« 日野農兵隊と銃 | トップページ | ひの新選組まつり 2016年 »

甲陽鎮撫隊の戦跡を訪ねる旅のご案内

当、ブログでも何度か紹介している、勝沼の古戦場跡巡りについて、『佐彦会』(活動内容は下記)で企画してみました。新たな発見を求め一緒にその痕跡を辿って見ませんか?

以下ご案内します。

◇概要

慶応4年(1868)3月、大久保大和(剛)こと近藤勇が率いる甲陽鎮撫隊が江戸城を目指す新政府軍を阻止するため、勝沼で陣を構え、新政府軍と一戦を交えた。
柏尾古戦場から旧勝沼宿に至る甲州街道の戦跡を巡ってみる。

             <柏尾古戦場跡>

Image111111
           <祇園淵>Image15

     <攻めたてる新政府軍は勝沼宿から柏尾へ目指す>Image

◇見学のポイント
①新政府軍と幕軍と対峙した古戦場跡
②明治天皇が京都行幸で甲州道が現在の姿に変わったこと
③柏尾橋の江戸、明治、大正、現代までの掛け替えの様子
④ぶどう畑に残る会津藩兵の墓
⑤幕軍の敗残兵が追われ飛び込んだ祇園淵
⑥旧勝沼宿跡とその周辺の戦跡(官軍進行阻止のための柵門跡)
⑦郵便局舎から旧田中銀行へ、明治時代の洋風建築
等々

日時:5月21日(土) 9時~15時30分頃 
集合:9時  JR高尾駅 中央線下り(甲府方面)ホーム先頭側 
行程:JR高尾駅→(中央線普通電車)
→勝沼ぶどう卿駅・菱山→(タクシー)→柏尾古戦場・幕府軍墓→
祇園淵→大善寺→柵門跡→勝沼氏館跡→勝沼宿本陣跡→
旧田中銀行博物館→(タクシー)

→勝沼ぶどう卿駅(15時30分頃現地解散)

参加費:2.000円(資料代・現地タクシー代を含む。
勝沼ぶどう卿駅までの交通費と昼食代は各自負担)
小雨催行・荒天中止 

                                                    
申込み:佐彦会・吉澤光景(TEL/FAX:042-843-1210)
※参加ご希望の方は、5月15日までにご連絡ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

□歴史ロマンを追って
新選組や幕末を中心に、時代を遡って彼らの足跡について自ら確かめ、学び、歴史ロマンを熱く語り会ってみませんか。

◇佐彦会とは

●日野宿名主佐藤彦五郎の残した偉業を学び、見識を深めます。
●会員により日頃の学習結果、体験談、自慢話など、幕末の想いやうんちくを語って頂きます。
●幕末関連の縁の地や歴史史跡を巡り、直に触れ合います。
●会員相互の親睦を図るため、膝を交えて幕末を熱く語らいます。
●広報資料『彦五郎通信』1年単位で発行し、活動の成果、会員の研鑽資料と広報活動に活用します。

□活動の母体は史跡巡り
幕末を中心に歴史に関わる縁の地を訪ね、自分の目で確かめ理解を深めます。
これまで 多摩地域、都心、関東周辺、京、会津を含め旅巡りは30数回を数えました。

|

« 日野農兵隊と銃 | トップページ | ひの新選組まつり 2016年 »

06、戊辰戦役(蝦夷除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲陽鎮撫隊の戦跡を訪ねる旅のご案内:

« 日野農兵隊と銃 | トップページ | ひの新選組まつり 2016年 »