« 風雨にうたれた沖田総司終焉の地 | トップページ | 熱く燃えて »

念願の「金華山」と逢えた

明治14年(1881)2月、中央道巡幸に継いで、馬車で皇居を出発出発された明治天皇御一行は八王子、恩方方面で狩猟をなさって、日野の旧佐藤邸で小休止された後に、連行寺村へ向かったことは既に当ブログの「明治天皇行幸と山岡鉄舟」で書いている。
明治天皇は溺愛した愛馬「金華山」を携え、幕末から維新に駆けめぐった山岡鉄舟を従者として、従え、連行寺村、周辺多摩の山野を駆けめぐった。
四囲が住宅地で開発される中で、都立桜ヶ丘公園として、自然の森がそっくり残されている。
天皇の狩猟天覧は、郊外の狩猟地の一つとして、ここ連行寺村が選ばれ、御前山、大岳山、雲取山など素晴らしい眺望のきく高台にある

天皇が愛馬「金華山」に跨がり、この眺望を楽しみ、兎狩りの一時を此処で過ごされた。
馬を携えた明治天皇も山岡鉄舟も此処に来て、同じ姿を眺めていたのであろう。

Meiten303 旧多摩聖蹟記念館の中央に飾られた明治天皇のご寵愛深く『金華山号』とそれに跨がる明治天皇の姿を拝顔する事が出来た。
明治13年から16年間御料馬として公式行事使われ、名馬の誉高い馬として知られている。
陛下の御乗馬にいつも敬礼の姿勢をとった。 万馬がいななきや突然の砲声や小銃にも驚か動かずに位置を保っているなど「頭部美しく、怜悧沈着で外物に驚かない特質」と評されている。
長寿といえる26歳で死亡し、明治天皇は大変ご悲嘆され、剥製にして主馬寮に置くよう仰せられた。この剥製は神宮外苑の聖徳記念絵画館(以下絵画館)に安置されている。

Img_689411

絵画館には何度も訪れている。長い武家政治から、維新に向かう歴史的な事実を背景に明治天皇・昭憲皇太后の主な業績が80枚の絵画で描かれている。画廊としても世界第一級の折り紙がつけられと言われ、歴史の紹介記事で何度か目にする絵の原点は此処から生れている。「大政奉還」や「江戸城開城談判」などなど生き生きとした歴史事実を今日に伝える、巨大な絵の前に思わず、吸いよせられてしまう。

そんな80枚の絵のインパクトが大変強く、「金華山」の存在は拝の中では薄かった。
しかし、色々調べるうちに、「金華山」の存在が大きくなり、どうしても、その姿を見たかった
絵画館中央の吹き抜けのホール一角にガラスケース越しに「金華山」の現姿を見ることができた。剥製と隣には骨格がそれぞれ陳列されている。
ああこれが「金華山か~」と剥製を前に、漸くたどり着いた、感慨も一入であった。旧多摩聖蹟記念館の銅像はやはり美術品で如何にも馬体が逞しく、美しく仕上がっているが、絵画館の物は馬脚も太く、短く、全体的にずんぐりしていた。

「クセなきは得がたかりけり 牧場より進めし駒の数はあれども」 
「乗る人の心をはやく知る駒は ものいうよりもあわれなりけり」 
「久しくもわが飼う駒の老いゆくが 惜しきは人に変わらざりけり」 
金華山号は、体躯はさほど大きくない。栗毛の毛艶も鮮麗とは言い難く颯爽とした風姿に乏しかったが、骨格全体のバランスは良かった。「頭部美しく、怜悧沈着で外物に驚かない特質」と評されている。明治天皇が上記の評句がある。
 

|

« 風雨にうたれた沖田総司終焉の地 | トップページ | 熱く燃えて »

09、四谷・千駄ヶ谷歴史散策」カテゴリの記事

コメント

聖徳記念絵画館って言うんですね。
私は、四年間この建物の前で、大学時代運動部で陸上トレ-ニングをやっていました。
 そして、四年間その建物の存在を知りながら、名前を知る事もなく、仲間に問う事もなく過ぎ去りました。
 一度、プロ野球のヤクルト球団の選手達に出くわした事がありました。
 今、思うと近くに野球場があるので当たり前なのですが、その時は突然の風景に驚きました。
 絵画館のホ-ムペ-ジ拝見しました。
現在、われわれが目にする幕末の有名な絵画は、ここに展示されているものなんですね。
 幕末ファンにとっての聖地とも言えるような場所ですね。
 神宮外苑とともに思い出の場所、絵画館も是非
訪問したいと思います。
 

投稿: | 2012年4月25日 (水) 08時07分

「聖徳記念絵画館前で陸上トレーニング」
懐かしい場所でしょうね
あの絵画館の前から、噴水越しに野球の練習場、更にその先が、銀杏の並木が素晴らしい慧眼ですね
あの一帯の広場で明治天皇が日露戦争の凱旋閲兵式が行われ、31、000名が集まったと言われています。
それも、80枚の絵の一つ、その姿は壮観でした。

幕末から維新にかけて、歴史事実の大パノラマ絵巻きは見ていて、飽きる事も無く、楽しめます。
是非、確かめてください

投稿: 隠れ新八 | 2012年4月26日 (木) 06時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/44999136

この記事へのトラックバック一覧です: 念願の「金華山」と逢えた:

« 風雨にうたれた沖田総司終焉の地 | トップページ | 熱く燃えて »