« 「上野彰義隊」かく戦えり | トップページ | 21回新選組まつり、日野宿本陣にて »

戊辰役東軍兵士眠る「円通寺」

◇円通寺

Syougi607お江戸日本橋と日光を結ばれる日光街道(国道4号線)は大事な物流ルートとして激しく車両が行き交い騒音の渦の中にある。
その日光街道沿いの南千住に高さ12メートルの銀色に輝く観音像が立っている姿がいやでも目につく場所が円通寺である。日光には、東照大権現と崇められた徳川家康の墓があり、歴代将軍や諸大名の社参の道として、役割を担っていた。
江戸無血開城上野戦争で敗れた旧幕軍兵士や、新たな制圧を目指し新政府軍がそれぞれこの街道筋をも利用し北上した。

宇都宮、今市、白河、更に会津へ転戦し、戦場は北方面へ向かった。

<黒門>

Syougi503

戊辰役での東軍側の墓石、墓碑がここ円通寺に集約される。彰義隊の遺体を埋葬し、供養したご縁で、上野戦争の主戦場となった黒門が、明治40年に上野の山内より戊辰戦争の記念物として現在の南千住の円通寺に移築された。
蜂の巣のように無数に貫通した、生生しい弾痕跡。

上野戦闘配置図より、黒門が要となる戦闘拠点で激しい戦いがあったことが、この黒門が語り伝えている。
こんな分厚い材木も、えり抜かれるように貫通している、銃火器も、高性能化したものが使われる近代戦になっている。
この黒門前では銃弾の嵐に、ひとたまりもなく、貫かれ、生きて帰ることは殆ど不可能で、近代戦の恐ろしさを見るようであった。
黒門の間近に立ち、ドリルで空けられたように貫通した穴が、無数に広がり、標的とされた跡が不気味に迫ってくる。此処で果して何人、射抜かれたのであろうか・・・。

◇彰義隊戦士の墓

Syougi601
上野の山に官軍の死体は片づけられているのに、彰義隊の死体ははごろごろ放りぱなしに捨ておかれた。

これを直視した神田の三河屋の骨董屋を営む幸三郎はたまりかね、三ノ輪の円通寺「大禪佛磨大和尚」と相談し、官軍側に荼毘の許可を得た。
幸三郎は若い集を動員し266の死体を集め、山王台の塵溜(ちりだめ)に入れ、荼毘にし、一 部は埋めた。焼いた骨は円通寺で持ち帰り、墓石をたてて手厚く葬った。
三河屋の幸三郎の自費で一切をやったという。下町江戸っ子の美談として讃えられている
戊辰役以降、新政府は賊軍の幕府軍には戦死者に対しても非情な扱いに、制約を加えられ、死体が放置され、明治2年になって死体の埋葬が許された 。
但し、墓標の文字まで制約が加えられ、墓標の文字が限定され、「戦士墓」の刻み込まれた三文字が、苦衷の証として此処の墓石に残されている。

◇死節之墓

Syougi703円通寺の彰義隊の戦士の他に「死節之墓」がある。
彰義隊の供養に尽力した三河屋幸三郎はが向島の別荘に旧幕府軍の墓を秘そかに立て戦死者を供養した。
鳥羽、伏見から、会津、函館の戊辰戦争軌跡を辿りながら戊辰の始まりから終わりまでの関わりのある、旧幕府側の戦死者が明記されてある。
時の新政府から賊軍扱いとされ、おおぴらに供養出来なかったが彰義隊の供養許可を得た後に墓石を移築し、彰義隊と一緒に供養出来る様になった。
墓石には97名にも及ぶ、名前が書かれているが新選組の近藤勇、土方歳 三などがある。
この中に余り、取り上げる機会の少なく、幕府軍として最後まで戦った神木隊(しんぼくたい)の名前がある。
不忍池の弁天の中島で 弾丸を全身に受けながらも敵軍に立ち向かい山内の清水堂割腹
したり、凄惨極めた戦いで 上野の山では17名戦死したと言われている。

◇樹木の成育に墓碑も呑み込まれる
東軍、関係者の記念碑には境目なく樹木が植えられ、時の経過で大きく成長した樹木が
碑も呑み込んでいる。その異様な姿に敗者の姿を見るようであった。

墓碑建立時はこんな樹木の成長によもやこんな姿になることを誰も予想しなかったのであろう。

<トウカエデの勢いに吸い込まれる「相馬翁輔」>

Syougi705下総国結城(現茨城)藩の藩主、水野家は徳川家の武功から譜代であった。
慶応3年(1867)大政奉還で徳川政権は終焉したが、結城藩が佐幕か新政権か藩内で二分され大きく揺れた。15代藩主水野勝知は江戸で就封中に国 許では新政権に恭順した。
佐幕派の藩主水野勝知や彰義隊を加えて自らの居城を攻め、勝利を収める。
以後、合戦は新政府軍と旧幕府軍との戦いになり、新政府軍の勝利から勝寛を新藩主として擁立する。
一橋家家臣であった「相馬翁輔」は水野勝知側の片腕として彰義隊遊撃隊として、慶応4年(1868)3月から隊の指揮をとるが戦死する。
東軍記念墓碑として、建立したが 時代の経過にカエデの逞しい成長の前に「相馬翁輔」が埋まり、吸い込まれて いる。墓碑の下部の文字が完全に樹木の下に隠れている。

守り抜いた徳川の世界が周囲から押さえ込まれ、身動き取れなくなっている、時代を見るようである。

<抱えられる「荒井郁之助」の追弔碑>

Syougi706
「荒井郁之助」は長崎の軍艦操練所頭取、海軍奉行となり、幕府艦隊を指揮した。
戊辰戦争では、榎本艦隊の司令官である軍艦頭として品川沖から宮古湾や函館五稜郭で新政府軍に抵抗、幕府 海軍の表看板でもあった。箱館湾海戦では軍艦回天丸で砲弾を蒙り、動けなくなるまで戦ったが幕軍敗れる。
戊辰戦争後は 他の幹部同様囚われ、2年半の獄中生活を送った。
荒井は戦った相手の新政府軍の黒田清隆から才気をに見いだされ新政府で重用された一人であった。
この追弔碑も、側面から頭部に掛けて背後から抱えられる用に押さえ込まれている。大勢の新政府軍に取り込まれ、抵抗虚しく箱館で身動きできなくなった軍艦回天丸の最後を見るようであった。

クリックすると
「上野彰義隊」かく戦えり

に戻ります

詳しくは此方hpにも載せています。下記をクリックすれば展開されます是非ご覧ください
彰義隊と靖国神社

|

« 「上野彰義隊」かく戦えり | トップページ | 21回新選組まつり、日野宿本陣にて »

06、戊辰戦役(蝦夷除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211410/73318010

この記事へのトラックバック一覧です: 戊辰役東軍兵士眠る「円通寺」:

« 「上野彰義隊」かく戦えり | トップページ | 21回新選組まつり、日野宿本陣にて »