« ひのを駆けめぐる。その1 | トップページ | 近藤勇と天然理心流 »

ひのを駆けめぐる。その2 歳三を追う

          <とうかんの森>Img_02621111西の地蔵さんから始まり、有山邸で「ひのをかけめぐる」の日野地区は12時で終わり、余裕を持って昼飯であったが、1時間近くも超過してしまった。
昼食を済ませ、甲州街道口駅からモノレールに乗る。
ここから歳三モード一色に変る。

満願寺駅から日野バイパスを横断すると、遥か彼方に手を振り、群れに気づいてくれた。
今日のために京から江戸へ東下された同好を迎え、約半年振りの再会を喜び、群れの中に加わって頂く。
モノレールの配下の通りから路地に入る。住宅地の中を道は入り組み、迷路のようであるが、多摩川と浅川の合流地域で河川の氾濫の繰り返しの歴史がこのような道になってしまった。
案内と言っても、目標は住宅より遥か高い、樹木が目印で、これに向かって行けばとうかんの森にたどり着くことが出来る
この大木を通じて天から降りてくる、田んぼの神様でもあるが、その田んぼも宅地化され田んぼの姿は完全に無くなり、森とお稲荷さんが僅かに残されている。
樹木も、最近大胆に伐採され、僅かに2本が、お互いに支えられる様に残って、名ばかりの森となってしまった。
樹齢100~数100年の蓄積された遺産も宅地開発の前には無力で森が蝕まれしまった。

近くの下水処理場が歳三の生家跡である。前述の川の氾濫が歳三の家も呑み込んでしまい、現在の資料館に移築した。現在の資料館建屋の一部、梁も此処で使われた物が流用されていると言われている。
下水処理場の階段をよじ登ると、多摩川と浅川が背後にこれから向かう高幡山が俯瞰出来る。
激しい烈風の中、冷気が体を吹き抜け、寒さとの我慢比べであった。
甲州道もこの多摩川を越えなければならず、橋の無い時代は渡し舟であったが、突風で転覆30数人が溺死し、遺体の一部は川崎当たりに流れる悲劇が生れた。
江戸に繋がる重要な物流の甲州道の自然の猛威に晒されながらも、多摩川越えであった。
ようやっと文明のメスが入り橋梁である日野橋が誕生したのは大正15年になってからである。

                 <石田寺>Image1

下水処理場沿いに石田寺に行く。
石田寺は高幡山金剛寺の末寺である。金剛寺の有力な檀家の土方家は法事の扱いは金剛寺側であり、墓だけが石田寺にある。
歳三の墓「歳進院殿誠山義豊大居士」の戒名は亡くなった函館で作られ、こちらに伝えられた。
その側面の墓石に父「土方義諄」 、母「えつ」長男 「為次郎」次男 「喜六」他の墓があるが風化が進み、かなり読めなくなってしまった。
歳三の兄で粕谷家へ養子に行った「大作」(粕谷良順)の「喜六」の墓の側面の喜六を讃える碑文が僅かに読める。

「今度はとても帰れそうも無い」と生家の伝言を頼み会津に向かう。
今市で千人同心の土方勇太郎と会った話が残されている。
歳三の家の墓域から山門側の一列離れた墓域は土方勇太郎の家である。
浅川を挟んで向かい側に勇太郎の家があり天然理心流の剣術仲間であるが、戊辰戦争で宇都宮から北に向かう歳三が同郷と最後の出会いであった。
その勇太郎とは道を挟んで、二人の墓があり、「お~い」と声をかければ、直ぐ届く位置にある。

                 <高幡不動山門>102100061モノレールに乗って最後の高幡不動へ
山門へ登り、鳩の卵を投げつけた悪戯の歳三の姿を思い浮かべ。境内背後の高幡山の懐の深さを背景に近藤勇隊は山側を配備、土方隊は攻めたてる側で剣術の合戦が繰り広げられた。治略に富む歳三が制したと言われている。
奥深い高幡山、慶応4年3月、勝沼で甲陽鎮撫隊を敗った新政府軍が日野へ乗り込み、既に賊軍とされた関係場所に捜索の手が入る。後難を恐れ既に歳三の家族は高幡山に身を潜め、時の経過を待った。 

16時で閉る大日堂へ、僅か10数分間であるが、駆け込み一回り。手を叩くと「パーン」と天井からエコーが返ってくる唸り龍天井。色鮮やかな左甚五郎作鳥追いの鷹。土方歳三、近藤勇、井上源三郎、沖田総司の新選組の位牌や戊辰東軍殉難者霊位の位牌などなど幕府を支える金剛寺の姿が鮮明に浮かび上がってくる。

                 「殉節両雄の碑」Img05311

どうしても見て欲しかったのがこの「殉節両雄の碑」である。新政府は賊軍の懲罰は溶けなかった時代に勇と歳三を讃える碑などはとても許せなかった。

明治7年に申請し14年もかかって漸く建立された戊辰の怨念が歴史の重さを物語る。15代将軍慶喜の為に身を注いだ二人の思いをもあって篆額は慶喜に頼んだが、ただただ涙するだけで、結局 元京都守護職 「松平容保」が替わって書いた。
「碑文」は 小野路村の「小島為政」が起草。「撰文」は 仙台の儒学者で砲術家「大槻盤渓」。
「碑文を書いた」のは旧幕府の侍医「松本良順」とそうそうたる人物が関わっている。
この両雄の碑と歳三像の前から、新選組まつりの行進パレードが此処から出発する。

以上で「ひのをかけめぐる」はここで無事に終わった。日野地区は甲州道の往来もあって幕末を賑わす大勢の登場人物であった。一方高幡地区は歳三、一色で塗りつぶされ、歳三色の濃い場所である。両地域を廻り、新選組の隊士をはじめ、徳川の天領として色濃く残す、歴史を一緒に確かめあった、楽しい一時であった。
高幡で反省会を実施、幕末談義に花を咲かせ散会した。ご苦労さんでした。   

|

« ひのを駆けめぐる。その1 | トップページ | 近藤勇と天然理心流 »

03、幕末日野」カテゴリの記事

コメント

先日は大変お世話になりました。日記を読ませて頂き、当日聞き逃していたこと、見逃したことなどを反芻しました。沖田総司の位牌・・・見事に見逃していました。また個人で訪れて確認したいと思います。当日は寒い中、また喉の調子が悪い中、どうもありがとうございました。

投稿: あおさわ | 2013年2月22日 (金) 20時27分

天気に恵まれた日野歩きでした
ブログにアップして、漸く皆さんと一緒に歩いた歴史旅に、一先ず終了の区切りを付けました。
後半、風が吹きまくり、「とうかんの森」「歳三生家跡」当たりは寒かったですね。
高幡不動で全身を線香の煙を浴びましたが、喉はやられ、声も出せない、状態に恥をかいてしまいました。
でも、とても楽しい歴史巡りでした。

大日堂は閉館間際で慌ただしかった見学ですね
時間の都合で入れなかった、奥殿も新選組関連の展示で一杯です。是非見てくださいね

投稿: 隠れ新八 | 2013年2月23日 (土) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/49494790

この記事へのトラックバック一覧です: ひのを駆けめぐる。その2 歳三を追う:

« ひのを駆けめぐる。その1 | トップページ | 近藤勇と天然理心流 »