« 幕末の風を求め「佐倉」へ | トップページ | 被災にあった佐原、佐倉の街 »

大捕り物騒動、「壺伊勢屋事件」(一部修正)

<現在、呉服屋の壺伊勢屋>

102700301

大政奉還後、益々勢いを得た薩長はその矛先を倒幕に向けて動き出す。
西郷隆盛は「江戸の薩摩屋敷を根城に薩摩浪士隊は江戸の周辺地で騒動を起こして幕府勢力の分散化を図り、京都方面での討幕派の計画を支援し援護する。幕府を挑発して討幕の口実を得る」と言う事であった。
慶応3年(1867)10月頃江戸を新徴組や親藩藩士が必死で警備体制をして警戒していたが、三田の「御用盗」と言われた薩摩浪士が乱暴狼藉を働き、同年12月23日遂に江戸城西の丸を炎上させてしまう。
そんな背景の中でで薩摩藩の挑発行為により多摩地方で起きたのが壺伊勢屋事件である。

薩摩藩江戸屋敷で益満休之助を中心に、各地から脱藩浪士を集め幕府の関東地を動乱に陥れるべく画策していた。
幕府側から薩摩屋敷に密偵を入れ、浪士達の行動を内偵していた会津藩士「甘利宗四郎」が代官江川太郎左衛門英武の手代「増山健次郎」に、「薩摩藩井上真一郎」こと、上田務以下同志4人が甲府城を乗っ取る心つもりで三田の薩摩藩邸を出立し、甲州街道を甲府に向かうが、私も同道する」との報告があった。
その「上田務」は幕末、宣徳隊を組織し蛤御門の変に参加、後に高杉晋作の挙兵に応じ、四境戦では芸州口の最前線で戦った歴戦の人物である。
報告に驚いた「増山健次郎」は江川家手代「根本慎蔵」と共に上田一行の計画を阻止するため途中の討取り計画を練り江戸城の、勘定奉行「小栗上野介」の指示を仰ぎ了解を取り付ける。「増山」は「鯨井俊司」を指名し同日夕方、芝新錢座の江川屋敷を出立した。

<捕縛作戦に参加した日野勢、新選組まつりから>

0511005211111

「増山」と「鯨井」の二人は内藤新宿から宿駕籠で乗り継ぎ途中上田一行を追い越し、日野宿の名主「佐藤彦五郎」宅にたどり着く。
「増山」と「彦五郎」は武州一揆打ち払いの折も共に働いた間柄で今回上田等討ち取り計画の支援を依頼し、「彦五郎」も了解した。
当初、日野の多摩河原で討ち取る準備を進めたが、密偵の通報から上田等3人は上布田の旅旅籠で剣術師範他が者が加わり、浪士集団が段々膨れ上がってくることが知らされ、急遽八王子宿の旅宿で夜討に変わった。
「増山」は八王子へ先行し、応援要請は千人隊にも告げられ、近隣の駒木野の農兵隊頭領「鈴木金兵」にも及ぶ大捕り物作戦に広がった。

「上田務」を隊長とする浪士一隊は薩摩屋敷を出発し上布田で宿泊後、一行浪人が八王子宿に入り、妓楼「柳瀬屋」と「壺伊勢屋」に入宿する。
一行は酒宴を開き、宴で酔ったふりをした「甘利宗四郎」は剣術師範他を向かい側の「柳瀬屋」連れ出し酔わせ寝込んだすきに座敷を抜け出し、「増山」に上田等一行は浪士や博徒と合流し100人近い集団で甲府に向かう仔細を報告、是非とも、今夜中に討ち取ってしまいたいと進言した。
「甘利」の進言を受けた、「増山」は人数を二手に分け、「柳瀬屋」は「増山」「鈴木金兵」「甘利」の3人、壺伊勢屋は日野勢がそれぞれ担当する手筈を決めた。
深夜2時頃、「増山」等は「柳瀬屋」の二階に上り「甘利」が寝ていた剣術師範をピストルを発射し、「増山」が切りつける大乱闘が始まる。
一方「壺伊勢屋」の浪士等は「柳瀬屋」での銃砲音の夜討に気づき、壁際に身を潜め身構えた。日野勢は「山崎兼助」「馬場市次郎」を先頭に立ち、階段を駆け上がるところ、6連発の短筒で一斉射撃し、最初に踏み込んだ「馬場市次郎」は浪士の短筒に討たれてあえなく即死する。
日野剣士の「山崎兼助」は背中を討たれる重傷を負い、事件の翌々日亡くなってしまう。
上田等浪士たちはその場で斬り倒されたり、傷を負いながら逃走し、浅川河原にたどり付いたところを惨殺されたが、上田他は逃げ延びた。

事件で負傷し、幕府の負っての手から逃れた「上田務」は慶応4年(1868)3月頃、京都滞在中の江川太郎左衛門手付「柏木総蔵」に申し入れ、事件を指揮した「増山健次郎」と「鯨井俊司」両人の首級と当日八王子に残した武器・金子などの返却を迫った。
武器等は小栗家へ渡されており東征軍の侵攻時期でもあり、処置に困った江川家では、増山と鯨井を改名させて所在を隠し「上田務」に増山と鯨井の首級および物品の代償として金1000円を支払い事件解決の至談書を提出し受け取っている。

◇「上田務」は京都で処刑、さらし首

「上田務」は慶応4年(1868)6月薩摩藩の「伊牟田尚平(いむたしょうへい)」の金策に加担し、近江国長浜の今津屋で押込み強盗を働き捕らえられる。明治2年(1869)7月、「上田」は「伊牟田」と一緒に加担した一人として、京都粟田口でさらし首の刑に処せられた 。事件の口述書が「京都府史料」に残されている。

従来、「上田」は後の神奈川県令「内海正勝」であると、大正13年(1924)に出版された『三多摩政戦史料』に書かれており、これが半ば信じられ流布されていたが、「上田」は処刑されており、「内海正勝」と同一人物であることは誤りであることが、この度、明らかにされた。
・・・広報ひの平成23年4月15日

<事件のあった八王子横山町付近>

102700351

詳細は以下でまとめた。

壺伊勢屋事件

|

« 幕末の風を求め「佐倉」へ | トップページ | 被災にあった佐原、佐倉の街 »

10、八王子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/37259868

この記事へのトラックバック一覧です: 大捕り物騒動、「壺伊勢屋事件」(一部修正):

« 幕末の風を求め「佐倉」へ | トップページ | 被災にあった佐原、佐倉の街 »