« 腰痛に思う、3人の幕末の人物 | トップページ | 波乱の薩摩藩士「益満休之助」 »

「ならぬことは、ならぬものです」

News121121_02_0111
来年の大河ドラマは「八重の桜」
白河、会津へ行った観光地では看板、旗は「八重の桜」一色であった。
東北地方を襲った東日本地震に復興も未だ癒えぬまま、観光にも影響を及ぼしていることもあって、大河ドラマにかける期待も大きいものと思える。


「八重の桜」の新聞広報で主役の八重役に腰に帯刀し銃を手にする、勇ましい戦闘姿の綾瀬はるかが眩しく目に入る。
その広報記事のトップテーマに「ならぬことは、ならぬものです」が掲げられている。
あれ、聞き覚えた言葉と思ったが、会津藩の子弟教育の日新館に行った時に、この言葉が直ぐに浮かばれた。
「ならぬことは、・・・」こんなことから生れている

◇什(じゅう)
日新館に入る前の6~9歳まで構成する「什」と言われるとなる独特の組織がある。侍の子どもたちは6歳になると、必ず町内の子どもたちのグループ・什に入らなければならない。什の集まりは毎日午後からで、当番の家に集まり話と遊びが始まる。

年長が「什長」となり自分達が決めた規則である八条からなる什の掟を、全員正座の上、「什長」から聞く。
自治的な方法であるが、「ならぬことはならぬものです」と最後の一行だけが決められのは会津らしいやり方であった。

◇違反には処罰
もし違反者がいれば罰が与えられる。軽いものは無念と言い、皆の前で「無念でありました」と言い頭を下げ、手の甲にシッペイがある。重い罪は「派切り」と言って派から除外される。

「派切り」があると「什長」の前で父兄が誤りを正したことを言って謝る。全員が総て了解された上で罪は許される。

年長者への礼儀と尊敬、同年者との友情、これを自然に身につけさせる。武士としての日新館教育の前に、自然の遊びのうちに人の道、社会人としての基本を習う。将来を背負う会津の武士になるために厳しいしつけであった。

◇什の掟
一、年長者の言う事に背いてはなりませぬ
二、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ
三、うそを言う事はなりませぬ
四、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ
五、弱いものをいじめてはなりませぬ
六、戸外で物を食べてはなりませぬ
七、戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ

「什の掟」を見るとかなり、時代のずれも感じるが、我々日常に忘れ去られ、軽視されている大事な掟が、改めて再認識させられる。
現実を振り返ると、自殺まで追い込む学校での陰湿ないじめなど、解決の目処さえたっていない。

「ならぬことはならぬものです」
100数十年前に、「什の掟」として唱え、6~9歳の幼年期に自分達でのルールを自然に守られていた。

先人達が残した貴重な伝統文化は日本の誇るべき遺産と思えるが、そんな根がことごとく崩れさっている。
「什の掟」の道徳が自然と植えつけられる素朴な手法が玉虫色に輝いて見える。
「いじめなんてめっそうもない」なんて今頃、草葉の蔭で呟いているのでは無かろうか・・・。

一方では「ならぬことはならぬものです」一徹な八重の生き方をドラマの展開で見守りたい。

関連する 会津藩校「日新館はこちらで案内しています

|

« 腰痛に思う、3人の幕末の人物 | トップページ | 波乱の薩摩藩士「益満休之助」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「八重の桜」の番宣を見て、これは篤姫以来のヒットになるのでは、と感じました。
 女性に支持される番組は視聴率も高くなるのでは、なんて素人考えですが。

 今年で、仕事からはなれて、来年からは年金生活、ご隠居さんでもやろうかな、と。

 ともあれ、健康に気をつけて、来年もよろしくお願いします。
 

投稿: 鳴門舟 | 2012年12月31日 (月) 09時18分

鳴門舟さん
何時も何時も御贔屓頂き感謝しております

昨年は会津に行き、地元ならではの「八重の桜」が既に燃え上がっていました。

砲術の山本八重からハンサムウーマン新島八重へ
その逞しく生きる八重さんに惹かれます。
今年も宜しくお願いします

投稿: 隠れ新八 | 2013年1月 2日 (水) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/48515708

この記事へのトラックバック一覧です: 「ならぬことは、ならぬものです」:

« 腰痛に思う、3人の幕末の人物 | トップページ | 波乱の薩摩藩士「益満休之助」 »