« 武州多摩郡出身の攘夷志士「真田範之介」 | トップページ | 天然理心流の聖地「桂福寺」 »

お江戸ぶらり旅、千駄ヶ谷~お茶の水

Img_10141 当ブログでも案内したが、その日を迎えた
差程暑くなく、格好の外歩きの日であった。
何時ものメンバーとも併せ、ひの広報で呼びかけ、予め予約された方や直接来られた方など10数人の集りであった。

◇紀州徳川家下屋敷
千駄ヶ谷駅前から出発、右手に津田塾大、左手に室内体育館があり、駅前の道は鳩森神社に繋がる。
江戸城を追われた13代将軍御台所の「天璋院」篤姫は14代将軍家茂の生母「実成院」らと一緒に移ってくる。
かっては大奥に仕えた3000人余りの女中衆はそれぞれの道を歩み、此処には僅かな付き人を伴いやってきた。
大奥を新政府に明け渡し、一橋家、築地の一橋下屋敷、青山の紀州邸、戸山邸、赤坂溜池の旧相良邸など転々とし、明治10年(1887)に当地にたどり着いた。
屋敷の北端は千駄ヶ谷駅の南側の線路沿いから、西側は現在の明治通り付近、南端は原宿駅付近、東側は現在の室内体育館付近で、間に人家を囲い込んだ飛び地を含め、約10万坪を擁する長方形の広大な土地であった。

Img_5036111 津田塾大背後の樹木の茂みは当時の面影を残すもので旧邸と言われ場所で、篤姫が晩年ここで暮らしていた。
篤姫没後、道を挟んで反対側の体育館側には手狭な旧邸から新邸が建てられ、一度焼たが再建され、建物は戦後まであったが、一掃され、体育館が建っている。
徳川宗家は維新後慶喜から家達に変り、天璋院は嫁となる公家の泰子(ひろこ)とも併せ養育するなど、徳川家の武家のしきたりを守った。
薩摩女の血流を持ちながら、徳川家として和宮と共に戦い抜いた。豪華絢爛の大奥の世界から、質素な世界へ。
宗家として漸く落ち着き先が見つかったものの、篤姫は明治16年(1883)幕末時の波瀾に満ちた生涯を48歳で此処で閉じる。
「家達の跡取りが生れたら、島津家から嫁をもらうように」と遺言を残しているが、家正の誕生を見る前に亡くなっている。(家正の誕生は明治17年)
徳川宗家は新邸に移り家達の時代に一般家庭から離れた、華族としての特殊世界が戦中まで続けられた。

◇試衛館道場跡
目の前の都営地下鉄大江戸線・牛込柳町に向かい試衛館道場跡へ
柳町病院と住宅地の一画に碑が立ち、僅かにその跡が確かめられる。
天保10年(1839) 市谷(柳町)に天然理心流の試衛館道場を作った。
文久元年(1861)近藤勇、府中六所宮で天然理心流四代目襲名披露試合宗家四代目を継ぐ。
試衛館道場を拠点に入門者が生れ、多摩郡の富裕な豪農層に出稽古で門弟を増やし、基盤が生れる。
浪士組として幕府の、将軍援護のため上洛し 会津藩の配下で壬生浪士組から新選組の組織が誕生し治安維持に活躍し、天然理心流の名を天下に広める。
戊辰戦役ではラスト侍とまで言われ、旧幕府軍として戦い散っていった。
勇始め沖田総司、山南敬介、永倉新八、藤堂平助、等々試衛館道場の門弟らが激しく稽古に励む、音、息づかいがこの辺りで、響きわたったのであろうか・・・。
新選組はテロが横行する京の街に、治安維持で池田屋事件で、華々しい成果があった、
時代が変わり、薩長主体の新政府が生れると、それが逆恨みとなり賊軍とされた。
維新を迎え、明治政府から、天然理心流は賊軍の武術として、見せない、教えないの、しばりが付けられ、一時水面下に潜ったが、最近、あちこちで復活の声が上がった。

◇明治大学博物館・昌平坂学問所

Yusima101都営地下鉄大江戸線からJR中央線に乗換お茶の水へ
お茶の水は学問所が生れ、そのまま学生の街に繋がっている。参加されたお二人が某M大、某中大のOBで多感な青春をここで過ごし、庭先の様な場所で、道案内には事欠かなかった。
博物館では「江戸の捕者」「牢間と捌き」「江戸の捕者具」、日本や諸外国の拷問・処刑具など、書物で想像する世界が、目の前に陳列され、見るもの総てが際立った。
よくぞ此処まで集められたか、怖い、恐ろしい暗い展示場に不気味さが漂う世界であった。
館内の一画から流される「白雲靡く、駿河台♪♪・・・♪」当然体にしみ込んでいるだろうからと、そのOB氏に斉唱をお願いしたが、場違いと、尻込みされてしまった。

神田川を越え、昌平坂へ向かう。
寛政9年(1797)幕府は「昌平坂学問所」(昌平黌ともいう)を開いた。
江戸時代の武家は、近世社会の支配者であり、指導者としての地位を保つため文武の教養をつむ。
藩士の中から俊秀を選んでここに留学させた藩も多かった。昨年、行った会津の日新館も藩校の一つで、此処に留学させている。
その意味で、昌平坂学問所は最高学府であるとともに、藩校の教員養成の機能。
孔子はその教え「儒教」は東洋の人々に大きな影響を与えた。その教え「儒学」に維新まで70年間続き、江戸時代の官立の大学として役割を果たした。
庄内藩郷士清川八郎、長州藩高杉晋作など著名な人物も此処が教育のステータスとして憧れの場所であった。
昌平黌から更に三社祭の熱気が残る、神田明神に寄り、広い境内の一画で散会した。
たっぷりと見どころ満載の江戸の旅は其処で無事に終わり、道案内人の重い役回りは解けた。

|

« 武州多摩郡出身の攘夷志士「真田範之介」 | トップページ | 天然理心流の聖地「桂福寺」 »

09、四谷・千駄ヶ谷歴史散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/51786539

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸ぶらり旅、千駄ヶ谷~お茶の水:

« 武州多摩郡出身の攘夷志士「真田範之介」 | トップページ | 天然理心流の聖地「桂福寺」 »