« 時代を越えて伝える「日野宿本陣のザクロ」 | トップページ | 新選組増強の隊士募集 »

秋日和に恵まれ日野宿案内

Image11111111 遥々、相模原からご夫妻で日野迄お出まし頂いた。
かっては、地獄の洗礼を浴び、何とか帰還出来た闘病仲間である。
拘留期間が満了し、互いのハードルを越えた事を祝うと、娑婆の世界で会う約束であった。
歴史に多少関わりを持つ身分に、こんな所もあるよと、紹介していたが、ご案内の機会が生まれた。
折しも好天続きの秋日和に日野の歴史を案内し、紅葉、真っ盛りの街中をたっぷり堪能することが出来た。

<ご案内>
15時スタート、「秋の日は釣瓶落し」と言われるぐらいに日が落ちるのが早い。
もたもたしていると、直ぐに暗くなってしまい、見どころの一つである欄間も見えなくなってしまう。
日の落ち行く時を気にしながら本陣と上・下佐藤家の檀家寺である「大昌寺」を駆け足で廻る。


◇本陣にて

              <天井の飾り物「鳳凰」> Image41参勤交代の大名を迎える為の格式がこの式台付玄関口に代表される。
切妻瓦屋根に妻の三角部分に異彩を放つ動物もどきの姿をした飾りものが目を引いている。
建物を火災から守る飾り物であるが、玄関口の目立つところで、躍動感溢れる、力の籠もった「鳳凰」である。
頭の前部分はキリン、後ろは鹿 。あごが燕、頸は蛇、背中は亀、尾は魚で仮想合成され、古来中国で尊ばれた瑞鳥の一種である。
この「鳳凰」の頭部に佐藤家の家紋が見える。
長い風月に晒され、風化も見られるが、その繊細な造りは今なお健在であり、遠くは参勤交代の大名行列や、幕府瓦解の前、近藤勇一行の甲陽鎮撫隊を迎えている。明治維新以降、京都行幸の明治天皇以下の大集団を迎え、普段、建物の外側は説明機会が少ないが、どうしても見て欲しかった、火除けの守り神であった。

◇故郷、懐かし
本陣の建屋に入る。約150年も経過した和風建築に江戸時代の空気感をたっぷり、味わって頂き満足されたようである。たまたま、奥様の東北の言葉のイントネーションから時々感じられたが、ご出身が山県であった。建物を支える大きな大黒柱と巨大な梁、杉の板戸、すすけた天井板に、故郷の山県にもこの様な建物があったようで、その姿が重なり懐かしく感動されていた。
とりわけ、お住まいと近い、東京の多摩地区での思いも寄らぬ、故郷の空間との再会に、高揚し目の前のてかてかに輝く、大黒柱に触れていた。

◇小野路の小島家
何処に行くのも行動を共にする仲良し夫婦は小野路の狭い道路に、車を走らせ風格のある家屋敷の前を通ったと言われたが、恐らく名主小島鹿之助の家に違いない。
その小島家の近くに住む縁者の橋本家に嫁いだのが、彦五郎の長女「なみ」さんの嫁ぎ先でもある。小島家は佐藤家と名主仲間であり、名主が中心になって剣術を習い始め、天然理心流の門弟でもあり、佐藤家とも深い繋がりを持っている。
佐藤家、同様、新選組になる前の試衛館道場時代の近藤勇と門弟達の、天然理心流の出稽古先の一つであり、そんな長い付き合いから新選組時代の前後から彼らの痕跡がしっかり残されている。
その話しに,駆り立てられ、俄か新選組に有らずとも、小野路行きに心揺らしたようである。

◇本陣から大昌寺へ

旧甲州街道を西に向かい最初の信号を左折すると車が1台通れる狭い路地に行く。大門と言われる高幡不動に抜けるかっての専用古道で看板の有ったが散逸してしまった。住宅に囲まれた場所から、抜けると水路沿いに欄干など整備された、日野用水に出る。

0011

◇日野用水と鮎
この付近の用水の澄みきった水に、魅せられ鮎の姿が確かめられたと話題になった。日野用水は永禄10年(1567)、上佐藤の佐藤隼人が、滝山城主、北条氏照から囚人を貰いうけ開墾に着手した。
多摩川から導水し、田畑に宿の豊かな米造りに繋がり、現代でも市内に張りめぐる用水としてきちんと維持されている。天領と言われる幕府との結びつきも、こんな所から生まれている。
鮎の話しに、たちまちSさんが色めき立つ。相模川に年間の漁業許可書を持ち、度々鮎釣に竿を落とす、鮎釣の名人のようである。川の流れに合わせ、浮きの動きに集中、ブルブルと来る竿の感触は止められないだろうなあ~。入院時の手持ち無沙汰の病床では、家から持参した釣道具から、小さな釣針に糸をからげ、多数の仕掛けを準備し、来るべき日に備える、真剣な姿が印象的であった。

◇大昌寺

その用水の近くに、石碑が立つ、大昌寺の桜並木で整備された参道である。
山門を潜ると立派な本堂が建ち、屋根には、葵ご紋の家紋がきらびやかに輝いている。
大昌寺は徳川家、菩提寺の一つである芝、増上寺の末寺である。本堂の前で手を合わせ、墓域に向かう。

        <大昌寺>

Img_728011

     <天井にきらびやかに輝く、徳川家の家紋「三つ葉葵」>Image211一番奥に、旗が靡き、上・下佐藤家の墓石が並ぶ両家の前に向かい墓参をする。
歴代の佐藤家が刻まれる墓碑に彦五郎、おのぶさんの名前を確認し、改めて深く眠る、故人に来意を告げ、安らかな安寧を願い、手を合わせる。

墓域の入口から、多少崩れた石畳の両側は、彦五郎と一緒に幕末期に活躍した日野剣士たちの仲間の一部を除き、大多数が此処で眠る。
慶応3年、関東擾乱を図り、八王子の壺伊勢屋に泊まる、薩摩の浪士への襲撃に彦五郎以下、佐藤僖四郎(上佐藤)中村太吉朗、馬場市次郎、原栄蔵、高木吉蔵、佐藤家の長屋に住む山崎兼助の日野剣士7名が参加するが馬場市次郎、山崎兼助がこの襲撃で亡くなる。
襲撃当日、彦五郎宅に集まり、潔く飛び込んでいった剣士達の大半も、声を掛ければ呼応するであろう。不穏な幕末期、天然理心流の稽古仲間は新選組として送り出し、一方では宿を守った。そんな彼らと、一緒に居られる世界に色々な妄想が膨らんでくる。
そんな繋がりを含め、墓域に残される幕末を追っていると、瞬く間に暗くなり、大昌寺を後にする。

|

« 時代を越えて伝える「日野宿本陣のザクロ」 | トップページ | 新選組増強の隊士募集 »

03、幕末日野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/62297598

この記事へのトラックバック一覧です: 秋日和に恵まれ日野宿案内:

« 時代を越えて伝える「日野宿本陣のザクロ」 | トップページ | 新選組増強の隊士募集 »