« 玉川上水の偉業を伝えた「殉節両雄之碑」 | トップページ | 鉄道遺産と勝沼戦争 »

井伊直弼の青春期を過ごした「埋木舎」

35万石の城下、江州彦根で井伊直弼の青春期に過ごした空間を訪ねてみた。
紹介する前提となる直弼が関わった事件を整理してみる。

◇「安政の大獄」
ペリー来航で開国を迫り、強力な武力を背景に、威嚇砲撃で江戸市民始め、国内を恐怖に陥れた。開国か攘夷か騒然たる世論の波に幕府の基盤も揺るぎだした。
安政5年(1858)4月、大老になった直弼は大老の職権のもと紀伊慶福を将軍経嗣と定め、一橋慶喜を押す水戸成彬らと激しい対立する。さらに勅許も持たずに独断でアメリカと修好条約を結んでしまう。
これに反発し、「直弼専横」を叫ぶ非難の声が渦巻き水戸藩など尊攘派志士を煽り立て、京では反幕運動が起こる。
幕府の体制維持のために、直弼は大老としての使命感から力で弾圧し、切腹、死罪、獄門など極刑は8人にわたり、連座する者女子供含め100余人もの大量処刑が行われ「安政の大獄」と言われている。以来、直弼は、執行した幕閣としてダーテイなイメージを背負いこんでしまった。
◇「桜田門外の変」
安政7年(1860)3月、大雪の中、行列が桜田門にさしかかったおり、水戸主体の浪士の集団が襲撃し、大老井伊直弼の首が落とされた。
当該ホームページで  桜田門外の変   を紹介している。

明治維新後も横浜開港の功績から、直弼の銅像が建てられたが、安政の大獄の犠牲者の吉田松陰を信奉する人物の怨念から、銅像の首を落された。
当該ホームページで  横浜開港と攘夷活動 を紹介している。

□青春期を過ごした「埋木舎」
<大久保家は彦根初代藩主井伊直政以来井伊家を側近として維新まで支え、維新後「埋木舎」は井伊家から大久保家に贈与された>

Img_567311
直弼は文化12年(1815)、彦根城11代藩主直中の14男として誕生する。両親を失い、17歳で300俵の捨扶持(すてぶち)で城下の屋敷の部屋住みに入る。『世の中をよそに見つつも 埋もれ木の埋もれておらむ 心なき身は』世に出ることなく、埋もれ木のように扶持果てる己の運命に託して、この住まいを「埋木舎」と名付けている。
14男と言う重い宿命にとても藩主の見込みはなく、養子も、持参金持ちなら未だしも、そんな資産もなく、不成功で終わってしまう。悶々と一生埋もれてしまうのであろうかと言う正直な気持ちでの「埋木舎」とも思える。
しかし、直弼は彦根の清涼寺で座禅を続けるかたわら、茶道・和歌・能・謡曲は達人の域に国学・書・陶芸の他剣道・柔術・馬術・弓術など文武両道の修練を一日僅か4時間の睡眠で励んだ。
直弼は幕閣としての重要なポストである大老職は横死するまで僅か2年余りであった。抜擢されまで、直弼の人格形成に15年間、幅広く、研鑽し励んでいる。
      <直弼の人間形成に重要な役割を果たした空間>

Image31111
◇茶道
     <一期(一生)に一度だけしかない出会いを大切にしようとする茶の湯の名言が井伊直弼の「茶湯一会集」から生まれている>

Image21111

茶道は埋木舎に茶室を建て茶の湯の研鑽を続けに「入門記」を著し、自ら学んだ見識から石州流の一派を宣言する。生涯における直弼の茶名は「宗顔」とも「無根水」とも号す。
46年の生涯でもっとも愛したのは茶の湯で当代随一の人物共言われている
既に非業の最期を予見したのか戒名まで準備しており、本人の意志として、この茶名「宗顔」が使われているところに拘りをもっている。

◇居合術
居合術は「新心新流」を創設し「勝を保つためには滅多に刀を抜いてはならぬ」いって「保剣」としている。こうした武術の備えながら「桜田門外の変」では駕籠の中で、最早これまでと、自分の死を予見していたように、討たれている。

□何故このような執行に駆り立てられたのであろうか
埋木舎時代に文武両道、茶道・和歌・能・謡曲は達人の域に達した人物が、暴挙とも思える行動に駆り立てられた のであろうか。
直弼は中でも茶を愛し、研鑽続け、お茶を通じて、誰の話でも聞けると言う「一期一会」を残している。しかし、いざ大老という要職に付いたときに取り巻きに優秀なブレーンが居らず、独断先行で走った。大老として、政治的な修養はないまま、いきなり政治的な表舞台に立たされこうした結果が生まれたのではなかろうか・・・。
個人的な修養はあっても、必ずしも政治的力量に繋がらないのは現代でも、同じで、民意を裏切られる。

|

« 玉川上水の偉業を伝えた「殉節両雄之碑」 | トップページ | 鉄道遺産と勝沼戦争 »

22、井伊直弼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/57744067

この記事へのトラックバック一覧です: 井伊直弼の青春期を過ごした「埋木舎」:

« 玉川上水の偉業を伝えた「殉節両雄之碑」 | トップページ | 鉄道遺産と勝沼戦争 »