« ひの新選組まつり 2016年 | トップページ | 勝沼宿と柏尾古戦場跡にゆく »

土方歳三から石田三成へ

今年も、年間の一つの節目ひの新選組祭りが終わった。
施設に関わりを持ち、この日にめがけ、全国から大勢のお客さんを迎える立場から、関心事のひとつである。
観光に、町おこしに大河ドラマに寄せて、集客効果にある種の期待感を持つのは何処も同じであるが、終わってしまうとそれまでの一過性であるのも事実である。
観光地に行くと、復刻版が観光案内所に飾られ、ああ~ここにも、かっては大河ドラマで取り上げられたと言う、認識程度に留まってしまう。
当地でも、大河ドラマが新選組が役者さんの人気とも併せ、異常な人のうねりが生まれたが以来、もう10年以上も経過した。

その一人が何と言って地元の雄である、悲憤のヒーロ土方歳三であった。役者は山本耕史であったが、男前、格好良さ、ニヒルな感じで、茶の間のTVから身近なヒーロの歳三に仕立て上げてしまった。

   <市役所前でフアンの前に揉みくちゃにされ、凄い熱気>

Image1
         <衆目の中、フアンの前で山本耕史がご挨拶>Image
       <そんな歳三が身近な存在に近づけてくれた>12025471

まつりの催しで、当地での関わりの深さから歳三が引っ張り出され、フアンが後を追った。本陣の駐車場の仮ステージでインタビュウをやったが、あふれ返るフアンの黒山に近寄り難い存在になってしまった。

そんなシーンが昨日のように浮かび、未だに自分の中では俳優山本耕司は歳三なのである。

その山本耕史が、乱世の戦国時代に再び大河ドラマ『真田丸』でニヒルな石田三成で登場する。
豊臣政権下では、建て割り世界の実力者として絶大な権力を握ったと言われるがそんな役回りを見事にこなし、歳三が三成にすっかり変わってしまった。
歳三は新選組のトップ2として、局長近藤勇を押し立て、新選組を最強集団へと組織し機能する役割を果たした。
一方、三成は豊臣政権を支える五奉行の中でも随一の実力者として、秀吉の取り成しは常に三成を通じて行ったと言われている。
時代を越えての二人の人物であるが、其の置かれている役回りと実力を発揮する姿が正に参謀役として自然と重なってしまう。

それを演じる山本耕司が、二人の姿を着せ替え人形のように置き替わり違和感なく溶け込んでくる。
歳三は北の果て、函館で進政府軍を前に一本木関門で銃弾に散っていった。、
一方、三成は豊臣没後、関が原の東西決戦で徳川家康に破れ、伊吹山で捕縛、京の都を引き回され六条河原で処刑された。
何処まで演じられるのであろうか・・・。

そもそも、ひの新選組祭りの町おこしで、新選組に光を当てた大河ドラマの役割は大変大きい。しかし、此処に訪れるフアンを前に語っても、大河ドラマ「新選組」を知らない、若い世代の層が、結構多くなっている。時間の経過が新たな潮目に変わっても、根強い新選組フアンが育っているのである。
昨日、此処にいた山本耕史が、既に遠くの存在である事実に、時の流れを感じてしまう。

<余計な与太話>
『おいおい、生涯を独身で通した歳が、嫁さんを迎えたとさ』
『それもなあ、驚くなかれ、皇女和宮と聞くぜ』(和宮役は堀北真希)
『う~ん・・・となると、正に公武合体ではねえか』
『いくら、京で活躍したと言っても、まさか将軍に嫁いだ和宮とはいくら何でも、身分が違いすぎるのでは・・・』
一介の農民上がりが、皇女を嫁として迎える。大河ドラマも一時の過熱も収まり、何時の間にか、粛々と現代版のメルヘン ドリームが生まれていたのであった。

肝心の公武合体は井伊大老が倒され幕府独裁を修正し、天皇と幕府が一体化を目論見、歩み寄ったが結局叶わなかった。推進役の老中安藤信正は水戸浪士に坂下門外で襲撃され、和宮降嫁の推進役であった公家の岩倉具視は落飾謹慎処分を受ける。
『和宮の降嫁の事実だけで、尊皇攘夷運動と対立が生まれただけで、何も変わらなかった』

『安政の大獄』の大量な粛清にやったら、やりかえす、の荒れた時代の収束に最早何も
やっても叶わなかった。

|

« ひの新選組まつり 2016年 | トップページ | 勝沼宿と柏尾古戦場跡にゆく »

03、幕末日野」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/65640614

この記事へのトラックバック一覧です: 土方歳三から石田三成へ:

« ひの新選組まつり 2016年 | トップページ | 勝沼宿と柏尾古戦場跡にゆく »