« 「八重の桜」千本木牧場 | トップページ | 「石田」は多摩川と浅川の合流点、豊かな恵みと洪水の歴史 »

歳三の気を貰い戦った「日野高校」

甲子園の地方予選、西東京大会の決勝が終わり、日大三高が優勝し、都立日野が惜しくも準優勝になった。
群雄割拠する参加校の中、恵まれた環境の名門私立校に伍して、見劣りする都立校が決勝まで残ったのは快挙である。神宮球場が立ち見迄出る満員盛況振りはどうしても弱いものの味方、期待感の現れである。

その日野校は土方歳三の墓がある、石田寺の直ぐ隣である。
部員達の精神力は、隣接する歳三の意気がかかり引っ張り出している結果だと、思ったりしている。

これも、同地ならではの郷土愛となって、他校にない歳三の大事な遺産である。
同校は浅川と多摩川の合流位置の浅川岸にあり、かっての歳三の生家も流され、歴史的にも良く出水する場所で、市の中心部から外れた場所にある。
野球部はサッカー部と練習場が併用されるなど、他の都立校同様、脆弱な環境の中で監督の指導の元、鍛え抜かれ、年々強化された。今年は予選から準決勝まで、過去に甲子園に出場した名門私立校をも撃破して、遂に決勝まで進出した。
決勝では甲子園の常連校であり、野球漬けの環境の中、全国レベルの人材を要する日大三高に当たってしまった。遥か高いレベルにある事を見せつけられ、これまで勝ち抜いてきた日野高野球をさせて貰えなかった。

                        <石田寺 >

Yuutarou41 歳三はの日野高付近の豪農で育ち、天然理心流の剣術を身につけ、激動期に武士の世界に入り、折しも崩壊しかかる徳川幕府を支えた。京都の治安維持で活躍する新選組として功績を残し、会津藩下で幕府の軍事を担う。

倒幕の嵐の中、幕府配下で新政府軍と戦い、劣勢な幕府配下で鳥羽伏見、甲州勝沼で破れ、流山で歳三と無二の親友、近藤勇を失う。
宇都宮城を攻略後、会津若松城に向かうが落城し、榎本武揚の幕府の艦隊で蝦夷に向かう。
五稜郭を占領し、函館、松前を奪取し、歳三は函館政府陸軍奉行並となった。しかし、圧倒的な数と近代的な装備の新政府軍の前に破れ、旧幕府軍は降伏し、歳三は明治2年5月に函館の一本木関門で戦死する。

歳三は当時の混沌たる世の中、剣術の道を学び、士分に取り立てることの願いは叶えられたが、短い生涯であった。
歳三の墓は他にも散在する引き墓として石田寺にある。

勇と歳三を讃える殉節両雄之碑は高幡不動に建っている。
撰文した大槻磐渓(ばんけい)は以下の様に感慨を述べている
武士の激しい気概と節操を身につけ、自分の進 むべき道と死に場所を確かりと見極めている者は一度前へ向かって進めばその信念を枉(ま)げるような事はしないものである。
剣術を野球術に置き換え、隣に歳三がきっと応援してくれるであろう。

RCサクセションの「雨あがりの夜空に」の替え歌は同校の応援歌で力になっている。
同校OB忌野清志郎も天国から応援に、かけつけ、魂が乗り移り、後輩の選手達のパワーになっている。

歳三、日野高校、忌野清志郎、変わった取り合わせではあるが、これも"郷土愛"なのだろうか・・・。

|

« 「八重の桜」千本木牧場 | トップページ | 「石田」は多摩川と浅川の合流点、豊かな恵みと洪水の歴史 »

03、幕末日野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/52659826

この記事へのトラックバック一覧です: 歳三の気を貰い戦った「日野高校」:

« 「八重の桜」千本木牧場 | トップページ | 「石田」は多摩川と浅川の合流点、豊かな恵みと洪水の歴史 »