« スーパー歴女を迎え | トップページ | 野毛の山からノーエ »

1年を振り返って(2015年)後編

前回、当ブログで所属する会の活動を伝える『1年を振り返って回顧の記事』を纏め前半を紹介した。その続きを紹介する。
戦国時代から幕末まで会員のそれぞれ蘊蓄を熱く語る『談話会』の披露 。一方では会の象徴的な存在であり、色々お世話になっている日野宿佐藤家から館長さん自ら飾られた、晴れ舞台の観劇など賑やかな後半であった。

◇7月談話会

①「大奥草創期の御台所『お江』と乳母『お福』」
浅井長政とお市の娘、『お江』は徳川秀忠に嫁ぐ。実子『竹千代』『国松』が徳川将軍を継がせるため、『お江』と乳母『お福』(後の春日局)間との激しい争い。
『お福』は『竹千代』を実子のように育て、家康に直訴、三代将軍家光として世継となる。『お江』が押した『国松』は徳川忠長として大納言の官位になるが、家光との幼少期の将軍継承争の確執から、追い詰められ改易、自刃する。
約260年の幕藩体制が敷かれる原点の大事な将軍の世継ぎに『お江』『お福』の二人の女性が互いに牽制しあうウーマンバトルに微笑んだのは『お福』であった。
会の京旅巡りで、金戒光明寺の墓地での春日野局が建てたお江の供養塔は運命的な出会いであった。
<遺髪も収められ、追善菩提で建立したお江の墓>

Img_5763
②「白虎隊奮戦の地碑建立に関わる秘話」
白虎隊奮戦の地で相まみえた戸の口原で戦った土佐軍戦士の末裔住職『結城治』の発案から地元の会津若松市の関係者の協力で 供養塔建立をみる。住職の発案から、受け入れた会津人の温かい志が碑の脇に紹介されている。

戊辰戦争の怨恨が、未だ消え去らぬ中、敵味方分け隔てなく、供養成就に繋げた美談の紹介。

③「井上源三郎は三番隊長であった」
新選組が組織として拡大し、機動的な活動を意識し、一番隊から十番隊に編成し井上源三郎は六番隊隊長と言うことが、原点として伝わっていた。
しかし、西村兼文が書かれたた「新選組始末記」に矛盾点を指摘した上で、新たに発見された複数の史料から八番隊の編成で井上源三郎が三番隊長であったことが発表された。

④中島三郎助と新選組余話」
地元の財産家から町民まで広い層に支えら建立した中島三郎助の浦賀の招魂碑。
三郎助の興味の幅が広く、生活を楽しんだ長崎海軍伝習所時代、沢山の事を吸収しようとした閉窓(かんそう)雑記。榎本艦隊で同行した佐倉藩漢方医林董(後の外務大臣)が残した、回顧録に千代ケ岡の三郎助父子が壮絶な最期を遂げた臨場感ある記事であった。
函館に訪れ、三郎助や土方歳三を弔い、供養続ける現地の人に感謝を伝える筆者の気持ちを披露された。

◇8月「北の果ての理想郷」ザ・ウエストパーテイー演劇公演、日野七生公会堂の観劇。
土方歳三は新天地、箱館を目指し、身を案じる佐藤彦五郎自身にも追手が迫る、維新前の筋立であった。地域密着型の地味なテーマの演劇であったが、満員の盛況であった。

日野の歴史を素材に今年で4年目を迎えるが、佐藤彦五郎の末裔にあたる、佐藤彦五郎新選組資料館の佐藤福子館長自ら大蔵院の尼さん役でデビューされた。東征軍の日野宿周辺の捜索に数珠を掲げあしらう迫真の演技姿は逞しく、透き通った張りのある声と立ち振舞いに心酔した。

多数観覧された会員と共にカーテンコールの鳴りやまぬ拍手と声援の渦の中、感動を覚えた。
真夏の暑い時期の長期、稽古はかなり長い時間拘束され、家庭を持つ身に大変なご苦労があったようであるが、素敵な素地が、一気に開いた役者の姿をみた。
<熱い演技に、満員の盛況極めた演劇公演>

Img182

◇12月談話会
会員の蘊蓄の披露と納会の宴
①「利休切腹の謎」
信長政権の後継候補として秀吉が政権強化に千利休を活用し、それに応え利休は秀吉の側近にまで抜擢された。秀吉政権の中で信頼関係も厚かった利休であったが、利休の娘「おさん」の側室要請を利休が断った。

朝鮮出兵に反対する諸大名に利休の影響を警戒した。等々秀吉との対立から信頼関係が崩れ、切腹されてしまう。

②御用盗と岩倉具視」
毒殺か孝明天皇の謎の変死。倒幕の為に幕末騒乱の一旦を担った薩摩の御用盗のメンバー相楽総三、益満休の助、伊牟田尚平の死を遂げた。戊辰後、己の立場を護るため、事情を知る面々を消し去ってしまったのは岩倉具視ではないかと推論する。

◇美酒に心酔する、納会の宴
納会は佐藤彦五郎と縁戚に当たる、有山家の広大な敷地の一角にある花豆で宴を持つ事が出来た。鬱蒼たる樹木に囲まれた屋敷の中、ご主人の案内の、自慢のスポットは季節柄、色鮮やか紅葉が映る異郷の世界であった。庭先に映る炯眼を前に、ゆったりとした気分で飲める美酒は格別であった。
<用水沿いの、自然の中『花豆』での宴>

Img_322<原稿完了>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◇暗転の世界から復帰
一年を振り返ると個人的には横浜、吉田橋でのつまずきから始まった凶事は眼から始まり、胃にも及んだ。年の後半は雑居房での入退院の繰り返しに拘留・拘束の悪夢の連続であった。

出所後に備え、格好の学習機会でもあったが大量な書類はお持ち帰りで、無為に終わってしまった。12月に拘束を解かれ、娑婆の空気を思い切り吸い解放感に浸り、納会の席に戻れたのも、奇跡的であった。
◇広報資料
巻頭に佐藤福子館長の言葉を貰い、1年に1回の発行の『彦五郎通信』も第11号を数えるに至った。紙面の割り当てから、此処で書いた記事は、半分程に圧縮され紙面に添えられる予定である。
<新選組持って広島に嫁がた旧会員Mさんの作品、ちょっと美形な彦五郎>

遥々、遠く、長州系配下の世界に西下されたが、会の繋がりが続いている。

「重い、重い彦五郎通信の出稿の時期であるが彦五郎さん、今年も何とか、終わったよ」

Img135

|

« スーパー歴女を迎え | トップページ | 野毛の山からノーエ »

02、幕末」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/64171561

この記事へのトラックバック一覧です: 1年を振り返って(2015年)後編:

« スーパー歴女を迎え | トップページ | 野毛の山からノーエ »