« 京都弾丸ツアー | トップページ | かく戦えり、「真田一族」 その二 »

かく戦えり、「真田一族」 その一

大河ドラマ「軍師勘兵衛」も何れ、関が原の戦いに山場を迎えるが、歴史旅で信州の上田、松代へ行った折りに天下取りに真田家が武将として同地方にどっかりと居すわっていた。その真田家を代表するヒーロの「真田昌幸」とその家族が皮肉にも関が原の戦いに東軍、西軍に分かれそれぞれ参加し、その結果が行く末に大きく影響した。

徳川との戦いに2度も制覇した真田家は関が原の戦い以降の顛末について、実にドラマッチクであり大変、興味を引いた。
ドラマで何処まで紹介されるか、判らないが、真田の上田と松代にまたがる、その顛末を整理してみた。

◇乱世に独立を図った真田
「真田昌幸」は「武田信玄」に属し「信玄」の卓越した陣法と民政を身に付けた一人であったといわれている。

信玄の子勝頼が「織田信長」によって滅ぼされてしまう。、その「信長」は本能寺で非業に死ぬと、武田の信州旧領は無主の国となり東海の徳川家康と小田原の北条がそれぞれ草刈り場のように兵を入れてきた。そんな背景の中、「昌幸」は千曲川流域に独立国を作ろうとした。「六文銭」「六連銭」の旗印が有効になったのはこの時からと言われている。
             <「六文銭」の幟が旗向く、背後は上田城跡>

Img_82441
◇徳川襲来から守った上田城
天正11年(1583)「真田幸村」の父「昌幸」が上田城を築城した。当初から天守閣を持たない平城で現在は3つの隅櫓(すみやぐら)と石垣が本丸堀が残っている。石垣も少なく要塞兼備とは言えないが、周囲の河川や城下町を含めた全体が極めて秀れた構造で、圧倒的数の多い徳川軍を2度も追い払った戦国の名城である。

1)最初の戦勝
天正13年(1854)武田氏滅亡直後、「徳川家康」は「昌幸」に対し武田の旧領の沼田領の明け渡しを迫ったが父祖伝来の土地として断った。徳川軍は上田城で、矢玉を浴びせられ、神川まで敗走したが、複雑な城下町にも伏兵や罠が仕掛けられ、、増水した神川に流され多くの将兵が死亡した。攻め寄せた7千の徳川勢に対して2千の真田勢は巧妙な戦術で真田の死者40名余りに対し徳川方は1千数百名を出す大敗となった。

2)2回目の戦勝
慶長5年(1600)「徳川秀忠」率いる徳川本隊3万8千を中山道、それ以外を東海道に分けて西上し関が原の合戦に向かう途中再び、上田へ押し寄せた。
徳川の大軍を迎え討った真田勢は僅か2千5百ほどで「昌幸」は虚空蔵山(こくぞうさん)に伏兵を置いて「秀忠」本陣を急襲上田城の城兵が討って出て徳川軍は大混乱に陥った。「秀忠」は上田城攻略を諦め、抑えの将兵だけを残して中山道を西上したが木曽路の行軍に手間取り、関ヶ原合戦に遅参すると言う大きな失態を残した。

         <押し寄せる徳川方を2度も跳ね返した上田城跡>

Img_82451
◇関が原の戦いで破れ、徳川配下に立場が逆転
父「昌幸」の妻は石田三成の妻と姉妹)と弟の信繁(妻が三成配下の武将大谷吉継の娘)は三成らの西軍に付いたのに対し、長男の信幸後の「昌幸」(徳川家康の養女を妻)は家康の東軍に参加し、親子が敵味方になり、徳川秀忠軍に属して上田城攻め(第二次上田合戦)に参加する。戦いの前に父の説得に赴いたが、結局失敗に終わったとされる。
関が原の戦いで「三成」が東軍に破れ、徳川の天下となる。
敵味方に分かれた真田家は豊臣方であった「昌幸」と子の「幸村」は紀州・高野山麓の九度山(くどやま)に流された。

「信之」は元和8年(1622年)10月、信濃国松代藩に加増移封され、13万石(沼田3万石は継承)の所領を得る。
関ヶ原の合戦にて、東軍が勝ったため、真田に散々痛めつけられ、遺恨のあった上田城は徳川軍に徹底的に破却され堀も埋められた。

<その二>に続く

|

« 京都弾丸ツアー | トップページ | かく戦えり、「真田一族」 その二 »

23、戦国史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/57204368

この記事へのトラックバック一覧です: かく戦えり、「真田一族」 その一:

« 京都弾丸ツアー | トップページ | かく戦えり、「真田一族」 その二 »