« 国境の垣根を越えて伝わるもの | トップページ | 魁(さきがけ)塚 »

Stand Aloneの心地良い、響き

終日、雨の予報と今にも降りそうな気配に傘を持って本陣に出かけた。
旗を掲げても、雨が降れば、撤収するのも、かったるいなあと思いつつ、何時もの様に
10本近くの旗を担ぎ、通りに面した場所に掲げ、いざ本番に備える。
しかし、結局は降らなかったばかりか、午後から日も出てくる天気に、予報が思い切り外れていた。
「なんてこったい、嘘つき天気予報め」
と思ったが、その雨降りの前触れもあったが、寒さもあって、出足をくじかれ、休日にも関わらず、何時もと違い、一桁違う寂しい来館であった。

100坪の館内の片隅に固まって、カーペットと電気ストーブで暖を取りながら、出番を待つ。拝は寒冷地仕様と皮下脂肪で、差程、寒さは苦にならず、まあ、我慢できる。
こんな日に限って、天候なにするものぞと歴史、取り分け幕末にかなり造詣の深い、ヘビーユーザも多い。こんな閑散であっても、対話の中で学ぶことも多い。

そんな一時、一通り、説明が終わっても、人気のない部屋で、立ち去り難く、その雰囲気・歴史の空気を確かめている。
静かに歳三や彦五郎の姿を追っているのであろうか、・・・。
「どちらからお見えですか」
「愛媛からです」
熱心な女性フアンである。
「愛媛? ・・・と言うと大河ドラマの"龍馬"」
「いえ、龍馬は高知、今は"坂の上の上の雲"です」
咄嗟の軽はずみな言葉に、丸抱えで四国の文化圏は一つとの勘違いで、思い切り外してしまった。

            坂の上の雲のエンデイングで登場する印象的なシーン

Question_ph011

その坂の上の上の雲は3年に亘る放映で、惜しみつつも終わってしまった。
朝の散歩で携帯ラジオは必携で出かける。
たまたま聞いていたのがNHKで偶然にも、聞き覚えのある、メロデーが流れる。
ああ忘れもしない、"Stand Alone", であった。

「ちいさな光が 歩んだ道を照らす
希望のつぼみが 遠くを見つめていた
迷い悩むほどに 人は強さを掴むから 夢をみる
凛として旅立つ 一朶の雲を目指し・・・・」♪♪・・・♪

街中を歩きながらも、テーマ曲に映し出される、山の尾根の先にたなびく雲の情景が浮かんでくる。
実に響きのある素敵な唄である。
作った作曲家も坂の上の雲を熟読した上で、練り上げられた "Stand Alone"であった。

数有る司馬遼太郎作品が大河ドラマで取り上げられ、放映された。
坂の上の上の雲も何度かエントリーされたが、司馬遼太郎は頑に断った。
そして、故人となってから、漸く放映が実現された。
今頃、坂の上の上のたなびく雲の上から、司馬はきっと見ているだろう。
生きていればどんなコメントが返ってくるのであろうか・・・。

|

« 国境の垣根を越えて伝わるもの | トップページ | 魁(さきがけ)塚 »

20、坂の上の雲」カテゴリの記事

コメント

「坂の上の雲」見ていませんので書くことがありませんが、「Stand Alone」ユ-チュ-ブで、視聴しました。 
 あの久石譲さんの作曲なんですね。
そして、歌っているのが娘さんの麻衣さん。
 さすが、いい曲ですね。

「どちらからお見えですか」
「鳴門からです」
 こんな図を想像しました。


 

投稿: 鳴門舟 | 2012年1月25日 (水) 08時43分

鳴門舟さま
"Stand Alone"
気に入って頂いた様で嬉しいです
バックに流される曲と共に
あの、山の稜線とたなびく雲の情景が目に浮かびます。

「どちらからお見えですか」
「鳴門からです」
「坂の上まで案内いたします」
「いえ。未だ結構です」( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 隠れ新八 | 2012年1月26日 (木) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/43854207

この記事へのトラックバック一覧です: Stand Aloneの心地良い、響き:

« 国境の垣根を越えて伝わるもの | トップページ | 魁(さきがけ)塚 »