« 新選組を支えた典医「松本良順」 | トップページ | 勝沼で戦った幕兵がキリストの世界へ »

島原の角屋と新選組

            <島原の角屋、現在は文化美術館とて公開>

Simabara01_2昨年(2014年)京の弾丸ツアーで印象的な一つが島原の角屋であった。新選組と角屋を触れてみた。
歌舞音曲の遊宴の町を称して花街と言うそうであるが、豊臣秀吉の頃から古き歴史を持っていたが、その居住まいとして、御所に近いとか、風紀を乱すなどから転々の繰り返しで、あった。寛永18年(1641)現在地の島原(京都市下京区)に落ち着いた。
京の島原にその花街に代表する揚屋(料亭)が「角屋」であった。
各藩の武家屋敷の大宴会を「角屋」他の揚屋が担ったが、幕末になると「角屋」勤皇派の久坂玄端、西郷隆盛坂本龍馬など密議に使われ、一方では新選組も使われ、変転する幕末の舞台になっている。
明治維新以降は大型宴会の需要もなくなり、土地の足場の悪さもあって、島原の街全体の灯が消えかかり、かっての隆盛を極めた役割は終えた。
「角屋」は揚屋を止め、昭和60年までお茶屋業で細々と宴会業務を行っていた。唯一「輪違屋」だけがお茶屋業で、営業を続けている

        <輪違屋>

Simabara501

◇芹沢鴨 の暴挙
この時期に水口藩の公用方が会津藩邸に壬生浪士の乱暴狼藉の取り締まりを申し入れる。怒り狂った芹沢は公用方の召し捕り屯所連行を隊士に命令するが、詫び状を書いて収めた。
一浪士に出した詫び状は外部に知れたら大変な事になり、島原の角屋で浪士一同を招き、酒宴を開き、何とか詫び状を回収した。遍く暴挙と越し引けた公用方であった。
酒宴の席で座敷に芸者ばかり、仲居が居ない事に腹を立て鉄扇で瀬戸物、膳、更に厨房の食器まで破壊の限りを尽くし、挙げ句の果て7日間の営業停止を申しつけ、立ち去った。
留まることのない暴挙に会津藩も芹沢一派の処分を命じた

新選組隊士は総出で島原の角屋に繰り込み、宴会を開き、夜もふけるころ、泥酩状態、芹沢は腹心の平山五郎平間重助と共に駕籠で八木邸に戻る。芹沢に芹沢に手込めされ情婦にされてしまったお梅が、平山には桔梗屋の小栄、平間には輪違屋の糸里待っていた。三人はそれぞれの女と寝入った。
土方歳三以下が踏み込み、芹沢は太刀を浴びせ絶命、お梅も首を斬られ、平山も首を落され、何人かは逃げた。
芹沢らの死は表面上「病死」、隊内には長州浪士の闇討ちとして処理された。

◇歳三のモテ自慢
文久3年(1863)11月「同郷の松本捨助の入隊に壬生まで訪れたが帰郷させた」と小野路の小島鹿之助に手紙を送った。追伸にモテ振りをさらし、島原では花君太夫、祇園では芸者三人、北野では君菊、小楽という舞妓さらに大阪の新町で若鶴太夫ほか、北の新地では多すぎて書ききれないと、述べ「報国の心を忘る婦人かな」と結んでいる。

◇伊東甲子太郎、新選組離脱の同道者を画策
慶応3年正月伊東甲子太郎は自らの腹心と永倉新八、斉藤一を誘って島原の角屋に登楼する。元日は遊廓が休みで、酒だけを準備させ、アヒルを持参した。新選組相手に酒だけでは済まないと芸者を呼んでもてなし、20人程の隊士も押し寄せ大宴会になったが、日が暮れ殆ど帰隊し、伊東、永倉、斉藤の3人となる。
公然とした隊規破りに本来、切腹と決まっていたが、謹慎処分となった。伊東は新選組から離れ斉藤、永倉に同道したい旨のサインを送ったものであろうと、歳三も気づいていた。この謹慎期間に斉藤は新選組を離れ伊東の元へ走り、内偵の密約を負わされた。
御陵衛士は薩摩に接近し、実績を求められ、近藤の殺害計画を立てることを、内偵した斉藤が発覚した。
歳三はこの情報を聞き、激怒し伊東始め御陵衛士の殺害を計画する。
伊東は近藤の休息所に行き、酒宴をあげ、帰途の途中の油小路で待ち伏せした宮川信吉や大石鍬次郎に斬り付けられ、絶命する

◇角屋では刀をお預け

Simabara402



武士道の必須道具である刀は武士の魂とも分身のような大事な存在であるが、物騒な刀は玄関で預けられる。
預けられた刀は刀掛で、一時預かりし、専用のタンスに保管される。
外来には全く無防備、丸腰で酒宴の席に望むことになる。
部屋は分けられているものの勤皇・佐幕と先鋭化された集団が一つの屋根の下で会合を持つことは、一触即発の乱闘事件が生まれなかったのは、刀取り上げが役立ったのではなかろうか。
しかし、そのルールも新選組は会津藩、預かりの「御用改め」の役割から、帯刀した。
角屋内部には一階にも二階にも廊下や座敷の柱に、深い刀傷が歴史の傷として残される。
その時の意のままにならず感情の赴くまま、多少の酔いも手伝って、刀に手をかけ てしまったのであろうか・・・。

島原の角屋と新選組は「ようこそ幕末の世界」 史跡巡り島原と駆けめぐる志士たちで紹介されてます

 

|

« 新選組を支えた典医「松本良順」 | トップページ | 勝沼で戦った幕兵がキリストの世界へ »

05、新選組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/59027866

この記事へのトラックバック一覧です: 島原の角屋と新選組:

« 新選組を支えた典医「松本良順」 | トップページ | 勝沼で戦った幕兵がキリストの世界へ »