« 小野路村名主「小島家と新選組」 | トップページ | 千駄ヶ谷徳川邸、篤姫の遺影の前で »

武州多摩郡出身の攘夷志士「真田範之介」その2

武州多摩郡出身の攘夷志士「真田範之介」で当ブログで書いているが、英名緑についてちょっと触れてみた。併せて攘夷家で棄葬された回向院に訪ねて見たい。

    <八王子、左入の高木家にある「真田範之介」誕生地碑>

Image21真田範之介は武州多摩郡左入村(現八王子左入)の豪農で名主小峰久次郎の長男として誕生する。父親久次郎は剣術天然理心流を学び、免許皆伝迄取っている。
自宅内に仮道場を設け剣に歩む親の背中を見ながら、範之介も自然に剣の道に入り、メキメキと腕を上げた。
小峰家の範之介及び松之助の両兄弟は養子として離れ、逆に高木家から養子を迎え入れ、現在「高木家」で継いでいる。

範之介は19歳で八王子戸吹村、天然理心流の松崎和多五郎に入門し、剣の素質にすぐれ、通常の半分の約3年ほどで、中極位目録迄取得してしまう。
範之介は何故か江戸に出て、神田お玉ヶ池の北辰一刀流の玄武館に入門、千葉周作の門弟になる。千葉周作は1年後に亡くなり、千葉栄次郎が後を継ぐ。
北辰一刀流でも非凡な才覚を発揮し玄武館の塾頭になるなど実力が評価される。
範之介は養子に行き、小峰軍司からに「真田範之介」に改める。

◇浪士姓名簿
範之介は推定ではあるが、色んな人と実際の試合をやり、相手の技量を図り万延元年(1860)出版した「英名緑」を造っている。
関東一圓を廻って武術行脚しており、其処に土方歳三の名前が出てくる。
歳三の天然理心流の習った資格の伝法状の記録が一切残されていない中で「英名緑」の記載は大変貴重である。
関東八か国と甲斐の一部で江戸や水戸の剣士などが除いたものが載っている。
江戸には相当の門人が多く、江戸英名緑が出版予定されたが、範之介自身が斬られ亡くなってしまい、実現しなかった。
その間、各地流派の道場を訪れ英名緑を作っている

(近藤勇の所(試衛館)を調べると以下、12名が抽出される。)
特徴は出身、家族構成で妻子が何人居るかが新しい事実である。
<浪士姓名簿の天然理心流の剣客>
中村太吉 24才  江川太郎左衛門支配所 武州多摩郡日野宿住 母妻子3人
井上源三郎35才 武州多摩郡千人同心井上松五郎の弟、
佐藤房次郎28才 武州多摩郡千人同心 佐藤惣兵衛の弟・妻子3人
馬場兵助24才   江川太郎左衛門支配所 武州多摩郡日野宿住
沖田林太郎38才 阿部播磨守浪人妻子4人、本人含め5人が近藤と同居
山南敬助28才   松平陸奥守浪人で牛込甘騎町小谷陽之助(近藤周助の門人)地内に罷在
沖田総司22才   阿部播磨守浪人 住所は牛込加賀屋敷であるが近藤勇方に同居
長倉新八25才   松前伊豆守浪人 住所は牛込加賀屋敷であるが近藤勇方に同居
原田佐之助24才 伊予松山浪人
土方歳三29才   江川太郎左衛門支配所 武州多摩郡石田村
藤堂平助20才   御当地浪人   当時近藤勇方に同居      
近藤勇30才     四代浪人 当時市ヶ谷加賀屋敷山川健太郎地借仕 父妻子3人
近藤勇邸 同居人12名

剣客名は新選組の著名な隊士があるが、同じ仲間で日野宿で残り、壺伊勢屋事件で薩摩浪士と戦った剣士も載っている。

◇天然理心流との絆
安政7年(1860)3月、八王子戸吹の天然理心流の松崎和多五郎は牛沼山王社(秋川神明社に天然理心流の大扇額を奉納している。

Image111客分として真田範之介と帯同した北辰一刀流の弟子の名前が載っている。
範之介が江戸に出て 北辰一刀流に移ってからも、剣術を始めた天然理心流との交遊関係があり、深い絆で結ばれていた。

◇範之介の最期
千葉の門下生に多くの志士たちが集まり、範之介はその影響から攘夷に心動かし、西洋人のために日本が植民地化されることを恐れ、尊皇攘夷運動に走った。
元治元年(1864)3月上州筑波山に水戸藩攘夷天狗党が挙兵した。範之介は天狗党に参加
が、叶えられず、一派を連れ、横浜の夷人を襲う為、利根から鹿島に行こうとする時、幕吏と戦ったが、敗れ解散して流れた。
元治元年(1864)10月16日江戸に潜入中、深川船手屋で市中警護の幕吏新徴組6名に包囲され範之介と他は戦ったが、両名とも斬殺された。

真田藩之助の最後は幕士に滅多斬りされ21箇所余り傷を負い亡くなる。普通なら一太刀か二太刀で仕留められるところであるが、かすり傷でかわし、如何に剣が強かったためと言われている。

◇回向院へ

02180081

範之介は31歳、二人の屍体は千住小塚原の*回向院下屋敷に棄葬された。当然、この訃報は左入の小峰の実家にも伝えられたが、墓はない。
小塚原回向院は、国事犯の刑死者の死体をここに埋めることになり安政の大獄(1850)以降桜田門外事件、坂下門事件の橋本左内、吉田松陰、頼三樹三郎その他、憂国の志士の屍は大抵此処に埋葬されたのである。
幕府に刃を向けた範之介も、同罪で、攘夷で杯を交わした仲間と境内で身を寄せ合い当院で静かに眠っている。

*「早春のお江戸ぶらり旅」
以下、回向院を含め江戸旅を計画し参加を募っています。
3月24日(土)9時~15時頃 
南千住・三ノ輪界隈を訪ね、幕末・明治の史跡を巡ります。
合流・10時30分 常磐線 南千住駅西口改札口)
行程:南千住駅 → 小塚原回向院(吉田松陰らの墓、観臓記念碑)→ 延命寺(4mの首切り地蔵)→ 素盞雄神社(芭蕉が奥の細道旅立に詠んだ句碑) →  円通寺(彰義隊戦死者埋葬黒門) → 浄閑寺(吉原の遊女の投込み寺 )

参加費:300円(資料代。交通費・昼食代は各自負担)
申込:佐彦会・吉澤光景(TEL/FAX:042-843-1210)

|

« 小野路村名主「小島家と新選組」 | トップページ | 千駄ヶ谷徳川邸、篤姫の遺影の前で »

18、天然理心流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/72989819

この記事へのトラックバック一覧です: 武州多摩郡出身の攘夷志士「真田範之介」その2:

« 小野路村名主「小島家と新選組」 | トップページ | 千駄ヶ谷徳川邸、篤姫の遺影の前で »