« 「ようこそ幕末の世界へ」サイト引っ越しのご案内 | トップページ | 中山道の「和田宿」に和宮の降嫁を追う »

天皇陛下の心臓手術と順天堂

                <佐倉の順天堂>

Jyunten01 天皇陛下の心臓大手術が行われ、無事に終わり術後の養生されておられることは喜ばしいことである。
この大手術に東大と順天堂大学との合同チームと言う異例の治癒態勢であったことが報じられている。
陛下の心臓の病気を診てきた東大が、非常に良い成績を残されている実績から、敢えて順天堂大学の天野篤教授に協力要請し、ベストの治療を目指した選択であったと、評価されている。
天野教授は心臓を動かしたまま、血管を縫い合わせるオフポンプの手術のリーダー的存在で、これまで約5500件の心臓手術実績が裏打ちされている。
TVでも模型を使って、天眼鏡もどきで拡大し、心臓を動かしたまま血管を針と糸で縫い合わせる微細で高度な手作業であった。
高度医学が進んだ現代でも、経験に培われた、その手腕による「匠の技」そのものである。

順天堂と言えば佐藤 泰然(さとう たいぜん)の名前が浮かんでくる。
泰然は天保14年(1843年)江戸から佐倉に移住した「佐倉順天堂」を開設し、現在の「順天堂」に繋がっている。
「順天堂」は大阪の緒方洪庵の適塾とならぶ有名蘭学塾であった。

「泰然」は、文化元年(1804年)公事師の佐藤藤佐(さとうとうすけ)を父に現在の神奈川県川崎市生まれる。
名は信圭(のぶかど)泰然は通称である。
蘭方医を志し、長崎に留学し、蘭学の見識を深める。
天保9年(1838年)、江戸へ戻り、両国薬研堀に「和田塾」を開く。外科の優秀性を認められ、患者や塾に生徒が集まってくる

◇「泰然」が残したもの
「泰然」は順天堂の塾生がオランダ語の習得と書物だけの勉強に偏ることなく、診療に役立つ知識・技術を習得させることを目指し、教育した。その結果、多くの人材が育ち、日本の近代医学の発展に大きな役割を果たしている。
ウイルス感染により起こる天然痘は当時大変恐れられていた病気であったが、「泰然」の積極的な西洋式の医療技術の取り入れ策から、安全で進歩した牛痘法を佐倉藩内にいち早く導入し、高く評価されている。

◇多くの人材が羽ばたく
「泰然」は実子を後継者とすることにこだわらず、医者として有能な人物は選んだ進歩的な選択は代々受け継がれ、「順天堂」の発展を支えている。実子の「良順」も松本家に養子に出し、「松本良順」として幕府の頭取になり、戊辰戦役では幕府典医として活躍し、新選組とも関わりを持っている。
一方、優秀な弟子であった「尚中」を養子にし、「順天堂」の後継者としている。これも「泰然」の拘りが貫かれている。
幕末期の戊辰戦役では、幕府軍、新政府軍の軍医として主要な要職をはじめ、軍の要職や外務大臣な始め、榎本武揚の妻など内外の主要ポストに繋がる系譜が生まれている。
「泰然」の後を継ぐ、人物は養子であり、4代まで続いている。姉妹はそれぞれ各界の要職の妻として嫁がしている。

「泰然」のこうした「順天堂」の発足思想である有能な人材の育成が今日まで、実践され、代々受け継がれている。
一昨年、その 「泰然」を追い佐倉順天堂に行って見た。

|

« 「ようこそ幕末の世界へ」サイト引っ越しのご案内 | トップページ | 中山道の「和田宿」に和宮の降嫁を追う »

15、佐倉・佐原」カテゴリの記事

コメント

 「人に歴史あり」で、本当に歴史には興味を惹かれます。
 さて、順天堂大学と言えば、私の年代では陸上競技の中長距離の沢木啓祐選手。
 今は、日本陸上競技連盟の副会長らしいですが、
名選手、華のあるスタ-選手でした。
 
 それにしても、麻酔無しの手術や器具を見ると、
現代に生まれて本当に良かったと思います。
 井上馨なんて、体中、ずたずたに斬られて、何十針も縫っているんですよね。たぶん、麻酔無しでしょう。
 しかし、よく考えてみると、だいぶ以前に、私も玄関で足を踏み外して、家の外壁のコンクリ-トの角に額を思い切りぶつけてしまった事があります。
 その時は、もちろん額が割れて、血がぼたぼた落ちました。
 そばの、てぬぐいで額を押さえて、病院に行ったのですが、その時は、麻酔なんてしなくて良い、早くどうにかしてくれ、という気持ちでした。
 よく覚えていませんが、たぶん痛み止めを打って
何針か縫ったんでしょうね。
 
 間もなく、3.11ですね。
福島に幸あれと祈ります。

投稿: 鳴門舟 | 2012年3月 8日 (木) 11時27分

「泰然」の手にかかり、生きたければ、我慢しろと麻酔なしで執刀したようで、患者もそれこそ命懸けであったようで、医者と患者の信頼関係で、乗り切ったのですね。
順天堂の天野教授も、神の手、「泰然」の匠の技は今日に繋がっているようです。

鳴門舟も似た様なことを実践され、額はもとより、内部のほうも、大事に至らなかったようで、良かったです。

あれから既に1年、遅々として進まぬ、対策に
風化されないよう、祈るばかりです。

投稿: 隠れ新八 | 2012年3月 8日 (木) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/44295941

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下の心臓手術と順天堂:

« 「ようこそ幕末の世界へ」サイト引っ越しのご案内 | トップページ | 中山道の「和田宿」に和宮の降嫁を追う »