« 勝沼で戦った幕兵がキリストの世界へ | トップページ | 黒谷 金戒光明寺 »

調布みなさん、日野案内

            本陣に集まった調布史談会の皆さんImage1
観光協会の紹介で3月15日(日)調布史談会主催の日野史跡巡りの案内をやり遂げた。
最も気にかけるのは天候であるが、事前予報では所により、雨も予想されたが当日は薄曇りで温かい街歩き日和であった。
そんな好天に後押しされ、参加者も10数人の予定が膨れ上がり31人も参加された。
この大人数に該当では声も届かず、急遽ヘッドマイク付の携帯スピーカーを借りて備えた。
これだけの人数が集まると、群れの移動集散、説明場所の確保、トイレなど色々問題が頭をよぎる。一人ではどうすることも出来ない、スタッフの皆さんの支援で無事に何とか回すことが出来た。

         長蛇の列に集散も一苦労する

Img_63211
メインは何と言っても本陣であるが、当日は資料館の開催日もあって、一般客で満員、普段出来ない外部からも時間を割いて案内した。

◇日野宿本陣跡(上佐藤家)
日野宿本陣のもう一つ上佐藤家はマンションに置き替わってしまったが、建物沿いに残される玄関口にのみマンションとは異質の和風の門が見える。
一介の油売りの斉藤道三が美濃国の守護職に上り詰める国盗り物語。

家督の継ぎ争い道三は息子に破れ戦死する。道三に仕えた武士の一族3人が東国へ流れ、その一人が日野に落ち着いた隼人がご先祖であった。北条氏照から囚人を貰いうけ今日の用水作りの基礎を造った立役者。

周辺の落ち武者や野武士を追い払い、村を護り、甲州道の建設に尽力し、村人の推挙で名主となる。、

◇日野宿本陣(下佐藤家)
・明治天皇京都
明治13年明治天皇京都行幸で休憩され、国の中核を担う人物が随行している。
明治天皇をその錚々たる随行者に如何に大きな出来事であったかを紹介する。
折しも大河ドラマ「花燃ゆ」百姓上がりの利助は後の伊藤博文であった。

松下村塾生の一人で品川御殿山の英国公使館焼き討ち、要人の暗殺など過激な尊王攘夷の志士志であった。
禁門の変などで、仲間が倒れる中、維新に生き残る。海外渡航で開国論に目覚め、長州閥の有力者の木戸の後ろ盾や、英語に堪能なことから総理大臣まで上り詰めた人物であった。

太政大臣三条実美(さねとも)は薩摩藩・会津藩などの公武合体派が画策した八月十八日の政変で失脚した尊王攘夷派の7人の公家の1人。長州系が京都を追放され太宰府へ3年間の幽閉生活。七郷落ちで有名。維新以降は新政府の中枢となる。
 
・行幸の碑の下に御膳水が果たして何処か?
明治天皇が行幸の折、お茶に、この御膳水の水が供された。その場所は碑の近くの塀の裏にあり、井戸枠があったが、朽ちてしまい、現在、鉄板で蓋が掛けられている。
御膳水については直接飲用されることもあって、宮内省から何回も調査し、問題なしと此処が選ばれ井戸が掘られた。

・時代の流れを反映した人の流れ
参勤交代の大名。壺伊勢屋事件で薩摩の浪士捕縛での日野剣士達。旧幕府側、最後の生き残りを掛けた甲陽鎮撫隊。明治天皇。時代を追って本陣から見送った歴史の拠点に熱い眼差しが向けられた。

(本陣~有山邸~大門通りを経て大昌寺へ)
◇大昌寺
・きらめく葵御紋
大昌寺ではに徳川家の檀家寺の芝増上寺の末寺であることから、屋根上で、お馴染みの葵御紋がきら星のように輝いている。
・壺伊勢屋事件
壺伊勢屋事件で薩摩浪士捕縛に参加した佐藤彦五郎、以下の多数の日野剣士が此処に眠る。
「お~い」と声を掛ければ血気盛んな剣士たちが直ぐに集まる様な距離にある。
彦五郎宅の長屋に住み、犠牲になった一人、山﨑兼助も此処で葬られ、行方知れずであったが、砂川の流泉寺で見付けた。

かっては宿内遥か浅川まで時を告げた巨大な鐘楼が土台から持ち上げられていた。
折しも本陣、上段の間の曳き家が思い起こされる。

                    持ち上げられた鐘楼は櫓の上に

Img_6328111111

(大昌寺~宝泉寺~西の地蔵)
・お地蔵さん前で「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」
六つの地蔵さんが控える。
何れあの世に世話になるなら
どの道が良いなどと身勝手な思いも寄せて
ご案内も終演となる。

          お地蔵さん前で最後の案内

Img_63241
・ああ~感動の拍手
杖を付ながら、何とか群れに追いついて頂くなど、最後まで無事にご案内。
地蔵さんの前で下手なご案内にも、拍手で締めて頂き
「この一瞬に案内冥利につきるなあ~」と感動を頂き、お別れする。
駅の乗降客が行き交う中で、この群れと拍手に、じろじろ見られたが(笑い)
やり終えた達成感に満足であった。

|

« 勝沼で戦った幕兵がキリストの世界へ | トップページ | 黒谷 金戒光明寺 »

03、幕末日野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/59392529

この記事へのトラックバック一覧です: 調布みなさん、日野案内:

« 勝沼で戦った幕兵がキリストの世界へ | トップページ | 黒谷 金戒光明寺 »