« 明治天皇の全国巡幸で日野小休 | トップページ | 殉節両雄之碑が語りかける »

明治天皇行幸と山岡鉄舟

Meiten305明治14年(1881)2月、中央道巡幸に継いで馬車で皇居を出発出発された明治天皇御一行は八王子、恩方方面で狩猟をなさって、連行寺へ向かう過程で、日野の旧佐藤邸で小休止された。
夜来の雪はあがり、晴れわたり、明治天皇御一行は八王子行在所で御発輦され、甲州街道を東下し午前中に旧佐藤邸に到着する。
昨年に継ぐ、御駐輦は急であったようであるが彦五郎以下は感激し、御迎えの準備する。表門の軒が低いので、路面を掘り下げて、御乗馬のまま御通りできるように工作し、家族一同は台所で差し控え御迎えた。
式台のある玄関口から渡り廊下を通じて、奥座敷にお通りになる足音が、台所にいた家族の耳に響き、何とも言えない心強い気持ちになって、目頭が熱くなったと言う。
暫くすると山岡大書記官(鉄舟)が主人に「聖上にお酒を差し上げる用意を」と言う。「お召料になるような上酒は土地にございませんが」と申し上げると「いや、地酒で良い。「酒器も当家で使用しているものでよろしい」と言われた。
早速酒屋和泉屋(宇津木氏)から最上の地酒を取り寄せて差し上げた。急な、御駐輦で酒の準備に滞り、混乱したようであった。
◇さっそうと愛馬「金華山」で
御殿峠御猟のご帰途、更に多摩村連行寺向ヶ丘御猟地へ兎狩りに行幸された。その折りには、当家までは御馬車で小休止された後玄関前にて「金華山」と呼ばれる御愛馬に乗馬され、薄雪白き、麦田圃の畦道を勇ましく猟場さして2里の行程を鞭打たれた。
明治天皇は騎馬軍服の姿で立ち振る舞い、近衛騎兵が警護にあたっていた。八王子・日野周辺の関心はもっぱら明治天皇の兎狩りに集中していた。サポート役として山岡鉄舟も乗馬し、行動する。

◇寵愛深く「金華山号」
『金華山号』は天皇のご寵愛深く、明治13年から16年間御料馬として公式行事使われ、名馬の誉高い馬として知られている。
金華山号は、体躯はさほど大きくない。栗毛の毛艶も鮮麗とは言い難く颯爽とした風姿に乏しかったが、骨格全体のバランスは良かった。
陛下の御乗馬にいつも敬礼の姿勢をとった。 万馬がいななきや突然の砲声や小銃にも驚か動かずに位置を保っているなど「頭部美しく、怜悧沈着で外物に驚かない特質」と評されている。。
明治28年(1895)6月、金華山号は馬としては長寿といえる26歳で死亡した。このとき明治天皇は大変ご悲嘆され、剥製にして主馬寮に置くよう仰せられた。この剥製は神宮外苑の正徳記念館に安置されている。

Img110◇何故山岡鉄舟が陛下の側近役に
慶応4年(1868)慶喜が江戸城を出て上野・寛永寺で謹慎した直後に追討軍が江戸に到着し、慶喜の処刑と大江戸大決戦がささやかれた。そんな背景の中で勝海舟は山岡鉄舟を使者として官軍参謀の西郷隆盛のいる静岡に派遣し、江戸城無血開城と慶喜の助命嘆願の予備交渉に当たらせた。官軍が埋めつくされる東海道の駿府へ、山岡の肝をすえた気迫に慶喜の件は何とか西郷預かりになった。この山岡の働きによってようやく総督府との具体的な交渉の手がかりがつかめ、後の「海舟・西郷会談」の成約を向けてのレールが敷かれたと言われている。江戸での西郷と勝の会見が、後に大きく取り上げられるが、実質的な交渉は静岡会見での山岡に負う所が大きく、江戸での会見は単にセレモニーとも思える。

山岡鉄舟はそんな経過を踏まえ西郷隆盛から人物評価されており、特別な推薦もあって、明治5年、明治政府から天皇陛下の側近侍従長として教養及び剣術の御指南まですることになった。
平安朝以来、女官たちに囲まれた天皇の生活に、無骨な男子の空気に一変させようと言う西郷の官中改革に協力したものであった。
侍従鉄舟のエピソードに彼が青年明治天皇に相撲の相手をし、畏れ多くも天皇を投げたおし、辞職を願い出たという話がある。
弟子はこれを否定している。鉄舟は天皇の青年らしい、多少度の過ぎた奔放な行跡を改めていただくよう、相撲の機会に諌言(かんげん)し、聞き入れなかったら辞職すると言って自ら謹慎したというのである。

Img_4529◇時代を越えて多摩を馬で
山岡は江戸から静岡まで官軍兵士がの居並ぶなか、「朝敵徳川慶喜の家来、山岡鉄太郎、大総督府に参る」と叫びつつ、早馬を走らせた。東海道を疾走する山岡の早馬の図は有名な錦絵となっている。
ダイナミックに走る馬上姿の山岡と、背後を追うように、ここでは白馬姿の薩摩藩士益満休之助が描かれている。
時代を越え、山岡は立場を変えて、明治天皇の従者として、乗馬でさっそうと多摩の原野をかけ走った。
旧東海道の府中宿(現静岡伝馬町通り)、西郷隆盛と山岡鉄太郎が会見した松崎屋源兵衛宅跡があり、記念碑と錦絵が飾られている

関連記事はこちらに掲載明治天皇の全国巡幸と兎狩

|

« 明治天皇の全国巡幸で日野小休 | トップページ | 殉節両雄之碑が語りかける »

17、明治天皇行幸」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
 私、父が亡くなったり、引越ししたりでパソコンに触れる機会が少なく、ご無沙汰しておりましたが、以前の環境に戻る事が出来て、復帰させていただきます。
 昨今、テレビの方でも、幕末の事を取り上げる番組が多く、喜んで録画して見ております。
 最近も、BS歴史館で「幕末の外交は弱腰ではなかった」というのがあり、私、そうだ、そうだと共感しながら視聴しました。
 最近、注目しているのが、この番組にも出演していた、磯田道史という、茨城大学の若手歴史学者。
知識も豊富そうで、話し方も明快、実に見ていて爽やかです。
 調べてみると、映画化された「武士の家計簿」の原本を書いた人なんですね。
 私、あと数年で、年金生活に入ろうと、予定しております。やっと、気ままな旅ができそう、です。

投稿: 鳴門舟 | 2011年9月29日 (木) 09時09分

鳴門舟さんお久しぶりです
お身内のご不幸、謹んでお悔やみ申し上げます。
ゆっくりした環境が生れた様で、趣味の世界にも没頭できますね。
年々のことながら暑さが、重くのしかかっているようですが、台風15号が過ぎ去り、漸く涼しく、外歩きも出来る季節になりました。
昨年は戊辰の戦役を巡って、勝沼、流山、宇都宮、函館まで廻りましたが、今年は控えめでした。
10月に中山道・甲州街道が交わる諏訪へ行きます。皇女和宮の宿泊場所や赤報隊が処刑された魁塚など見て来ようと楽しみにしています。
のんびりと幕末を追っかけます。
今まで同様、御贔屓にお願いします

投稿: 隠れ新八 | 2011年9月30日 (金) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/41983052

この記事へのトラックバック一覧です: 明治天皇行幸と山岡鉄舟:

« 明治天皇の全国巡幸で日野小休 | トップページ | 殉節両雄之碑が語りかける »