« 鉄道遺産と勝沼戦争 | トップページ | 日野宿の幕末、演劇公演に熱くなる »

「壺伊勢屋事件」で犠牲となった日野剣士「山崎兼助」

壺伊勢屋事件」で犠牲となった日野剣士「山崎兼助」の幻の墓石が見つかった
これまでのブログ記事を含め追ってみた。
◇2011年4月29日のブログ記事
大捕り物騒動、「壺伊勢屋事件」
大政奉還後、益々勢いを得た薩長はその矛先を倒幕に向けて動き出す。
西郷隆盛は「江戸の薩摩屋敷を根城に薩摩浪士隊は江戸の周辺地で騒動を起こして幕府勢力の分散化を図り、京都方面での討幕派の計画を支援し援護する。幕府を挑発して討幕の口実を得る」と言う事であった。
薩摩藩江戸屋敷で益満休之助を中心に、各地から脱藩浪士を集め幕府の関東地を動乱に陥れるべく画策していた。
上田務以下同志4人が甲府城を乗っ取る心つもりで三田の薩摩藩邸を出立し、甲州街道を甲府に向かう。一行浪人が上布田で宿泊後、八王子宿に入り、妓楼「柳瀬屋」と「壺伊勢屋」に入宿する。
浪士を取り押さえる幕府側は人数を二手に分け、壺伊勢屋は日野勢がそれぞれ担当する手筈を決めた。
「壺伊勢屋」の浪士等は最初に起きた「柳瀬屋」での銃砲音の夜討に気づき、壁際に身を潜め身構えた。
日野勢は「山崎兼助」「馬場市次郎」を先頭に立ち、階段を駆け上がるところ、6連発の短筒で一斉射撃し、最初に踏み込んだ「馬場市次郎」は浪士の短筒に討たれてあえなく即死する。
日野剣士の「山崎兼助」は背中を討たれる重傷を負い、事件の翌々日亡くなってしまう。

◇2009年12月17日のブログ記事

            <山崎兼助が住んでいた佐藤家長屋>

Tuboiseya207

どうだんつつじ」と「壺伊勢屋事件」
亡くなった一人「山崎兼助」は佐藤家の長屋に住み、「馬場市次郎」とも一緒に「大昌寺」に埋葬された。
「市次郎」は馬場家の墓にあり、墓誌に生々しい事件当日の日にちが、読み取れる。
一方「兼助」の墓石は梅の樹の近くに埋葬されたと言われているが、その所在は判らなかった。
一緒に住んでいた家族は居なくなってしまい、無縁になってしまった。

◇2014年5月の発見
◇兼助に関わるこれまで
「山崎兼助」は「先誉勇進信士」の法名の墓石で大昌寺の梅の樹の近くに丁重に葬られた。。
「兼助」には当時6歳位の女児と妻が居たが、その後、行方不明となり、「佐藤彦五郎」家と「馬場」家で墓参を続けて、いたようであった。
「聞き書き新選組」ではそのような表記がされているが、はてさて、その広い敷地の中で、僅かに残された梅の樹と戒名から見つけ出す事は出来なかった。

◇兼助の墓との出会い
歴史好きが集まり、幕末史を追う会が行われており、会員の一人が兼助の末裔であった。
御高齢ともあって、名を留める程度の会員であったが、ある日、兼助のことを、ぽつりと語られ、毎年墓参されている事実を伺い、大変驚いた。
兼助が壺伊勢屋事件で亡くなり、大昌寺で埋葬され立派な墓石も立てられた 。しかし縁者も判らないまま、無縁に近い状態に なってしまった。兼助の縁者が墓石を見付け、運び出し住職の了解のもと、大昌寺から流泉寺に安置された。
縁者の先祖探しの想いが、通じて、兼助が手招きして、招き、漸く先祖帰りが叶ったのでは なかろうか。
早速、兼助と一緒に戦い最も関わりの深い佐藤彦五郎末裔の資料館館長佐藤福子様に報告した。
こうして、山﨑の縁者と、福子館長と会の有志で山﨑家の墓参りをすることが出来た。
命日は明治元年12月28日とされ、浪士襲撃の三日後に亡くなっている。
山﨑の縁者から 兼助没後、後家となった「かめ」は行方知れずとされたが、引田の宮川家に再婚されている事実も判った。これで長年来積もり積もった、ことが吹っ切れた。
◇ 辿り着いた兼助の墓

Tuboiseya3a031
墓石は欠損もなく、表面に斑文もなく、明治元年(1868)以来の風化も少なく、戒名もしっかり、残されていた。「先譽勇進信士」は浪士捕縛に壺伊勢屋に真っ先に飛び込み、散っていった兼助の心生きを見るようであった。
墓石を前に特攻隊のような一縷な姿を思い浮かべながら、晴れて実家で安らかに眠る仏様に手を合わせた。合掌
流泉寺は江戸時代初期の新田 開発に来た人たちの菩提寺として、慶安3年(1650年)に建立された由緒ある寺である。兼助の実家、山﨑家の菩提寺である。
◇山﨑家の家紋は「寝笹」

          <寝笹家紋>

Tuboiseya3a05_2           <下がり藤家紋」>Tuboiseya3a06







山﨑家の家紋は「寝笹」であるが、何故か兼助の墓石は「下がり藤」になっている。
推測ではあるが、兼助が亡くなった時に佐藤彦五郎と関係者の手によって法要が進められた。関係者の手で墓石も建立されたが、家紋が判らなかったが、「下がり藤」が付けられた。
何故「下がり藤」か素朴な疑問から当時一緒に活躍した日野の剣士の墓で 「下がり藤」
と関係するのではと、市内の墓地で、くまなく探し求めた。
その結果、探し当てたのが大昌寺で玉川居)祐翁こと中村太郎吉の中村家が「下がり藤」であった。中村太郎吉は武州一揆の打払い、この壺伊勢屋事件にも参加した一人で、兼助とも行動を共にした仲間である。仲間の殉死に、立派な墓石の建立に一役買ったものと推測する。何故「下がり藤」を付けたかは太郎吉に聞けば、判るであろう。

詳細は「ようこそ幕末の世界へ」 参照ください

|

« 鉄道遺産と勝沼戦争 | トップページ | 日野宿の幕末、演劇公演に熱くなる »

04、佐藤彦五郎・日野宿本陣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/58015172

この記事へのトラックバック一覧です: 「壺伊勢屋事件」で犠牲となった日野剣士「山崎兼助」:

« 鉄道遺産と勝沼戦争 | トップページ | 日野宿の幕末、演劇公演に熱くなる »