然の猛威に最新鋭の軍艦も叶わず海中深く没してしまう。
榎本や歳三が宿舎として使われていた檜山奉行所跡は江差港が一望出来るこの高台にあり、榎本と歳三はこの場で「開陽丸」沈没の姿を見て、この松を拳で叩き嘆き、松が曲がってしまった伝説がある。その松は大きく傾きながらも、尚懸命に生きている。
函館戦争の主要要路と町は殆ど海岸線にあり、制海権を握ることがこの戦いの鍵を握っている。
710トンの「回天」クラスが構成する艦隊の中で規模が一回り大きい2590トンの「開陽丸」を失った事実が如何に大きかったか良く判る。
そんな背景から「回天」他で宮古湾に停泊の「甲鉄」奪還作戦を行ったが、、犠牲者を伴っただけで失敗した。
江差に入り平成2年(1990)、復元したノッポ姿の「開陽丸」は直ぐ判り江差町のシンボリックな存在になっている。
早速、甲板にあがり目の前の巨大なマストに大きな歴史事実を想い浮かべ、とても感慨深いものであった。
大阪から品川へ遁走し失意の将軍徳川慶喜を。江戸城開城後大量の脱走兵を運び新天地、蝦夷で再起を図ったこと。榎本艦隊の旗艦として、さっそうとこの艦上から全艦への指揮を取る、その華々しい姿と海中に消えていった歴史ロマンをこの艦が後世に伝えている。

Img_9280111艦内の陳列品は大量な引き揚げ品であるが、中でもこの砲弾の種類と数に圧倒される。
古典的な大砲の弾は、単なる金属球如きの物から、着弾時に弾殻が破砕され、破片が広範囲に飛び散り、周囲の物質に突き刺さる、破壊能力は飛躍的に上がった榴弾など、函館戦争ではこんなものまで既に使われていたのかと驚いてしまう。
江差はこの「開陽丸」を始めにしんや廻船問屋で一旗上げた豪商など当時の姿を伝える家屋など歴史遺産が多数残され、時間かけて見たいところであるが、先を急ぎ松前に目指す。未だ先の長い函館へ、明るいうちたどり着きたいが、道乗りが心配にもなってくる。

詳細はこちらで載せてます函館戦争を辿って

| | コメント (2) | トラックバック (0)

函館戦役を巡る旅「榎本艦隊上陸地」

Img0241111毎年の恒例行事となってしまった北海道旅行。でも何時も道南は飛ばして何時も行くのは道東、道央、時には道北、利尻、礼文まで足を延ばしているが、道南は行った事がないのである。旧南多摩郡部に身を置き、多少歳三の関わりを持つ者として終焉地へは行ったことが無いのは、肩身の狭いものとも思っていた。
家族を含め何時も行くメンバーは北海道は好きであるが、歴史、しかも新選組に特化した旅ともなると、中々難しいが、我が儘を許してもらい、歴史旅が何とか実現した。
但し、そう度々出かけられるところでもないので、どうせ行くなら、戊辰戦争の終焉となった函館戦争の戦跡を可能な限り、廻ってみたいと言う途方も無いものとなってしまった。
函館戦争の戦跡は地図でなぞって見ると、南北海道の鯨の尾っぽのような渡島半島をぐるりと周回するのである。
北海道のごく一部、地図から見るとわけないと思うが、いやあ~実際に走って見て、遠く果てし無く420㎞もあったのである。勿論道探しに迷走もあったが、そんな無駄走りがあっても、新選組を含めた旧幕府軍と対座した新政府軍は400㎞に及ぶこの鯨の尾っぽを駆けめぐったのである。
その戦記を改めて追いながら、ごく上っ面ではあるが、4日間で廻った部分の紀行文をかなり時間をかけて書いてみた。
一応、サイトアップ出来、一段落したので、その記事の紹介を含めて、旅主体の別視点で小分けしながら書いてみる。
早朝出発した羽田から、ズ~ンという制動を体に感じながら函館に到着する。

Img_910711テカテカの慣れない新車のハンドルを握りで空港から大沼湖の大沼公園に向かう。噴火で稜線が片折れした駒ヶ岳を方角を替えながら、周回しその雄姿を楽しむ。鷲の木で上陸した旧幕府軍もこの姿を見ながら、敗走する松前藩を追いながら函館に向かっている筈である。
駒ヶ岳を見ながら国道5号線を北下、噴火湾の森町を目指す。
国道5号線は函館と札幌方面を結ぶ幹線なのか、結構車が多い、鷲の木は何処だと探しながら走り、チラリと見た鳥居の姿に動物的勘で、道脇に車を止め駆け足で鷲の木史跡公園を見つける。車に戻り公園に車をいれようと、ふと見上げたら、国道沿いに「榎本武揚上陸の地」の看板が間近にあったのに笑ってしまった。

Img_91201歳三達を載せ、満載の榎本艦隊は噴火湾沖に投錨して鷲の木村に2300の兵士が蝦夷地最初の足を踏み入れる場所である。
上陸地点の鷲の木村は150軒の民家、人口800で茅部街道の要所でがあり、函館への交通は開けていた。何れかの1軒で歳三は此処で宿泊している。
此処から、降り積もった雪の中を行軍し、海岸線と山越え組の二手に分け、五稜郭を目指している。
函館港があるのに、何故遠巻きに、噴火湾まで来て、南下したのかだろうか、既に国開き外国船が係留される中でドンパチ砲門を開く訳にはいかなかったのである。それに内側に囲まれた噴火湾は波静かで、自然の囲いが上陸するには格好な場所と思われる。
江戸城が開城される中、新政府に意に沿わぬ抗戦派を多数載せ品川沖から脱出した榎本艦隊は一路、北に向かったが途中で暴風に遭遇し銚子沖で美嘉保丸、咸臨丸と多数の僚友を失い、此処迄の到達は波瀾に満ちての上陸であった。
上陸地点は何処までも広がる砂浜の海岸線に駒ヶ岳とイメージしていたが、時の経過が開発の手が入り海岸線に家が建ち、函館本線の鉄道線路が走り、炯眼を阻み、その姿は全然違っていた。
鷲の木史跡公園は線路と国道の間にあるが、海岸線は建物、線路に遮られ、僅かな隙間に海が認められる空き地で人影もなく寂しい場所であった。空 き地の一角に無造作に立っている「史跡「函館戦争榎本軍鷲の木上陸地」の碑が唯一の上陸地点を示すもので、あるが函館戦争の記念すべき出発点にしては寂しい存在であった。それでも碑の前に立ち歳三達が最初に踏んだ蝦夷の地を捜し当てたのは感慨深いものであった。

Img_912211111111 当日は国道5号から、内陸部に入り、上の湯の銀婚温泉に泊まり、ゆっくり湯にうたれ、未明に近い出発で寝不足でボロボロになった体を癒し、明日に備える。

詳細はこちらで載せてます 函館戦争を辿って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »