« 中山道の「和田宿」に和宮の降嫁を追う | トップページ | 念願の「金華山」と逢えた »

風雨にうたれた沖田総司終焉の地

大凡2カ月前から、四谷地区を中心に歴史旅を計画した。
所が日にちが近づいてくるに従って、どうも週末の天候が怪しくなってきた。
当日の予報は東京地方、昼前後から雨、しかも風雨とも激しくなる。
公募もしたので、日程変更は出来ない。
祈るようにJR中央線信濃町駅から出発。
殆どが創価学会の建物になってしまったが、かっては17代将軍家正公(亀之助)が学んだ2000坪の学問所の紹介から始まる。外苑東通りを西側に旧寺町(左門町)に向かった。

寺町では剣豪榊原鍵吉や「鬼平犯科帳」の「鬼平」こと長谷川 宣以、通称長谷川平蔵。
打ち首同心こと首切り浅右衛門こと山田浅右衛門などの墓参までは祈りが通じたのか、天与の神が救ってくれたのか、傘をさすほどでもなく、歴史旅も順調に済んだ。
しかし、途中で軽く昼食を取り、外苑西通りを越え多武峰神社(内藤神社)辺りからこれ迄の穏やかな曇り空から一変し、雨風が激しく強くなった。
さす傘も吹き飛ばされ、おちょこになったり、風の止む間を見計らって建物の軒先に退避しながら、新宿御苑の柵付近の旧渋谷川の跡を追う。

風雨も激しい中、橋の欄干やかって流れていた川跡を示す、塞がれたトンネルに渋谷川の跡を確かめる。
この渋谷川にかっては川沿いには水車が複数あり、御苑側に黒鉛を突いた水車小屋、更に下流側の池尻橋の近くには米引き用の水車小屋があり、エコエネルギーの先駆け、として、この水流を貴重な動力源として使っていた。
外苑西通りを渡って、池尻橋の対岸に出る。

Img1941

沖田総司が匿われていた植木屋平五郎の納屋はこの付近と言われている。
付近はマンションとかって渋谷川の外壁に囲まれ、昼尚暗き、谷間にある。
だんだん強くなる雨、沖田総司が、もうこれ以上近寄るなとの悲痛な叫びとも思えたが、全員の意志は崩れることはなかった。

         <旧渋谷川跡>

Img_23941

渋谷川の先はマンションの裏手になり、柵が設けられ、鍵がかかっている。
予め見学の主旨を手紙で伝え、許可を頂きこの雨風の中、ご出馬頂き、特別に開けて頂いた。

谷間に風は若干収まり、往事の姿を思い浮かべながら見る事が出来た。
普段、通りから離れた場所だけに、こうした見学機会の巡り合わせに特別な想いでの見学であった。

戊辰戦役に倒幕に勢いを得た薩長軍に対して、幕府も崩れ、最前戦に居た新選組も西から引き揚げる。
慶応4年(1868)1月大坂城から退去した新選組は富士山丸で品川に入港する。近藤と沖田は介護役の隊士と神田和泉橋の医学所に入り、その後、稍福寺の野戦病院に運ばれ 、松本良順の手当てを受けたと思われる。
沖田の謎めいた史実に、終焉の地も、浅草の今戸節とここ千駄ヶ谷(明治の半ば迄は南豊島郡大字千駄ヶ谷村、現新宿区大京町)節がある。
千駄ヶ谷の当地は雑木林に覆われた「御焔焇(えんしょう)蔵」といって幕府の火薬庫、西側には内藤駿河の守の広大な屋敷、南側は雑木林、新政府軍から探索を受けても、隠れ場所はいくらでもあった。

そんな節に行政も動きだし、「総司終焉の地も碑」の建立も噂されたが、沙汰止みとなり、新宿ミュージアムの一環で案内板が建てられるようである。
そんな長い先の話しでも無い様で、果たしてどんな物が用意されるか、改めて見届けたい。

現地の様子はこちらで紹介してます。沖田終息の地

|

« 中山道の「和田宿」に和宮の降嫁を追う | トップページ | 念願の「金華山」と逢えた »

09、四谷・千駄ヶ谷歴史散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/44730883

この記事へのトラックバック一覧です: 風雨にうたれた沖田総司終焉の地:

« 中山道の「和田宿」に和宮の降嫁を追う | トップページ | 念願の「金華山」と逢えた »