« 被災にあった佐原、佐倉の街 | トップページ | 「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ »

幕末を駆けめぐる日野剣士「日野義順」

            近藤勇の天然理心流四代目披露の野試合が行われた「大国多摩神社」Senninhino102

日野義順は八王子千人頭河野仲次郎通聿【みちのぶ】の組頭日野嘉蔵義貴【ひのかぞうよしたか】の長男として、天保10年(1839)6月13日に生まれた。18歳のときから戸吹村(八王子市)の松崎和多五郎の道場で天然理心流を修行する。文久元年(1861)には近藤勇の天然理心流四代目披露の野試合に、一門を代表して出場しており、大将を支える4つの隊の隊長に抜擢されている。義順の配下に山南啓介が付いており、山南が敵大将佐藤彦五郎を打ち取り赤軍が一矢を報いるなど記録されている。
新選組の中心人物となった土方歳三らとも親交があった。
慶応元年(1865)5月、千人同心が第二次長州征討に出動すると、義順も第五小隊小司として市域の井上松五郎や土方健之助らとともに参加している。
京・大阪在陣警備の後、翌慶応2年、広島小倉に出陣したが、戦闘に幕府利有らずと小倉から撤退する。大阪で徳川将軍家茂公逝去の報にそれぞれ帰郷した。
翌2年に千人隊と改称する。

                                八王子千人同心が住んでいた千人町

Hatiouji25

同4年3月甲州街道を西から江戸に向かう土佐藩兵を中心とした東征軍(官軍)を迎え撃つために近藤勇率いる甲陽鎮撫隊が甲府を目指す。
甲陽鎮撫隊は東征軍に勝沼で破れ、江戸へ逃げる。東征軍は甲陽鎮撫隊を追討し八王子、日野へ厳しく探索する。千人隊は戦う意志なしと東征軍に恭順を示した。
しかし官軍に従う恭順派の行動に不満を持った非恭順派は江戸へ出て、彰義隊の上野戦争に八王子方として参加する。八王子方の中心的役割は千人隊之頭(旧千人頭)河野仲次郎が担い、河野組の組頭を勤めた義順も河野の副と言うべき地位で参加する。
同年5月15日、大村益次郎率いる東征軍は上野の彰義隊に攻撃をかけ、彰義隊は一日で破れてしまう。
義順と河野は八王子へ戻ってくるが、首謀者として東征軍に捕えられ、甲府の一蓮寺に幽閉され、居宅を召し上げの処分を受けた。
2人は吟味の上、預けられが明治2年(1869)1月に解放された。
幕末期に幕府が瓦解する中で衝撃的な事件であったといえよう。
その間、千人隊は解体し、278年の歴史の幕引きを迎える。隊士は駿河(静岡県)に従う随従派、多摩の農民として生きる土着派、新政府に出仕する朝臣派に分かれたが、義順は多摩の地域住民として再出発の道を選んでいる。   

                         義順始め日野家が眠る欣浄寺                                                 

090500221維新後の明治6年(1873)学制発布により日野学校が開設されると義順は教師となり、現日野第一小学校の校長を勤める。
更に政治の世界に足を踏み入れ日野宿宿会議員に選ばれ議長にもなった。多摩郡に自由民権運動が高まると、明治16年には自由党に入党のち神奈川県会議員になって活躍している。こうした政治活動から明治20年代になると、一転して地方産業の振興に取り組むようになり、東京府農会議員、南多摩郡農会副会長に就任した。さらに初代の日野町長として同33年10月~同39年4月まで在任している。その間、
日野町と桑田村の合併、日野町農事調査の実施などの足跡を残したが、大正5年(1916)4月18日、78歳で波乱に富んだ一生を終わったのである。
義順は日野に住み、井上松五郎(新選組井上源三郎の兄)と同じように千人同心を代々務めた家である。東征軍が江戸開城目指し、千人同心は官軍に帰順するなかで、非恭順派として彰義隊の八王子方の幹部の一人として参戦し、徳川に忠節する意志を貫いている。
敗戦後首謀者の一人として捕縛され甲府に連行される事実は、維新後、新政府に抗する民権運動のエネルギーになっているように思える。
町長まで務めた逸材であるが、新選組の影に隠れ、余り報じられていない日野の剣士の一人である。

詳細は以下でまとめた

日野義順

|

« 被災にあった佐原、佐倉の街 | トップページ | 「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ »

03、幕末日野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/40039236

この記事へのトラックバック一覧です: 幕末を駆けめぐる日野剣士「日野義順」:

« 被災にあった佐原、佐倉の街 | トップページ | 「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ »