« 会津城落城後の『斗南』地へ | トップページ | 日野・八王子・町田、新選組ツアー »

「百花繚乱」今日の本陣

Image21
全くの気まぐれの天気、酷暑が続いたが、一段落した。朝からどんよりした曇り時より雨が降るという、梅雨に戻ったような錯覚になる。
世の中3連休だそうであるが、この天気に人出はどうだろうか?
掃除も済まし、構えたが、待ち人、やはり来ず、出だしの客足は重かった。
そんな折、6~7人の女の子が群れなしてやってくる。夏休み最前線、夏着姿に中学生と思ったが高校生であった。
中にはメモを手に持つ子、知識欲旺盛で、一言も漏らすまいぞとそんな眼差しは皆真剣であった。
そんな真摯な姿に、どちらの学校と聞いたが、誉れ高き、隣接市の某東高校になるほどと思ってしまう。
団体は別にして、歴史好きの共通認識を持ちながら、友達同志でこれだけの人数が集まり、来館されるのも、珍しく、頼もしくさえ思えてくる。
じじいの語り手と、聞き手が一方通行ではすれ違いに感じるものも薄く、期待外れになってしまい折角来た、のに無為のものになってしまう。
何処に興味をもたれているか一応聞いてみる、「幕末史」「新選組」も好きのようである。
参勤交代として、大名を迎える格式の都内唯一の貴重な本陣。土方歳三の謂わば育ての親としての佐藤家。幕末から維新にかけての建物を訪れた歴史上の要人。など、など語り尽くせぬ話しに、何に心をうったのであろうか・・・。
そんな高校生を切り出しに、切れ目なく来館者が殺到。14時頃に敢えて中断し、昼食もそこそこに
現場復帰し、閉館まで対応に追われた。

<中庭から建屋全景>

01130029
◇青い目の来館者
そんな午後の一時、怒派手なジエスチャを交え、二人のアメリカ人女性が入館した。
青い目、金髪のロングヘアー、肌も露わなタンクトップに口ピアス、ひざの破れたGパン姿のトップファッションに思わず、身を引けてしまった。
受付から、多少の日本語判ると引き継がれる。
「うわ~どうしよう」と、身構える準備もなかったが、勇気を出して

「Where did you co」me from?」と切り出したら「America」と返ってきた。

都心から来た様であるが、全く日本人の介添えなく、此処まで来られるのも、日本語はある程度理解しているようであった。
取り分け、口ピアスのお姉さんの方が日本語堪能で「シンセングミ・ヒジカタトシゾー」など怪しげな言葉が飛び出し、そのトップファッションから、窺い知れない言葉に改めて驚く。
どうやらネット世界からの入れ込みのようで、正に垣根を越えて異国文化の情報が流れ、想像以上に浸透していることに驚く。
ここで、格好よく振舞えたらと思いつつ、既に固化している濃ミソから、殆ど慣習のない英語の世界に単語さえ出てこない。
そんな時代背景にあわせて、和英併記の案内メモが準備され、急遽引っ張り出した。
折しも「役所の答弁書を朗読させていただく」と棒読みする、某国大臣としてあるまじき姿にこれが「仕事人内閣か」と顰蹙をかっている。
しかし、こちらは観光目的の案内メモ、棒読みでも大目に見てくれるだろう

This building was built in 1864(建物は1864年建てられた)
にはじまり、各部屋の案内した。
Toshizo slept in this roomで「わお~と」一番盛り上がり、誰も居なかったので寝姿を二人で撮りあっていた。
異国の地でサムライ文化を体感し、良いお土産になったのであろう。

タイムスリップして嘉永6年(1853)日本の開国を迫った、ペリー来航で

「・・・泰平の眠りをさます上喜撰(蒸気船)たった四はい(四隻)で夜も眠れず」と開国前後の落首から国内を戦慄させた。このペリー来航から、揺るぎない幕藩体制が崩れ、国内が大きく変わっていくきっかけが生まれた。

あれから160余年、その青い目のアメリカ人が、国のベールが取り払われ、江戸から離れた多摩地域に今正にやってきて、こうして気軽に休む姿に、どんな想いで見ているだろうか。
こうした開放的なアメリカ人が土間から上がり、畳の感触を味わいながら、交える風情に、微笑ましくも、感慨深いシーンであった。
「百花繚乱(りょうらん)」、こうして異質で色々な人を迎い入れ、閉館まで息つく暇無く、対応に追われる一日であった。

敢えて、我が家への帰路は市役所の前の神明の坂越えでの長い道のり、緊張感が解かれ、一気に疲れが、足にもきて、酔っぱらいの如く、ふらふらと横揺れしていた。

|

« 会津城落城後の『斗南』地へ | トップページ | 日野・八王子・町田、新選組ツアー »

04、佐藤彦五郎・日野宿本陣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/71411365

この記事へのトラックバック一覧です: 「百花繚乱」今日の本陣:

« 会津城落城後の『斗南』地へ | トップページ | 日野・八王子・町田、新選組ツアー »