« 「新選組」の残照 | トップページ | 会津城落城後の『斗南』地へ »

千人同心「石坂弥次右衛門」が近藤勇と交わした血梅の約束

千人同心の「石坂弥次右衛門」は幕末期に新選組の「近藤勇」と出会い、梅の枝分けを約束したが、激変する時代の渦に巻き込まれ、果せず、二人とも亡くなってしまう。「石坂弥次右衛門」とはどんな人物であったか、その生まれた事実を辿ってみる。 

□祖は甲斐、武田信玄軍団の小人頭

登場する「石坂弥次右衛門」の石坂家は八王子千人同心の原型となる甲斐武田氏が率いる軍事集団の9人の小人頭の一人として他国に繋がる国境警備を任に当たり世襲される名門である。天下にその名を留めた誉れ高い「武田軍団」に繋がってくる。
天正10年(1582)武田が滅び徳川家康の配下になり、家康が関東の領主になると甲武 国境を警備する目的で八王子に移ってきた。
天正18年(1590)家康の前に北条氏が滅び、小人頭(千人頭)は八王子城下に移り、治安維持に当たる。八王子千人町に移り、「八王子千人同心の幕開けとなる。
慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いや、それに継ぐ大阪夏の陣など、幕府の一軍団として千人同心の名前で活躍する。以来278年間、明治維新で解体されるまで八王子で任を勤めた。
八王子千人同心は幕府配下で治安の維持や警備を主に、組織を維持していたが、戦乱がおさまると「日光火の番」を主な仕事としていた。

Image6

旧武田集団の九人集の頭である、「萩原家」や「石坂家」巨大な敷地を抱え、千人町、追分近くに住んでいた。
そもそも、最期の日光勤番の悲劇を生まれる、物語は此処から始まる。
萩原家四代の頼母が日光勤番で急死し、交代で派遣されたのが、、「石坂弥次右衛門であった。
寛政元年(1789)の千人町の地図が残される。追分近くの甲州街道に面し、路地の一角に興拓寺がある。西側に八幡宿新田百姓屋敷を挟んで隣が「石坂家の屋敷」となっている。地図上では一千坪と表記されているが、入植 当時は三千~四千坪の広大な土地であったようである。
追分側に興岳寺に一軒の屋敷を挟んで、同じく同心の「萩原頼母屋敷」は五千坪坪がでんと構える。
拝領屋敷が立ち並ぶ屋敷町であっtが、明治維新と共に明け渡され、往時の景観を失いその面影さえ失い、「千人町」の名前だけに留める。

<甲州街道、追分の歩道橋から西側。左側の植え込みの背後が萩原家、石坂家の同心の屋敷があった場所であったが、痕跡はない>Img_8941□第2次長州征伐
慶応元年(1865)幕府は第2次長州征伐を発令した。千人同心は400余名の大阪に布陣し「弥次右衛門」も参加している
一人であった。
写真は慶応元年(1865)5月、第二次長州征伐の大阪表にてと書いてあり、大阪の警備中のものである。左から2番目が石坂弥次右衛門である。右側に立っているのが弥次右衛門の息子で最後の千人頭をやった12代目で15歳の石坂 鈴之助である。千人頭として、威厳を持つ弥次右衛門に対して 若くうきうきした鈴之助の姿が好対照である。
石坂家にはガラス乾板で、手許に残されている。千人同心を今日に伝える貴重な記録である。
Sennin02a
□血梅に語られる千人同心と新選組の結びつき
「弥次右衛門」の悲劇の死とも、合わせて「血梅(ちばい)」と言う、話が伝えられている。
1)血梅について
新選組研究家の故「谷春雄」さんは2003年に地元の日野広報「血梅」でこんな文を残しており、引用してみた。
私の家の庭に、1本の紅梅が植えられている。20年ほど前、(昭和58年(1983)頃)八王子市に住む友人、佐宗(さそう)文雄氏が息子さんと運んで植えていってくれた梅である。
 この紅梅は早春になると薄紅色の花を咲かせるが、花はガクが大きく、花びらの小さい原種に近いような花で、現 在の華やかなものが多い紅梅に比べると、少し寂しいような花である。この梅の枝を切ると、中は血がにじんだように真っ赤なので、血梅という名で呼ばれているという

Image4


2)千人頭「石坂」と新選組「近藤勇」が交わした約束
佐宗氏の語るところによると、この血梅は、もと八王子千人町の千人頭「石坂弥次右衛門」の屋敷内に植えられてい た梅で、日野宿北原に住んでいた千人同心井上松五郎は、この「石坂弥次右衛門組」の世話役を勤めていた。
文久1年(1861)、2年のころの早春の一日、この石坂家を、「井上松五郎」の案内で「近藤勇」が訪れた。「井上松五 郎」は新選組6番隊隊長の「井上源三郎」の兄であり、千人同心であることから、「弥次右衛門」宅に「近藤勇」を案内し た。「弥次右衛門」も快く迎え入れ、種々談笑したが、「近藤勇」は庭に咲く血梅に目をとめて、慎ましく咲く様を激賞した。
「弥次右衛門」も、「それほどお気に入りならば」と後日接木(つぎき)か取木(とりき)をして贈ることを約束した。
 しかし、この約束は、実現しないまま激動する時代を迎える。
3)板橋で露に消えた「近藤勇」
文久三年近藤勇が浪士組に参加して上洛し、新選組局長として京都市中取締りに当たり、過激化する攘夷派の捕縛
など池田屋事件などの活躍で、新選組の評価が上がり、多忙をきわめる。
その間、薩長同盟、大政奉還、などを経て王政復古の大号令で 薩長を中心にした新政権が樹立される。
慶応4年(1868)鳥羽伏見の戦いが勃発。新選組が属する旧幕府側は破れ大阪から江戸へ退却する。新選組は甲陽
鎮撫隊として、東征軍を迎え撃ちに甲府に向かうが、勝沼で破れ江戸に敗走する。新選組は東北へ向かうが流山で
包囲され、「近藤勇」は捕縛され、慶応4年(1868)4月25日、板橋刑場の露と消えてしまう。
4)最期の日光勤番で自害した「石坂弥次右衛門」
(1)東征軍八王子進駐
3月11日東征軍参謀「板垣」ら2000人は、甲州道中を八王子に進駐し止宿する。当時、日光火の番の「萩原頼母」
や八王子に居た「石坂弥次右衛門」も威儀をただし、鄭重に東征軍を出迎えた。
千人頭は鉄砲を差し出した上、朝廷に対して二心無きことを認めた血判書を数日かけて作成し、恭順の意を表明した。
(2)「弥次右衛門」「日光火の番」の代番になる
慶応4年(1868)3月15日「萩原頼母」は日光で亡くなり、その代番として急遽「弥次右衛門」が抜擢される。「弥次
右衛門」は「頼母」の日光での葬式など、前任者の急死の後始末含め、公務として急遽日光に着任する
(3)「日光火の番」を東征軍に恭順を示し帰卿
「弥次右衛門」が赴任中、八王子で千人隊は一旦、東征軍に恭順を示したが、恭順に反対する勢いは時間の経過と
共に増大し、 千人隊の大勢を占め、最早覆すことは困難になってしまった。
「弥次右衛門」は大勢変化を、知らされないまま、東征軍に譲り日光火の番を解かれた八王子に帰ってきた。
(4)抗戦派「恭順反対」の前に責任を取り自刃
「弥次右衛門」が帰郷すると、千人隊内の抗戦派から、日光を戦わずして官軍に
引き渡した責任を問う声が高まり、この声に「弥次右衛門」もたまらず、同日深夜に切腹した。
 更にこの切腹に悲劇は重なる。この時、剣術に熟達した長男は留守で、80歳に なる父が介錯(かいしゃく)したが、
老齢のために首が落とせず、「弥次右衛門」は、 明け方までうめき苦しんで息を引きとったと伝えられる。

5)石坂家、静岡へ移住後、残った梅
明治元年(1868)10月明治天皇が初めて東京に到着され、江戸城を皇居とし東京城と命名した。石坂家も他の千人頭
同様に徳川家達について静岡に行った。
両士が愛し、また激賞したというこの血梅は千人町の石坂家の隣家の庭にひっそり残っていた。
昭和20年の八王子 空襲で黒焦げになってしまったが、やがて芽吹き、花を咲かせるようになった。この梅の接穂(つ
ぎほ)を入手した友人の佐宗氏が何本か育て、その1本を、「谷君は新選組が好きだから」と進呈された。
日野宿本陣の裏側に谷さんのお住まいがあり、そば処「日野宿 ちばい」という手打ち蕎麦屋さんをやっており、庭先に梅が見事に成育した。枝分けされた梅が石坂家、近藤勇の末裔の手で直接渡されれば晴れて、約150年前の美談が成就する。準備された枝は石坂家の菩提寺、「興岳寺]に届けられ、「弥次右衛門」の墓に植えられ、形の上で先祖帰り出来た。
「弥次右衛門」の傍で、慎ましく、咲き、血梅を語り伝えてくれるだろう。
紅梅より、小振りで地味な血梅であるが、一度焼けた血梅の木がフエニックスの様に蘇り、芽吹き「弥次右衛門」と「近藤勇」二人の遺志を継いで、空高く咲き乱れていた。

6)「弥次右衛門の墓

Image3
小屋にある「弥次右衛門」の墓石がある。墓石の手前左右に、2基の灯籠と水盤が並んでいる。死を悼む石坂組の隊士達が寄進し、灯籠台座には「弥次右衛門」に従って、帰国した「松崎和多伍郎」を始めとする日光勤番隊士45名の名が刻まれ ている。
詳しくは此方にも載せています。ご覧ください

石坂弥次右衛門と「血梅」

|

« 「新選組」の残照 | トップページ | 会津城落城後の『斗南』地へ »

11、千人同心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/71120313

この記事へのトラックバック一覧です: 千人同心「石坂弥次右衛門」が近藤勇と交わした血梅の約束 :

« 「新選組」の残照 | トップページ | 会津城落城後の『斗南』地へ »