« 『築地本願寺』 | トップページ | 築地の軍艦操練所跡 »

新選組も国際化の渦に

05080221_20170210_143553            (クリックで拡大表示されます)

大河ドラマ新選組放映から早12年、経ってしまった。
歳三役の山本耕史や勇役の香取慎吾、総司役の藤原竜也などの人気キャストが茶の間に新選組を身近な存在に仕立て上げてくれた。
取り分け新選組まつりの時は市役所の前で、あるいは本陣の前で山本耕史の街頭出演で、黒山の人だかりにフアンの物凄い熱気が感じられた。
大河ドラマが終わった後も、山本耕史の姿を見ると、直ぐに歳三となってしまう位にその姿は濃尾に焼きつき消えない位にインパクトがあった。
少なくとも大河ドラマが新選組のフアン層に繋げる役割を果たしたのは間違いない。

そんな熱気も10数年の経過は既に過去のものになっている。

Image新選組に駆け込み日野に訪れる若い人に問いかけても、「へ~そんなことがあったんだ」と全くのすれ違い、大河ドラマを見て居ないのは元よりその存在自体も知らない層が結構増えてきた。

☆本陣にて案内

<Russiaから>
某日、青い目それとなく判る外国人男性に拙い英語でWhere did you come fromと声をかけたらRussiaと返され、思わずびっくりした。
東南アジア系なら未だしも、まさかRussiaからとは思いも寄らなかった。
ご案内は無用、何かものを探しているようで、聞いてみたら上手く聞き取れず、何度も聞き返したら、こともあろうに「豊玉発句集」と判り更に驚いた。

Img429           (石田 散薬のミソソバを押し花にして作って貰った「豊玉発句集」のシール)


歳三フアンでも、此処まで追う、人はかなりコアーな層と思えるが、歳三に抱くイメージを追い求める世界に、最早国境の垣根を越え、凄い世界に居ることに敬服した。

<中国から>

数人の集団を案内し、終わり、一区切り付けた時に、若い女性から声をかけられる。
外見からは全く、外国人とは識別付かないが、喋るイントーネションから、外国人と始めて判ったが、中国人であった。
2013年に案内されたと言われ、再会に、にこにこ笑みを浮かべながらわざわざご挨拶された。
案内する側からは1;Nの関係から、外国人を含め年間1万を越える入館者の中、何人相手したのか判らない。大勢の客から一生懸命、記憶を辿ったが残念ながら失念しており、思い出せなかった。
しかし、滅多にないことだけに、その気持ちが嬉しかった。
国を越えて歳三に心酔し、語りかけるレピーターが居ることが、現実の姿であった。
何を機縁に彼女たちを夢中にさせるかはやはりアニュメーションやDVDなどの媒体の情報からであった。
こうしてアニュメなどが国境の垣根を越え、浸透する世界は相反するものであるが、最早止めることが出来ない。

国同士では尖閣列島の領有圏問題など、紛争の火種をかかげ、一歩も譲らない、姿勢は益々先鋭化し、とげとげしい問題を抱えている。
観光で来る彼らは、概ね、きちっとしたマナーを護る日本の文化の中、そんな枠が緩やかな環境の中に育った彼らの奔放な行動は中国では当たり前で、日本人にひんしゅくを買っている。
一方ではこうした新選組を通じて、触れ合いを持ち、気配りする人も居ることも事実である。

今年、2017年は日本を二分した戊辰役から150年を経過、新選組隊士尊霊、150回忌総供養祭が実施されるなど、節目の年にあたる。
散っていった新選組隊士が眠る中、150年の今日、国境を越えてこうした絆が生まれて居る現実に、戸惑いつつもまんざら悪い気はしないであろう。

|

« 『築地本願寺』 | トップページ | 築地の軍艦操練所跡 »

04、佐藤彦五郎・日野宿本陣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/69553226

この記事へのトラックバック一覧です: 新選組も国際化の渦に:

« 『築地本願寺』 | トップページ | 築地の軍艦操練所跡 »