« 案内人Kさんのこと | トップページ | 歳三の昼寝の世界は »

多摩川越えの歴史と「石田大橋」

Image3
都心と甲州結ぶ甲州道を西へ下り、多摩川を越えがあり、近年幾つかの橋が架けられ、一番新しいのが石田大橋である。
多摩川を渡河し国立市と日野市を結ぶ 「石田大橋」が約10年がかりで2003年完成した。「石田大橋」は中央高速、国立ICに直結し、慢性的な渋滞を起こしている甲州街道(国道20号線)の、バイパス路として、大きな役割を担っている。
多摩川の架橋は明治になってからで、それまで、大雨など出船出来ず、天候に支配される渡し船による多摩川越えは大きな障壁でもあった。
多数な橋が架けられ、近代文明の象徴である、モーターりーゼーションの渦に載り、数分で渡ってしまう多摩川越えは覚醒の感がある。多摩川越えの、歴史を踏まえ、周辺辿ってみる。
多摩川の渡河を中心に歴史の遺構を残す石田地区と周辺の地域を地図で集約してみた。
◇渡し舟時代
1)万願寺の渡し
江戸日本橋から約10里、甲州道を西へ下り、多摩川を越えた所に日野宿がある。この多摩川越えは渡船で行われ自然の変化に晒され、下流の六郷の渡しと共に道中の一つの節目でもあった。
度々の洪水や川筋の変化に伴って、渡船の場所は適宜変化していた。
その一つが『万願寺の渡し』である。
慶長10年(1605)五街道の整備により、日野は甲州街道の宿駅に指定され、渡船は従来通り、万願寺に置かれた。
しかし多摩川がたびたび洪水をおこしたため、街道は移され、貞亨元年(1684)段丘の上の常安寺(現立日橋付近)の『日野渡船場』に移され、架橋まで続いた。

<草深い土手の一角に「万願寺の渡し場跡」の木柱が確かな案内役を担っている。
右側は高速道路でこの脇を万願寺の渡しがあった>。

Tamagawatosen201
Image4
普段は静かで穏やかな流れではあるが、これが一旦怒りだすと、護岸の決壊 浸水が繰り返される歴史が近年迄続いている。
2)どんな渡船
渡船場は歩行船(6.4×1.2M)1艘、そう馬船(11.8×2.7M) 2艘により運行され、江戸時代の荷物運搬は人間より馬の背で行われていた事がわかる。 特に甲州の物産は明治20年代の甲武鉄道の開通まで笹子峠や小仏峠の天険も馬の背で運ばれた。甲州ブドウの荷を振り分けで積み馬5、6頭を繋いで一人の馬子が引いていったとか、馬糞街道とさえ呼ばれたそうである。
3)転覆事件
多摩川は通常、川幅109m、水深1.5mであったが、増水時は255m、水深3m余りになった。 水深を越えると渡船は川留めし、水深が下がると解除され川明けとなる。この決まりは遵守された。
弘化3年(1840)天候不順で大雨が続き、6月24日以来、日野の渡しは川止めとなり、川明けを待つ人々が両岸で満ちあふれていた。
7月2日、川明けとなり、待ちかねた人々が渡船場に押し寄せ、船頭は抑止出来ず、船は平常の2~3倍の34人を載せ危険であったが、渡船になった。
川中で突風が吹き、高波が船に入ったことに驚いた客が片側に寄ッたため転覆した。船頭2人以外は急流ではなすすべもなく、溺死し、その死骸は遠く下流に流れ、遠くは川 崎まで流れていった。満員で乗れず、両岸の人々が居る前での惨事であった。

4)土方歳三の生家、水没
転覆事件と同じ、弘化3年6月30日、降り続いた雨のため多摩川が増水し、現在の日野橋辺りから溢れた水によって、満願寺、下田の低地一帯が押し流された。
石田寺北にあった土方家でも、物置、土蔵が押し流され更に母屋まで危うく成り掛けた時、石田村や急を聞いた近村の人々が駆けつけ、母屋や土蔵を解体し、西方の現在地へ移築した。
歳三が12歳の時であった。
5)石田周辺は出水の歴史
歳三生家跡周辺は多摩川、浅川の合流点に近く、度々出水を起こしている。
現在、住宅地にあり、屋敷の合間を縫うように道が張りめぐらされ、土地開発が進められている。
とうかんの森、歳三生家跡、石田寺など旧跡巡りに、一歩当地に入ると、迷走する場所である。
特に目立つ建物がない場所だけに、聳え立つ、とうかんの森のむくや石田寺のかやの巨木が道案内してくれる。「ともかく、道迷ったら、見上げて、巨木を見よう」

       <一際目立つ、とうかんの森の巨木>

Image1◇石田大橋
石田大橋は一般国道20号線日野バイパス(国立市谷保~八王子市高倉町8.1㎞)のうち国立市と日野市を結び、多摩川に懸かる長さ385mの橋である。
巾員 :車道8m(2車線)歩道3.5m
工事期間:平成6年11月着工、平成15年3月完成

        <多摩川にかかる、石田大橋>
201305041745254431
<その名に相応しく長さ385m、壮大な石田大橋>Image2
橋名の選定に当たっては広く両市民に公募して名称を募り、その中で票数が多く両市つなぐ橋名に相応しい名称として「石田大橋」が選定された。
「石田」この地が江戸時代にあった「石田の渡し」に近いこと、また江戸時代の多摩川の洪水により日野市側にあった、石田村の人々が国立市側に移住し、その地に「石田 」と名付けたことなど、両市にとって歴史的由来のある名称である
因みに公募結果は
応募総数:193件
応募名称:万願寺橋(39件)、石田大橋(28件)、日の国橋(17件)、国立泉大橋(10件)、国日橋(4件)他、土方橋、歳三橋、タマちゃん橋など76名称がエントリされた。
こうして、難渋した多摩川越えの歴史を踏まえ、多摩地域と都心を結ぶ幹線の一役を担っている。大小の車両が爆走し、騒音を生む一方、道沿いに店舗も生まれ、周辺を一変させる影響を与えている。

|

« 案内人Kさんのこと | トップページ | 歳三の昼寝の世界は »

12、甲州街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/67130122

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩川越えの歴史と「石田大橋」:

« 案内人Kさんのこと | トップページ | 歳三の昼寝の世界は »