« 「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ | トップページ | 「龍馬」の遺志「菅野覚兵衛」海軍要職に横須賀 »

「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ、そして決行

「JR横浜西口から台町へ向かう、一行」

Img_054811

前日からの雨、当日は台風に刺激され大雨の予報に、一部欠席の声もあり、当日行くのは己のみではと思えたが、幸いにして雨は小振りとなり決行した。
八王子を起点に、2次集合場所の横浜駅西口で一部の参加者をピックアップし、神奈川宿、台町の田中屋を目指す。
ビルの雑踏を抜け国道1号線沿いを神奈川駅側に向かうと、ビルの谷間の急階段に田中屋を見つける。
この階段を登り切った旧東海道の田中屋に出る。
安藤広重の東海道五十三次「神奈川宿台之景」から、坂の途中に「田中家」の前身「さくらや」の看板が見とれる。海に浮かぶ大きな船あたりが現在の横浜駅当たりと言われている。
従って、我々が歩いてきた当時は海中の中にあったのである。
全盛期では58軒の料亭が立ち並んだが、当時を語れるのはここ1軒だけで、看板を死守する姿に感服する。

            「旧東海道、神奈川宿台(現、台町)付近」

Img_19631

お龍は明治7年(1874年)に自立の道を模索し、「菅野(かんの)覚兵衛」の紹介で 神奈川宿の料亭・田中家で仲居として働いている。
覚兵衛は土佐勤王党に加盟し、龍馬らともに神戸海軍操練所に参加し、長崎で亀山社中(のちの海援隊>を結成し、第二次長州征討の乙(いっ)丑(ちゅう)丸の艦長と海援隊隊士として活躍している。
慶応4年(1868年)3月、生前の龍馬の希望もあり長崎でお龍の妹・起美(三女)と結婚しており、龍馬、お龍との関わりが深い。
お龍は非常に頭が良く酒を好み、人情深く、客あしらいもうまく、当時無数にいた仲居の中でも飛び抜けて目立つ存在だった。
一方では土佐藩士からお龍のことを「有名なる美人なれども、賢婦人なるや否やは知らず。善悪ともに兼ぬるように思われたり」
と言われたり、龍馬の家督を継いだ坂本直は、訪ねて来たお龍を冷たく追い返したり、自ら持った気性から、回りから支援も余りなかったようだ。

□神奈川台の関門跡
田中屋から西に下り、神奈川台の関門跡がある。
開港後、外国人があいついで殺傷され、その捕縛がままならず、各国の領事から「幕府は何をやっているんだと」非難され
横浜周辺の主要拠点に関門や番所を設け、相次ぐ外国人襲撃から守るため警備体制を強化した。
その番所が此処に立ち、番兵がにらみを効かせていた。さしずめ怪しげな成相の己も、行く手を阻み、これ以上の西下を許さなかったのであろう。

□アメリカ領事館の本覚寺
関門跡から東海道を戻り、アメリカ領事館の本覚寺につく。
生麦事件で遭遇した4人の外国人の一人リチャ-ドソンは絶命、遺体は余りにも切り傷が凄いので途中の宗興寺で縫い合わせ、雨戸に乗せてここ本覚寺に運ばれる。苦しんでいるのでこのまま助からないと、「武士の情け」と喉を一突きし止めを刺したのが、薩摩藩の海江田武次である。

海江田武次は有村俊斎を名乗り、俊斎を頭に雄助、治左衛門の三兄弟であった。桜田門外の変で治左衛門は実行者の一人で自害、雄助は推進役として事件後切腹しており、維新以降生き残ったのが武次一人である。
薩摩の一行400人の行列はイギリス軍が来る前に、此処神奈川宿から保土ヶ谷へさっさと逃げてしまう。当然イギリスから下手人の始末を要請されたが、黙殺してしまう。
台町周辺はびっしりとビルが立つ、一等地にあるが、一歩離れ、ここ東海道はお龍あり、攘夷あり、生麦事件あり、幕末・維新史が埋もれた一角のようである。

京急に乗って横須賀中央へ
□おりょう会館

「寺田屋時代のお龍と旧知の中であったが、「西村松兵衛」と再婚し横須賀で暮らす。「松兵衛」が「菅野覚兵衛」の家に出入りし、「覚兵衛」の紹介された、と言う説と料亭田中家で仲居をしていた時に松兵衛と知り合ったという説もある。
夫に先立たれた妹・光枝がお龍を頼るようになり、3人で暮らすようになったが、やがて「松兵衛」と「光枝」の二人がお龍の元を離れて別居してしまい、一人暮らしになり、明治39年(1906)長屋の一角でひっそりと亡くなる。
晩年はアルコール依存症状態で、酔っては「私は龍馬の妻だ」と「松兵衛」に絡んでいたというが、僅か2年に満たない龍馬との生活を胸に約30年の横須賀暮らしであった。

会館には立派なおりょうの胸像と建物の裏側に終焉の地の碑が立っている。
ふと回りを見ると、何れお迎えが来る世代が多かった。会館でお世話になったら、お龍と一緒に夢想の世界へ案内してくれると、紹介したが、笑って流されてしまった。

□軍艦三笠へ
                   「軍艦三笠の雄姿」

Img_055211

「龍馬」の遺構は「亀山社中」から「海援隊」に繋がり、帝国海軍の基礎を成し、ロシアのバルチック艦隊を破るまで成長した。
そう考えると、三笠の見学はこの旅ではで唐突無縁ではないことを、説明しようとした。しかし目の前の重装備の軍艦に、既に心を奪われ、つまらない説明は無用と、それぞれ赴くまま、三々五々飛んでいってしまった。(笑い)

圧巻は何と言っても、東郷平八郎と秋山真之らが指揮取った艦橋であった。降りしきる雨の中、片手に資料、片手に雨傘、手が塞がっている状態で足元も滑る急階段登り降りは厳しかった。砲弾飛び交う中で艦橋は殆ど無防備、こんな所で体を晒、指揮を取った幹部の姿が凄かった。
時間も無く足早に駆け抜けた三笠で、際立ったのが旅順口閉塞作戦で戦死した広瀬中佐の写真がそれを演じた俳優で元オリンピックの水泳選手「藤本隆宏」とそっくりであった。ロシア娘を虜にしただけあった男前の姿がそのまま、生き生きと輝いていた。

親父たちの世代が小学唱歌で唄っていた、広瀬中佐の唄が、微かに浮かんで来る。
「轟く砲音(つつおと)、飛来る弾丸(だんがん)。荒波洗ふ デッキの上に、闇を貫く 中佐の叫び。「杉野は何処(いずこ)、杉野は居ずや」>♪♪・・・♪。

□信楽寺
                   「山深い場所を背後にお龍が眠る信楽寺」

Img_747211111111

京急京浜大津の信楽寺へ
墓碑は「贈正四位(ぞうしょうしい)阪本龍馬之妻龍子之墓」と刻まれている大きな墓石である。『*贈正四位阪とは死後に贈られた正四位の位。
明治時代以降は、幕末の尊皇攘夷や明治維新において亡くなった功労者であった。』
ひっそりと、孤立無援のお龍には亡くなった時には墓らしいものもなかった。
「松兵衛」の知友「鈴木清治郎」と戊辰で東山道軍総督府大軍監、維新後宮内省の宮内官僚となった「香川 敬三」らの尽力によって、大正3年(1914)に立派な墓が建立された。
「龍馬」が長崎に居るころ、聞き慣れない音色に、取りつかれ、好奇心旺盛な「龍馬」は唐物屋に飛び込み、衝動的に買い求め、お龍に贈ったのが清国伝来の弦楽器「月琴(げっきん)」であった。
二人の木像、供併せ「月琴」(作り物)を拝見し、信楽寺を後にした。
横須賀の山深い信楽寺にこの雨の中、訪れ人も、我々以外に誰もおらず、お龍旅の最後を飾る、お寺であった。
この後、「龍馬」も警備陣に加わった、立会川の土佐藩浜川砲台跡へ向かう予定をしたが、雨中行軍で余力も失せ、多摩郡へ帰路についた。
本日は台風の余波で終日、凄い雨であった。こんな天気であったら、とても史跡巡りどころで無かったのが、せめてもの慰めであった。   

|

« 「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ | トップページ | 「龍馬」の遺志「菅野覚兵衛」海軍要職に横須賀 »

14、横須賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ、そして決行:

« 「お龍」の足跡を追って、横浜、横須賀へ | トップページ | 「龍馬」の遺志「菅野覚兵衛」海軍要職に横須賀 »