« 四谷・千駄ヶ谷に取りつかれ | トップページ | 東山温泉で歳三の気も »

お十夜

Image1国時代末期小田原城主北条氏康の子氏照が関東の西の守として八王子城を築いた。
大善寺は、天正13年八王子城主北条氏照の命により自身の菩提寺として讃誉牛秀上人を開山として滝山城下に創建された。

その後、城を元八王子に移し、八王子城とし、大善寺も一緒に移る。
城は山頂に本丸、ふもとで政務を行い、客を迎える御主殿、城山川を堀とした自然立地を活かした山城であった。
しかし天正18年(1590)豊臣秀吉の関東征伐で猛攻にあい、わずか1日で落城、北条方3~4000とも言われる兵が殲滅した。
八王子城が落ち、北条氏政、氏照兄弟は切腹する。
血で染まったと言われる滝壺、八王子城で討ち死にした武士の供養塔と言い、戦場の痕跡が残されている。

Img_3362 亡くなった方に対してあるいは非業の死をされた方に対して敬意を払いながら祀っていき、近郊近在の参拝者と共に八王子城落城の戦死者を弔う「お十夜」が市内の名物行事として、三百年余の歴史と伝統をもつ行事が大横町時代まで続けられた。
現在地の大谷に移ってから、50年振りと言われる「大善寺十夜大法会」が10月20日に開かれ、早速行ってみた。
大善寺は八王子駅から北に真っ直ぐ、市街地を抜け浅川大橋を渡り、緩斜面を登り緑の濃い小宮公園の一画にある。
大人も子供も家族連れで、この道で続々と詰めかける。駅から一直線、日和も良かったので3、40分程で付いてしまった。
道の途中に係員がお十夜の行きの誘導をしており、大変心強かった。

◇葵の御紋
屋根瓦始め、本堂には葵の御紋が飾られてるのは江戸時代に徳川家康公以来の幕府の保護による御朱印(領地)を承っている。大善寺は徳川家の檀家寺である増上寺をトップにした壇林(僧侶養成の場、学問所)住職の法系図に繋がっており、浄土宗の関東十八の一つとして、僧侶のみならず政財界に幾多の人材を輩出している。
このように葵の御紋が密接な繋がりを表している。

◇仁王像
仁王像は江戸時代中期に製作されたと言われている。
特に張り出した腹、胸部は力感に溢れ、鋭い眼光とも合わせ逞しく、外部からの魔物を追い払い門前役を務めていた。
昭和37年の大横町時代は山門の両脇にはこの金剛力士像が300年近く、お寺を守って居た。
色々仁王像は見たが、外部に晒されていることもあって、埃を被り金網越しに、色つやを失い、かなり風化している。
手入れもされたか、つやつやした輝いた姿を目の前で見るのは初めてで迫力があった。

Img_3326

本堂前の広場ではお十夜にちなんで賑やかにライブが開かれていた。

お十夜太鼓、講和、嘉門達夫のトークライブに大人も子供も大善寺に集まり、物凄い賑わいを見せていた。

Img_3344

荘重なお十夜の儀式をイメージしたが、まあともかく祭りの復活というところなのであろうか・・・。

講和では第三代住職を務めた呑龍(どんりゅう)上人が江戸初期に、飢餓に喘ぐ中で国の禁を犯してまでも恵まれない子供を育成し、「子育て呑龍」の住職の話しに心をうった。

大変爽やかな季節、小宮公園の深い緑、八王子の繁華街から、歩いて行ける所に豊かな自然の中の大善寺であった。

|

« 四谷・千駄ヶ谷に取りつかれ | トップページ | 東山温泉で歳三の気も »

10、八王子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/47547969

この記事へのトラックバック一覧です: お十夜:

« 四谷・千駄ヶ谷に取りつかれ | トップページ | 東山温泉で歳三の気も »