« 天然理心流の聖地「桂福寺」 | トップページ | 「新選組縁の八王子駆けめぐる、その2」 »

「新選組縁の八王子駆けめぐる、その1」

新選組は土方歳三・井上源三郎の誕生した日野市で、毎年祭りまで行われ、新選組ふるさととして、フアンの熱い目が注がれている。
しかし、新選組は、日野市に隣接する八王子市は日野より遥か面積が広く、此処から生まれ散っていった隊士達が多数いる。
一方では浪士組から新選組 としてテロリストで荒れる京の街に、活躍した背景は、天然理心流彼等の剣術であった。
開祖は薬研堀であるが、出稽古により門弟を増やした実質的な拠点は此処八王子の戸吹からである。

新選組の縁の地としてフアンなら一度は訪れたい場所を追ってみた。
①戸吹町桂福寺

Keifukuji02 八王子icの左入からサーマーランドに抜ける滝山街道と、高尾からの高尾街道が交差する場所が戸吹の交差点で、その近くに桂福寺がある。
豊臣に落ちた武田の落ち武者が、多数移り住み、武田の武士集団を祖としている家が多い。
幕府はこの熱き武田の集団を八王子千人同心として徳川の扶持を与え、八王子宿の防衛や徳川の菩提寺の日光勤番など、幕府崩壊まで幕府を支えた。

戸吹からも千人同心になったものも多く、名主の家でも、稽古場が生れ、天然理心流が同地で流行ったのも頷ける。
天然理心流の始祖は近藤内蔵之助であるが、江戸の薬研堀の道場から、出稽古で戸吹に門下を増やした。
武田の血を引く、代々名主の坂本家の三助は、近藤三助を名乗り、天然理心流宗家の二代目を継いでいる。
桂福寺には「剣聖光武神」と大書された看板のある祠があり、天然理心流開祖の近藤内蔵之助と二代目宗家の近藤三助の墓が仲良く並んでいる。

Keifukuji32
天然理心流宗家四代目の近藤勇は、新選組として京の街に治安維持での活躍で、天然理心流の名をあれだけ広めた。

戊辰役では幕府配下ので戦ったが、勇は捕まり板橋で処刑され、三条河原で首が晒された。それを知った戸吹の坂本家は官軍からの追求を避ける為に開祖と二代目の墓石も砕き隠してしまった。
時が経ち、昭和を迎え掘り起こされ、繋ぎ合わせた墓石が再び、表に出た。痛々しい墓石に歴史の重みをみることが出来る。

②観栖寺

Hatioji34陣馬街道をどんどん西へ下り、家並みも疎らな西寺方町に行き、中島登が誕生の地碑を見る。
八王子が生んだ新選組隊士の、中島登は土方歳三らと一緒に函館まで戦い、生き残った一人である。
絵心を持ち、函館戦争で虜囚の身となり、拘留中に仲間の一人一人の功績や戦死者に対する慰霊のため武者絵姿に描き、当事者が新選組を今日に伝える異色の隊士である。戊辰戦争の最前線で修羅場を潜り抜け、故郷で錦を飾るはずであるが、千人同心時代に人を斬り、出奔し、妻子とも別れ新選組に入った。
そんな背景から、故郷の武州多摩郡小田野(現八王子市西寺方町)に帰らず、浜松で銃砲店を開き第二の人生を送っている。
近くの観栖寺には中島の実家の墓である

千人同心から離れて暫く、身を隠すことに注がれ、新選組に入り、行方知れずの登は、妻子や故郷からも離れ、覚悟の上で当地には戻って来なかった。登は函館戦争で虜囚の身となり、釈放後は,戦友の勧めもあって、浜松に生活の場を求め、没後の亡骸も浜松に葬られ故郷に帰らなかった。
浜松に行き、銃砲火薬店で、登の遺志を継いだ末裔の方にお会いし、色々話を伺ったが、後を継ぐ方が、居ないのか、残念ながらそのお店も閉じられてしまった。

以下、このあと、追分、千人同心へ、記事は一端、ここで中終いとする。次回「新選組縁の八王子駆けめぐる、その2」に続く

旅の詳細はこちらで紹介しています。ご参照下さい
ようこそ幕末の世界へ

 


|

« 天然理心流の聖地「桂福寺」 | トップページ | 「新選組縁の八王子駆けめぐる、その2」 »

10、八王子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/52153179

この記事へのトラックバック一覧です: 「新選組縁の八王子駆けめぐる、その1」:

« 天然理心流の聖地「桂福寺」 | トップページ | 「新選組縁の八王子駆けめぐる、その2」 »